スポンサーリンク

枝豆のコガネムシ対策|コンパニオンプランツで害虫を防ぐ方法です

koganemushi-8

枝豆のコガネムシ対策についてご紹介いたします。

この対策は農学博士の木嶋利男先生が紹介されている方法で、コンパニオンプランツで害虫を防ぎます。

薬剤を使わずコガネムシを寄せ付けない効果が期待できますので、参考になさってください。

スポンサーリンク

コンパニオンプランツで枝豆のコガネムシ対策

農学博士の木嶋利男先生は、野菜の性質を利用してコガネムシなどの害虫から野菜を守る方法を紹介されています。

その対策は、枝豆の近くにコガネムシの好きな植物を植えて「おとり」になってもらい、害虫から枝豆を守る方法です。

おとりになる植物「ヒマワリ」

コガネムシは、枝豆よりヒマワリを好物とする害虫です。

そこで、枝豆を栽培しているウネの周囲にヒマワリを植えますと、コガネムシはヒマワリのほうへ集まり、枝豆は害虫の食害から免れます。

「サルビア」も効果的

sage,salvia

ヒマワリは品種によって草丈が高くなるものもありますので 畑に植えるのが難しいこともあるかと思います。

その場合は お花のサルビアも同様の効果がありますので、おためしになってみてください。

サルビアは夏の暑さに強く、枝豆のほかにアブラナ科野菜(キャベツ、ブロッコリーなど)に近寄るモンシロチョウやコナガを寄せ付けない効果がありますのでおすすめのコンパニオンプランツです。

木嶋先生は、サルビアをコンパニオンプランツとする場合、「サルビア・スプレンデス」という夏の暑さに強い品種をおすすめされています。

まとめ

koganemushi-7

農学博士の木嶋利男先生が紹介されている枝豆のコンパニオンプランツをご紹介いたしました。

ヒマワリ、サルビアは、みずから「おとり」となって コガネムシによる枝豆の食害を守ってくれる頼もしいコンパニオンプランツです。

お花がある畑は景観も良くなり、害虫の天敵も集まってきますので、おためしになってみてくださいね。

[ヒマワリの種]

大粒 ひまわりの種 400g×2個

[関連記事]

撃退!アオムシ・コナガ対策に役立つお花「サルビア」のコンパニオンプランツ栽培法をご紹介いたします

[参考文献]

created by Rinker
¥810 (2021/07/28 04:19:07時点 Amazon調べ-詳細)
439113473X