スポンサーリンク

大根の後作に植えると良い野菜。リレー栽培で病気に負けず生育促進!

radishes-7

大根の後作に植えると良い野菜をご紹介いたします。

大根の後作野菜は、肥料分が少なくても良く育つものですので、土づくりもお手軽です。

大根を収穫したあと、畑を空けて遊ばせておくのは もったいないですよね。

そこで今回は、リレー栽培で、間を空けることなく栽培できる野菜をご紹介いたしますので、ご参考になさってください。

スポンサーリンク

大根の後作に良い野菜「キャベツ」

cabbage

病気の予防

大根と同じアブラナ科ですが、キャベツは後作に適しています。

キャベツに大きな被害を与える病気の1つに「根こぶ病」があります。根こぶ病は、アブラナ科の野菜のみに発生する病気です。

キャベツは栽培の期間が長く、病気に感染すると、途中で生育が悪くなり、結球(丸く)出来なくなってしまい、被害が大きくなります。

根こぶ病が厄介なのは、一度ふえると休眠胞子のかたちで長年土の中にとどまるため、5年程度の輪作では効果がないことです。

そこで、大根をキャベツの前に植え付けます。

大根もアブラナ科の野菜ですので、休眠していた根こぶ病菌は目を覚まし、引き寄せられて側根に侵入してきます。しかし、そこでは増殖することが出来ず(大根の中では胞子を残せないため)、死んでしまいます。

つまり、大根が「おとり」になって、根こぶ病を掃除してくれるわけなのです。

品種選び

大根もキャベツも、どの品種でもOKです。

農学博士の木嶋利男先生によりますと、根こぶ病の被害がひどい畑の場合は、抵抗性品種(CR品種)を使うと良いとのことです。

栽培のポイント

大根を収穫後の土づくり

大根を収穫後、キャベツの苗を植え付ける3週間前に、ウネを軽くならして肥料を入れて、ウネを立てておきます。

キャベツの植え付け

本葉4~5枚の苗を植え付けます。

株間は40~50cmが一般的ですが、30cmほどせばめて植えて、小ぶりのキャベツにしてもOKです。

追肥と土寄せ

キャベツを植え付けた後、3週間ほどたったら、追肥をして土寄せをします。

結球が始まったら、もう一度追肥をします。

ちなみにわが家は「鶏ふん」を追肥に使っていますが、「ぼかし肥」を一握り与えてもOKです。

収穫

春まき夏どりの大根は、品種ごとの適期に掘り上げます。

収穫が遅くなると、スが入ったり割れやすくなりますので気を付けて。

キャベツは結球したら、頭の部分を押してかたくなっていたら収穫します。

根こぶ病がひどい場合の対処法

根こぶ病の被害がひどい場合、ピンポイントで大根を収穫した後の穴に、キャベツの苗を植え付けると良いでしょう。

肥料が必要かなと思ったら、周囲に追肥します。

大根の後作に良い野菜「その他アブラナ科の野菜」

broccoli&cauliflower

大根の後作に良い野菜はキャベツだけでなく、「ほかのアブラナ科の野菜」を利用することも出来ます。

キャベツと同じように、根こぶ病の被害を抑える効果があります。

アブラナ科の野菜一覧

・ハクサイ
・ブロッコリー
・カリフラワー
・チンゲンサイ
・カブなど

大根の後作に良い野菜「サツマイモ」

sweet potato

肥料が要らないサツマイモでリレー栽培

サツマイモ栽培は、肥料を与えすぎると、つるばかりが伸びてイモが大きくならない「つるぼけ」になってしまいます。

大根の後作にサツマイモを植えると、過剰な肥料分が土に残っていない状態で栽培をスタートできるため、おすすめです。

大根は基本的に、肥料をほどこさないで育てます。

なぜなら、土づくりで たい肥や元肥がよく分解されずに未熟な状態でいると、肌が汚くなったり、又根になってしまうからです。

大根栽培の後は、土に肥料が残っている心配がないため、サツマイモ栽培に適しているのです。

品種選び

大根は、トウが立ちにくい春まきに適した品種を選びましょう。

サツマイモの品種は、なんでもOKです。

栽培のポイント

土づくり

une

大根の収穫後、肥料を入れずにウネを立てて、サツマイモの苗を植えます。

高いウネを立てるのがポイントです。

挿し穂・植え付け

sweet potato4

4月下旬~5月下旬に、苗(挿し穂)は先端から葉っぱが4枚程度付いたものを、葉を落とさないで土に挿します。(写真は、葉っぱが付いていないものです)

苗は、遅くとも7月上旬までに植え付けましょう。

縦に挿すと、丸くて甘い大きなイモになり、横に寝かせて挿すと、細長いイモがたくさん付きます。

追肥

追肥は行いません。

つる返し

つるの途中の節が、地面と接して根っこを出すことがあります。

すると、つるの先端でつくられた糖分が株元に流れなくなり、イモが大きくならないので、ときどきつる返しを行いましょう。

収穫

苗を植え付けてから、約110~120日前後で収穫です。

初霜が降りる前に、掘り起こしましょう。

収穫の2~3週間前に、最後のつる返しをおこない、また収穫の1週間前につるを刈り取って、養分をイモに転流させると、美味しいイモがとれます。

収穫が遅れるとイモは大きくなりますが、色や形、味が落ちてしまいます。

大根 → サツマイモの繰り返し栽培がオススメ

sweet potato3

木嶋先生によりますと、毎年大根←→サツマイモの組み合わせで連作を行うと、土の中の未熟な有機物が少なくなり、大根の肌がきれいになるそうです。

また、大根の肉質も細やかで、辛味や苦みが少なくなってゆくそうです。

さらに、サツマイモは「つるぼけ」を起こさずに、イモがよく太り、甘く高品質なものが収穫できてゆくとのことです。

大根とサツマイモのリレー栽培は、お互いの生育を促進させる効果があるのですね!

私も、大根←→サツマイモの栽培を、繰り返し行ってみようと思っています。

まとめ

cabbage

大根の後作に良い野菜をご紹介いたしました。

キャベツ(ほか、アブラナ科の野菜)
・大根の後にキャベツを植えると、「根こぶ病」の被害が少なくなります。
サツマイモ
・大根の後にサツマイモを植えると、「つるぼけ」にならずに甘く美味しいイモになります。

前作の大根の特性を活かし、後作野菜の病気、生長が促進する組み合わせ(リレー栽培)ですので、ご参考になさってください。

[参考文献]

木嶋利男著育ちがよくなる! 病害虫に強くなる! 植え合わせワザ88 決定版 コンパニオンプランツの野菜づくり

コメント