スポンサーリンク

昔農家さんに学ぶ「ジャガイモの収穫時期」春と秋で異なる収穫のタイミング

potato-19 (★)

農学博士の木嶋利男先生が紹介されている、「ジャガイモの収穫時期」についてご案内いたします。

木嶋先生によりますと、昔の農家さんは、今日のように特別な冷蔵技術を持たなかった代わりに、保存性を高めてイモを収穫するタイミングや方法を熟知していました。

今回は、昔農家さんが行ってきた、春ジャガイモ・秋ジャガイモのそれぞれの収穫のタイミングについてご紹介いたしますので、参考になさってください。

スポンサーリンク

昔農家さんに学ぶ「ジャガイモの収穫時期」

春と秋で異なる収穫のタイミング

農学博士の木嶋利男先生は、「ジャガイモは春植えと秋植えでは 収穫のタイミングが大きく異なります。」と、述べられています。

春植えのジャガイモ

春ジャガイモは、一般的に 地上部(ジャガイモの葉)が黄色くなってきたら収穫するといわれていますが、実は これは短期間で食べて消化する場合です。

秋から冬までイモを腐らせず、長く利用したい場合は、地上部が完全に枯れるまで置いて収穫したほうが保存性が高まるのだそうです。

パターン1 パターン2
地上部が黄化したら収穫 地上部が完全に枯れてから収穫
早くから食べられますが、保存性はあまりよくありません。 養分がイモに集中しますので、甘くなります。また、保存性も高くなります。

秋植えのジャガイモ

potato,Andes (2) (★)

秋ジャガイモは、地上部が霜にあたりますと、イモが大きくなる途中でも生長が止まってしまいます。

そこで、寒さで傷む前に 地上部が枯れ始めたら、すぐに掘り上げます。

秋ジャガイモの収穫ポイント
寒風、霜にあたる前に収穫します。地上部が枯れたら、地温がまだ高いうちに掘り上げるのがポイントです。さらに強い寒さでイモが傷むことがあるため、早めに掘り上げましょう。

収穫したジャガイモを種イモにする方法

春植えの種イモについて

20210223_potato-5

収穫したジャガイモを、種イモとして利用することが出来ます。

木嶋先生は、翌春植えの種イモにする場合は、秋植えのイモをおすすめされています。

秋植えのイモは、小さく切って植えることも可能です。

秋植えの種イモについて

ジャガイモを秋に植える場合、まだ地温が高くイモが腐りやすいので、切らずに丸のまま植え付けるのがおすすめです。

地域と気候にもよりますが、秋ジャガの種イモは、小ぶりのアンデスレッドやデジマが育てやすいです。

まとめ

potato-14 (★)

農学博士の木嶋利男先生が紹介されている、「ジャガイモの収穫時期」についてご案内いたしました。

昔の農家さんは、季節によって タイミングを見極め、ジャガイモを収穫していました。

私たちも行うことが出来る方法ですので、参考になさってください。

[参考文献]木嶋利男著「昔農家に教わる 野菜づくりの知恵とワザ

created by Rinker
家の光協会
¥2,475 (2022/05/25 00:49:08時点 Amazon調べ-詳細)
425956644X
スポンサーリンク
キッチンガーデンのこと野菜づくり
この記事を書いた人
カジトラ

関東在住の専業主婦です。
夫と二人暮らし。

家族の介護、某シンクタンクで馬車馬のように働き詰めだった日々に区切りをつけ、現在は農学博士 木嶋利男氏が提案するコンパニオンプランツ栽培で野菜を育てています。

文明の利器を取り入れつつも、古き良きモノ・慣習を大事にしながら丁寧に暮らしてゆくことを目指しています。

スポンサーリンク
カジトラ