スポンサーリンク

簡単!ハッサクのむき方|果実をポロリとはがせます

hassaku

八朔(ハッサク)の季節が、やってきました。

少しほろ苦くて甘酸っぱいハッサクは、2月から3月までが旬の柑橘です。スナックのようにポリポリした食感が美味しいですね。

ハッサクは、外の皮も実を包んでいる袋も分厚いので、手でむくと面倒ですが、包丁で簡単にむくことが出来る方法をご紹介いたします。

見た目も綺麗に切ることができますので、おためしになってみてください。

スポンサーリンク

ハッサクの簡単な むき方

ハッサクの上と下をスッパリ切ります

hassaku (4)

包丁で、ハッサクの上と下の部分を切ります。

皮をクルクルむきます

hassaku (1)

ハッサクの周りの皮を、リンゴの皮をむくようにクルクルむきます。

果実がすべて見えるように、袋ごと(白い内皮も)むきましょう。ノコギリを使うイメージで、包丁の刃を小刻みにギゴギゴと切ると、むきやすいです。

hassaku (5)

むき上がりです。みずみずしいですね。白い皮が付いていないほうが、よりむきやすくなります。

実と実のすき間に包丁を入れます

薄皮にそって(実と実の間に)包丁を入れて、四等分にします。

hassaku (3)

中心のかたい芯を切り取ります

hassaku (7)

hassaku (8)

中心の芯(果芯部)を切り取ると、果実が取りやすくなります。

実をはがします

ここまできたら、あとは簡単です。

白い皮からハッサクがポロリとはがせますので、面白いですよ。

ハッサクを簡単にむく2つのポイント

果実が露出しているほうがむきやすくなります

hassaku (1)

白い皮が付いていないと、よりむきやすくなりますので、リンゴの皮のようにむくのがオススメです。

ハッサクの中心部分(果芯部)を切り落とすと、簡単に果実を取り出すことができます。

八朔(ハッサク)の名前の由来

hassaku2

ところで「ハッサク」という名前、面白いと思いませんか?

ハッサクは旧暦の8月朔日(一日)のことを指していて、名前が付けられたのは1886年(明治19年)、八朔(8月1日)のころから食べられたのが名前の由来と伝えられています。

旧暦の名前を付けた明治時代の人は風流ですね。

ちなみに詩人の萩原朔太郎の誕生日は、1886年11月1日生まれでした。

良く切れる包丁を使うのもポイントです

切れ味のよい包丁でハッサクを切りますと、果実の繊維を傷つけず、果汁があふれることが少なくなります。

わが家はヘンケルのステンレスの包丁を10年使っていますが、ステンレスの包丁でも研いで使うと、常に切れ味が抜群になり、何年も使うことができます。

ステンレスの包丁の研ぎ方については、別の記事でご紹介しておりますので、本記事の最後にリンクを貼っておきます。

まとめ

hassaku (10)

ハッサクを、簡単で綺麗に切る方法をご紹介いたしました。

このむき方はハッサクだけでなく、ほかの柑橘にも応用できますので、おためしになってみてください。

[参考記事]

はっさくゼリーの作り方レシピ|器に皮を使って可愛く美味しく。

柑橘ピールの作り方レシピ|柑橘類なら何でも使えます!

ステンレス包丁を砥石で砥ぐ方法|初めてでも簡単です。


コメント