スポンサーリンク

交互連作|ナスの後作にエンドウ、エンドウの後作にナスがおすすめの理由

eggplants,beans

ナス科の野菜、マメ科の野菜を毎年おなじ場所で栽培しますと、連作障害が多くなると言われていますが、ナスの後作にエンドウ、エンドウの後作にナス栽培を繰り返し続けますと、連作が可能になると言われています。

今回ご紹介します栽培は、農学博士の木嶋利男先生がご紹介されている方法で、相性の良い野菜を交互に育てることにより、連作を可能にします。

ナスの後作にエンドウがおすすめの理由もあわせてご紹介いたしますので、ご参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

ナスの後作野菜にエンドウがおすすめの理由

egg-plant

ナスを同じ場所で毎年育てますと土壌病害による連作障害が多くなります。

またマメ科のエンドウは、根っこから生長抑制物質を分泌しますので、連作しますと生育が悪くなります。

しかしながら農学博士の木嶋利男先生によりますと、ナスとエンドウを交互連作し続けることにより、土壌病原菌の密度が下がってくるのだそうです。

土壌病原菌の密度を下げるマメ科

onion-companions,bean

木嶋先生は、「マメ科植物にはナス科の土壌病原菌の密度を下げる働きがある」とおっしゃっています。

エンドウが出す生長抑制物質は、あとに雑草や緑肥作物を生やすと効果が抑えられることも知られており、ナスでも同様の効果が得られる可能性があるのだそうです。

科学的に解明されていないようですが、興味深い連作の方法ですね。

ナスとエンドウの交互連作をおこなっていた昔農家さん

ナスとエンドウの交互連作は、昔から農家さんが行われていた方法です。

茄子も豌豆(えんどう)も、兩種(りょうしゅ)ながら連作を忌む(いむ)修正があります。
私は茄子を栽培したあとに、十一月頃に豌豆を播き(まき)、翌年六月、豌豆を取りはらつたあとに、また茄子を植ゑるという方法をとつてゐます。

「家の光」昭和15年11月号「農家の實験」細川初枝さんの投稿

出典「昔農家に教わる 野菜づくりの知恵とワザ」木嶋利男著 

ナスとエンドウの交互連作の方法

ナスとエンドウの交互連作の方法は、一般的な栽培と同じです。

6月上・中旬「エンドウの収穫と土づくり」

endo,bean,pea

6月にエンドウを収穫した後、残渣(ざんさ=葉、茎、根)をその場に鋤き込み、たい肥を施して土づくりを行い、2週間後にナスを植え付けます。

エンドウは分解しやすく、付着した病原菌も一緒に鋤き込みますと、病原菌を分解する微生物が増えて、病気の発生を抑えることが出来ます。

6月下旬~11月

egg-plant3

秋ナスを中心に栽培します。

多様な微生物が増殖し、2年目から病原菌が増えにくくなります。

11月中旬

ナスの株元、株の間にエンドウをまきます。(株間30cmで1か所に2~3粒)

ナスの株は枯れてきますが、エンドウの寒風よけになり、春は支柱の代わりにもなります。

6月上・中旬「エンドウの収穫と土づくり」

6月にエンドウを収穫した後、残渣(ざんさ=葉、茎、根)をその場に鋤き込み、たい肥を施して土づくりを行い、2週間後にナスを植え付けます。

この交互連作を毎年続けてゆきます。

ナスとエンドウの交互連作の効果は?

6月にエンドウを収穫したウネに、ナスを植え付けてみようと思っております。

経過につきましては、順次レポートいたします。

まとめ

snap-bean2

ナス科の野菜、マメ科の野菜を連作するのは一般的に避けたほうが良いとされていますね。

木嶋利男先生の著書に、エンドウの後作はナス、ナスの後作はエンドウがおすすめと書かれていたのをみたときは、にわかに信じがたかったのですが、科学的に解明されていないことを自ら試してみようと思います。(野菜作りの醍醐味ですね)

この栽培は長い時間をかけてのご報告になるかと思いますが、ご興味のある方は、本ページへ、ときどきご訪問いただければ嬉しく思います。

[参考文献]

created by Rinker
家の光協会
¥1,760 (2020/07/05 21:32:49時点 Amazon調べ-詳細)
425956644X

[関連記事]

ソラマメ・エンドウの後作|秋まで収穫できる夏野菜とコンパニオンプランツをご紹介いたします

野菜の連作障害の対策は『連作です』ニンジン・タマネギ・ナス・エンドウの品質が上がる理由

コメント