スポンサーリンク

イチゴの可愛い切り方|2つの切り込みで可愛くなります

strawberry (16)

そのままでも可愛らしいイチゴを、さらに可愛く切ってみませんか?

切り込みを2つ入れるだけで、より可愛いイチゴに変身する方法をご紹介いたします。

おもてなしの演出にお役に立つと思いますので、おためしになってみてください。

スポンサーリンク

イチゴの可愛い切り方

イチゴの上部をヘタごと水平に切ります。

strawberry (8)

strawberry (9)

斜めに切れ込み

ナイフで右と左から、斜めに切れ込みを入れます。

strawberry (10)

作業はこれで終わりです。

ナナメに切れ込みを入れると、ハート型になります。

イチゴを可愛く切るコツ

strawberry (14)

🍓 イチゴを手に持って、ナイフで小刻みに、切り込みを入れてゆくと綺麗にカットできます。

🍓 真横からイチゴを見て、ハート型になっているか確認してみてくださいね。

🍓 切れにくいナイフを使うとイチゴがつぶれやすくなりますので、よく切れるナイフを使いましょう。

イチゴを可愛く切る応用編

strawberry (15)

ハート型になったイチゴをスライスすると、いろいろなデコレーションに使うことができます。

バニラアイスやヨーグルトにのせますと、丸いイチゴより食べやすくなりますね。

ミニ情報:イチゴの収穫時期

sharebatake-strawberry2

露地栽培のイチゴは、5月頃から収穫が始まります。

イチゴは本来、極寒の畑で一冬越して、春になるのを待っています。

現在は、ビニールハウスの栽培が主流になっていますで、本来の季節より半年以上も早く、お店に並ぶようになっています。

露地栽培とは:温室や温床などの特別の設備を使わず露天の耕地で作物を栽培する農法
コトバンクより引用

まとめ:イチゴの可愛い切り方

2つの切れ込みで、イチゴが可愛くなる方法をご紹介いたしました。

小さなイチゴをまじめに一個一個カットして、可愛いハート型にする。

これこそおもてなしの極意ではないでしょうか。簡単に可愛く変身させることができますので、おためしになってみてください。

コメント