スポンサーリンク

ほうれん草の種まき|芽が出ないお悩みを解決!発芽率が確実に上がる方法です

spinach,horenso (12)★

農学博士の木嶋利男先生が紹介されている、「発芽率が上がる ほうれん草の種まきのコツ」についてご案内いたします。

わが家は木嶋先生の方法で行うようになってから、発芽率が確実に上がりました。

ほうれん草の種まきで芽が出ないとお悩みの方の解決の糸口になる方法かと思いますので、参考になさってください。

スポンサーリンク

ほうれん草の種まきのコツ|発芽率が確実に上がる方法

土と種を密着させます

農学博士の木嶋利男先生は、ほうれん草の生育は発芽の良し悪しで決まり、発芽率を上げるコツは、土と種を密着させることです。と、述べられています。

土の状態が肝心です

toiletpaper's pot-4

ほうれん草をはじめとする野菜の種は、お団子が作れる程度の湿り気を帯びている土にまきますと、種と土が密着し、芽が出やすくなります。

土を手で握ると固まり、押すと崩れるような適度な水分がある土が理想的です。

畑のたねまき

DAISO-SEEDS-20200529-9

※ 画像はイメージです

畑にほうれん草の種をまく場合、雨が降った2~3日後を目安にします。

雨の降り具合にもよりますが、2~3日後あたりが 土がよいあんばいに湿っているかと思います。

雨が降らず乾燥が激しい場合は、十分に潅水し、1~2日ほど置いて、適度な水分状態にしてから種をまきます。

プランター栽培

プランターでほうれん草を栽培する場合は、種をまく前に水やりを十分に行います。

種まきした直後は水やりをせず、その後は土が乾燥しないように新聞紙や不織布等を覆っておきます。

発芽率を上げるコツ

20210507_daiso,radish-7

発芽率を上げるコツは、「種と土をしっかり密着させること」と、述べましたが、種をまいた後、手でしっかり押し付けて鎮圧することも大切です。

畑が乾燥気味の場合は、足で踏んで強く鎮圧しても構いません。

carrots-6,tanemaki,sowing seeds

ほうれん草が美味しい時期

potato,spinach,horenso

ほうれん草は、8~18℃の涼しい気候を好み、通年 栽培することができます。

耐寒性・耐暑性がありますので 夏に育てることも出来ますが、硝酸やシュウ酸濃度が高くなり、質のよいものが採れない場合があります。

ほうれん草が美味しい時期は「冬」で、秋に種をまきますと、糖度と栄養価が高くなります。

まとめ

spinach,horenso (8)

農学博士の木嶋利男先生が紹介されている、「発芽率が上がる ほうれん草の種まきのコツ」についてご案内いたしました。

なかなか芽が出ないとお困りの場合は、解決の糸口になるかもしれませんので、おためしになってみてくださいね。

[関連記事]

ほうれん草の栽培ポイント|コンパニオンプランツで害虫と病気を予防して生育促進!

[参考文献]

created by Rinker
¥1,650 (2021/10/22 14:24:30時点 Amazon調べ-詳細)
4259565028
スポンサーリンク
キッチンガーデンのこと野菜づくり
この記事を書いた人
カジトラ

関東在住の専業主婦です。
夫と二人暮らし。

家族の介護、某シンクタンクで馬車馬のように働き詰めだった日々に一区切りして、現在はコンパニオンプランツ栽培で野菜を育てています。

文明の利器を取り入れつつ、古き良きモノ・慣習を大事にしながら丁寧に暮らしてゆくことを目指しています。

スポンサーリンク
カジトラ