スポンサーリンク

トマト以外にも使えます!バジルをコンパニオンプランツに使える野菜をご紹介します

basil

バジルとトマトを組み合わせて栽培する方法は、家庭菜園で広く知られていますが、バジルはトマト以外の野菜にも幅広く使うことができるコンパニオンプランツです。

今回ご案内します野菜は、農学博士の木嶋利男先生がご紹介されているものですので、ご参考になさってください。

毎年バジルの種が余ってしまうとお困りの方は、ご紹介します野菜と一緒に育ててみられてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

トマト以外にも使えます!バジルをコンパニオンプランツに使える野菜一覧

pimento,basil

バジルをコンパニオンプランツとして使える野菜です。

属性 作物
アブラナ科  ラディッシュなど
キク科  レタス・シュンギクなど
ナス科  ナス、トマト、ピーマン、シシトウなど

バジルが野菜にもたらす効果

バジルはその独特の香りとアレロパシー効果で、野菜に害虫を寄せ付けない効果を発揮します。

アレロパシー効果とは、他の植物や動物、微生物に対してアレロケミカルという物質を出して引き寄せない効果のことを言います(参考:Wikipedia)。

バジル×ラディッシュ

basil-2

ラディッシュは40日程度の短い期間でお手軽に栽培することが出来る野菜ですが、小さい葉のうちから害虫に食べられてしまうと思われたことはないでしょうか。

ラディッシュをはじめとするアブラナ科の野菜は、アブラムシやアオムシ、ヨトウムシなどの食害に遭いやすいのです。

そこでラディッシュの種まきと同じタイミングでシソ科のバジルの苗を植えますと、その独特の香りで生育初期から 害虫の食害に遭わなくなります。

バジル×ナス

eggplant,basil-2

バジルとナスの混植で、害虫被害が少なくなったと実感されている農家さんがいらっしゃいます。

千葉県佐倉市で有機栽培を行われている林重孝さんは、ナスとバジルの混植で、テントウムシダマシの被害を防除することに成功しているそうです。

テントウムシダマシはバジルの香りを嫌がるため ナスに寄り付くことがなくなり、被害を抑えることが出来ているのだそうです。

[参考記事]NHK趣味の園芸 やさいの時間 2013年10月号「バジルとナスで実感! コンパニオンプランツの実力

バジルをコンパニオンプランツにする際の栽培ポイント

種まきから始める場合

basil

バジルを種まきして育てる場合は、野菜の植え付け 1か月前にポリポットなどに種まきをして苗を育てておきます。

バジルと野菜の間隔について

basil-0

バジルは1株で害虫忌避の効果が発揮されます。株の間隔を30~50cmにして野菜のそばに植え付けます。

バジルの株を大きくする方法

バジルの葉が8~10枚(4~5節)で上の2節を切りますと、わき芽が伸びますので、長くなるごとに先端を切って茎の数を増やしてゆきましょう。

ツボミをまめに摘みますと、やわらかい葉を長く収穫することが出来ます。

野菜の収穫が終わった後のバジルについて

野菜の収穫が終わったバジルは、別の場所に移植しても良いですし、わき芽を土に挿しておきますと、株を増やすことが出来ます。

まとめ

eggplant,basil

バジルはトマト以外の野菜に幅広く使うことができるコンパニオンプランツです。

アブラナ科、キク科、ナス科野菜を育てる時に、バジルの苗を混植しますと、その独特の香りで害虫を寄せ付けない効果を発揮しますので、おためしになってみられてはいかがでしょうか。

[参考文献]

[関連記事]

害虫を寄せ付けない!ピーマンとバジルのコンパニオンプランツ栽培のポイント

トマトのコンパニオンプランツは?マルチ代わり・害虫忌避・生育促進効果の野菜をご紹介します

害虫と連作障害を防ぐ!ラディッシュのコンパニオンプランツ「バジル」の栽培法

コメント