スポンサーリンク

すらすら書きやすい!三菱鉛筆油性ボールペン「ピュアモルト」レビュー

「ものすごく書きやすい」三菱鉛筆の油性ボールペン「ピュアモルト」をご紹介いたします。

わが家のピュアモルトは、2代目。

夫から、ゆずり受けて(奪い取ったとも言います)愛用しています。

このピュアモルト。インクの「出」が程よいので、紙がにじみません。

そして何といっても、書き味が最高なのです。

筆記用具は、万年筆や鉛筆など、その日の気分でいろいろ使いわけていますが、中でも、この「ピュアモルト」を使うひん度が、いちばん高いかもしれません。

理由はシンプルです。「すらすら書きやすいから」です。

今日は、書きやすいボールペン、三菱鉛筆の「ピュアモルト」について、ご紹介いたします。

スポンサーリンク

兎にも角にも「ピュアモルト」は書きごこちが素晴らしい

mitsubishi_PURE MALT ballpointpen kajitora

わたしが使っているピュアモルトナチュラルです。

なにが、そんなに良いかと申し上げますと。

それはもう、バツグンの書き味なのです!!!

ボールペンや万年筆などは、「紙の質」で書き具合がよくなったり、悪くなったり、左右されますね。

薄い紙に書くと、インクがにじんだり、厚めの紙に書くと、手に力を入れないとなりません。

でも、この「ピュアモルト」は、力を入れて書かなくても、どんな材質の紙でも、サラサラと書けるのです。

つまり、ストレスなく書くことが出来るボールペンなのです

手帳、ポストイット(ふせん)、ツルツルした紙、カレンダーなど、どこに書いても、このピュアモルトは、気持ちよく書くことができます

とても軽い「ピュアモルト」

mitsubishi_PURE MALT13g3

私が使っている「ピュアモルトナチュラル」の大きさは、長さ14.5cm、口径およそ1cmの、ちょっと太めのボールペンです。

ボールペンの重さについて、今まであまり気にしたことはなかったのですが、ピュアモルトを持った感想は、「軽い」です。

重さは、なんと13g。

軽いので、けっこう長い文章を書いても手が疲れません。

軽いボールペンは、手への負担も少なく、とても使いやすいです。

ボールペンに木!クールなデザイン「ピュアモルト」

grab mitsubishi pure malt ballpointpen (★) (2)

わたしが持っている「ピュアモルトナチュラル」のデザインは、アルミと木で作られています。

使いはじめたころより、深みのある木の色に変わってきました。

いいですねえ。

三菱鉛筆のホームページで、ラインナップをみてみると、オールウッドのデザインがあることがでわかりました。

ボールペンに「木」を使っているなんて、洒落ていると思いませんか?

ピュアモルト | ピュアモルト | PURE MALT | 油性ボールペン | ボールペン | 商品情報 | 三菱鉛筆株式会社

三菱鉛筆のホームページより

替え芯があるので、ずっと使える「ピュアモルト」

mitsubishi_PURE MALT_1

わたしは、替え芯があるボールペン推奨派です。

ピュアモルトの替え芯は80円~100円と、お手頃価格で購入できます。

替え芯があるボールペンは、作り手の思いも深いと思っています。

書き手である私も、大切に使おうと思います。

こんなにかっこいいデザインのボールペンを、一回使って捨ててしまうのは、もったいないですよね。

「ピュアモルト」は持ちやすい

grab mitsubishi pure malt ballpointpenボールペンの中では、太い部類に入ると思います。本体の直径は、約1cm。

極太でもなく、極細でもないので、たいへん持ちやすいです。

指にあたる部分が、絶妙にカーブしているのも、研究に研究をかさねた結果なのかなと思います。

diameter of mitsubishi pure malt ballpointpen

「ピュアモルト」はラインナップが豊富

「ピュアモルト」は、ラインナップが豊富です。

私がいま使っている「ピュアモルトナチュラル」のインクは、黒色のみですが、シリーズの中には、3色や4色バージョンもあります。

・ボール径が、0.5mm、0.7mm、1mm

・2色、3色、4色

など、いろいろありますので、用途に合わせて選ぶことが出来ます。

ピュアモルト | PURE MALT | 油性ボールペン | ボールペン | 商品情報 | 三菱鉛筆株式会社

贈り物に最適「ピュアモルト」は信頼の三菱鉛筆ブランド

「ピュアモルト」は、とても書きやすいボールペンですので、贈り物にもオススメです。

価格は700円から、高いもので5,000円ほどです。

私が使っている「ピュアモルトナチュラル」は、1,000円もしなかったそうです。

私の夫は、何本か購入して外国人のお客様にお土産にしたところ、とても喜んでもらえたそうです。

世界の三菱鉛筆ブランドは、最強ですね。

「ピュアモルト」のデメリット!?

手帳に取り付けづらい!?

ふだん、手帳とセットにしていますが、わたしの手帳のペンを入れる「輪っか」には、「ピュアモルト」は太いので入りません。

grab mitsubishi pure malt ballpointpen (★) (1)

 

 

また、「少し太め」なので、携帯するにはちょっと「ごつくて大きい」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

家や、会社用に置いて使うならば問題ありませんが、持ち歩くにはちょっと「かさばる」大きさかも。

ちなみに私は普段、このように手帳にくくり付けています。

mitsubishi_PURE MALT ballpoint pen and notebook

インクがいつ終わりが分からない

これは、自分の面倒くさがり屋な性格ゆえの理由なのですが・・・。

分解すれば、インクの残量がわかりますが、使っている時は、「あとどれくらいで終わるか見えません

したがって、長い時間文字を書いているとき、インクが終わっちゃったらどうしようと、ちょっとドキドキします。

替え芯は100円くらいなので、本体を購入するときに、いっしょに買っておくと安心ですね。

まとめ:三菱鉛筆の「ピュアモルト」

贈り物としても喜んでもらえる「ピュアモルト」。

でもまずはご自身で、「書きごこちの良さ」を是非とも味わっていただきたいと思います。

インクの「出」が絶妙で、とても書きやすく、「木」を使ったかっこいいデザイン。

「三菱鉛筆」という信頼。

今は、パソコンやスマートフォンを使うことが多くなって、文字を書くことが、世の中全体的に減りつつあるようですが、やっぱり文字を書くっていいですね。

新しい生活に1本、いかがでしょうか。どうぞ、おためしください。

【紹介商品】

created by Rinker
三菱鉛筆
¥550 (2020/10/27 07:16:53時点 Amazon調べ-詳細)
B0098UOQGM
created by Rinker
広島屋
¥650 (2020/10/27 18:43:55時点 Amazon調べ-詳細)
B01DNJ5W3Y

コメント