PR
スポンサーリンク

ナスの育て方|種まき・土づくり・植え付け・追肥・更新剪定の栽培ポイント

nasu,eggplant (★)

農学博士の木嶋利男先生が紹介されている、ナスの育て方「種まき・土づくり・植え付け・追肥・更新剪定」のポイントについてご案内いたします。

ナスの原産地は、高温多湿の樹林帯です。

木嶋先生によりますと、家庭菜園においても 原産地のような環境で育てますと、美味しく育ちますので、参考になさってください。

スポンサーリンク

ナスの育て方|種まき・土づくり・植え付け・追肥・更新剪定の栽培ポイント

ナスの原産地

zyurin,jurin,Asia-1kj

※ 画像はイメージです

ナスの原産地は、東南アジア(現在のインド東部あたり)の樹林帯で、川や沢沿いの開けた明るい場所に原種が自生しています。

原種のナスは、落ち葉が積もって土砂が崩れたような場所にタネを落とし、水脈を探って根を深くまで下ろしています。

日本への伝来

ナスは、東南アジア、アジア大陸を経て日本に渡り、奈良時代にはすでに栽培されていたと言われており、各地に広まったのは江戸時代です。

ナスは栽培のしやすさ、地域の食文化に溶け込んで、多くの伝統品種が誕生しました。

原産地の様子からも分かりますように、養水分がある河川沿いで、美味しいナスがなります。

ナスの品種

nasu,eggplant-kj(35)

温暖で栽培期間が長い西南暖地では「長実」「大実」タイプの品種、北方では「丸実」「小実」タイプの品種が多い傾向があります。

ナスの種まき

温室で育てる方法をご紹介いたします。

nasu-1kj

一般地で 3月頃、育苗箱に種を筋まきし、23~28℃前後の温室で育苗します。

nasu-2kj

egg-plant,nasu,nae-1

本葉が1枚のときに、ポリポット等に移植して、本葉6~8枚の苗に仕上げます。

土づくり

砂質の畑 壌土の畑 粘土質の畑
畝の高さ 20cm以上 30cm
元肥 壌土の2割増 完熟堆肥、油粕など 壌土の2割減
追肥 葉の色が淡くなってきたら油かす・米ぬか等を株元に施す

原産地の様子から、ナスは水と養分を好みますので、根を畝全体に張り巡らせられるような畝をつくります。

苗を植え付ける20日以上前に、畑を60cm掘り下げ、完熟堆肥や油かすなどをよく混ぜて耕します。

そして、高さ30cm以上の高さの畝をつくり、微生物相を安定させておきます。

高畝で肥料分を均一にすると、土の深くまで水を求めて吸水根が伸びて草勢が強くなります。

植え付け

20220526_nasu,endo,rensaku-3,bukubuku (kj)

※ 空気がブクブクと抜けるまで水に浸します。

ナスをはじめとする夏野菜の苗は、晴天の午前中に植えつけるとよく育つと言われています。

苗を植え付ける早朝、水を入れたバケツにポットごと浸けて、たっぷり吸水させます。

吸水させたポットを日陰に3~4時間ほど置いて、植え付けます。

20210515_eggplant,nasu
苗を定植したあと、一番花が咲きます。最初の花を残しておきますと、養分が実に取られて株の生長が遅れますので摘み取ります。

2本仕立て(3本仕立て)で育てます。

nasu,eggplant-9 (★)

V字形に支柱を立てて育てます。

追肥

20220822_nasu-2kj

ナスは次々と実を付けますので、養分を欲します。

葉が淡い色になりましたら、畝の土壌全体にボカシ肥や米ぬか等を施します。

ナスの切り戻し

nasu,koshinsentei,eggplants-20200911

ナスは、収穫盛期を過ぎますと、脇芽が伸びてこなくなります(実が付かなくなってきます)。

そこで、最盛期のころ(一般地でお盆前)に、葉を数枚残してすべての枝を切断し、枝を切った分だけ根もシャベルなどで切断します。

そして、ボカシ肥や米ぬか等をほどこします。

すると、やがて株が若返り、再び新芽が伸びて花が咲き、実がなります。

これをナスの切り戻し、ナスの更新剪定と呼んでいます。

切り戻しが成功した場合、霜が降る頃まで美味しい秋ナスを楽しむことができます。

20221122_nasu,endo-2kj

2022年は 更新剪定が成功して、11月末まで収穫することが出来ました。

まとめ

nasu,eggplant-kj(35)

農学博士の木嶋利男先生が紹介されている、ナスの育て方「種まき・土づくり・植え付け・追肥・更新剪定」の栽培ポイントについてご案内いたしました。

原産地のような環境で育てたナスは瑞々しく美味しくなると言われていますので、参考になさってください。

[参考文献]

木嶋利男著「野菜の性格 アイデア栽培」

木嶋利男著「農薬・化学肥料に頼らない おいしい野菜づくりの裏ワザ」家の光協会

スポンサーリンク
キッチンガーデンのこと野菜づくり
この記事を書いた人
カジトラ

関東在住の専業主婦です。
夫と二人暮らし。
2023年の春、海に近い地域に移住しました。

家族の介護、某シンクタンクで馬車馬のように働き詰めだった日々に区切りをつけ、現在は農学博士 木嶋利男氏が提案するコンパニオンプランツ栽培で野菜を育てています。

文明の利器を取り入れつつも、古き良きモノ・慣習を大事にしながら暮らしてゆくことを目指しています。

シェアする
スポンサーリンク
カジトラ