スポンサーリンク

絶品!「じゃがいものせいろ蒸し」茹でるよりオススメの4つの理由

potato (2)

じゃがいもが美味しい季節ですね。

どのように調理されていらっしゃいますか?

もし、あなたのご自宅の食器棚に「せいろ」が眠っていましたら、蒸して召し上がってみてください。

今回は、せいろで蒸したじゃがいもがが、茹でるよりオススメの4つの理由について、ご紹介いたします。

スポンサーリンク

理由1「せいろが”うま味”を逃がさないから」

potato (3)

せいろでじゃがいもを蒸しますと、じゃがいも特有のホクホクした食感が生きて、大変美味しくなります。

また、味がギュっと濃くなり「うま味」が増します。

理由2「栄養を逃がさないから」

potato (4)

じゃがいもはとても栄養価の高い野菜で、とくにビタミンCが豊富に含まれています。

お鍋に水を入れて、じゃがいもを茹でた場合、栄養(おもにビタミンC)が流れ出てしまうと言われています。

その点、せいろ蒸しは、じゃがいものでんぷん質が壁になり、ビタミンCが壊れにくくなるのだそうです。

熱に弱いビタミンCも、せいろで蒸すことにより、効率的に摂取することが出来ます。

理由3「簡単・時短だから」

「せいろ」で蒸したじゃがいもは、手間がかかりません。

なぜなら、「短い時間で火が通り」「皮がスルっとはがれる」からです。

じゃがいもの大きさで、蒸し時間は若干前後しますが、私の経験ではおおよそ10〜15分程度で火が通ります。

お鍋を使いますと、じゃがいもが煮崩れてしまうことがありますが、せいろを使う場合は、多少 長く蒸してしまっても、崩壊することはありません。

理由4「水気を切るザルが必要ないから」

せいろを使ってじゃがいもを茹でますと、水気を切るザルが要らなくなります。

せいろの底にはすきまがあり、そこから水滴が落ちますので、自然に水が切れるからです。

また、せいろで蒸したじゃがいもは、水分があまり付きませんので、調理が手軽になります。

時短・簡単にじゃがいもを蒸すコツ

potato (6)

時間を短く、簡単にじゃがいもを蒸すには、じゃがいもを半分に切ってせいろに入れるのがコツです。

じゃがいもの体積を小さくすることで、蒸し時間が短くなり、蒸した後、皮をむくのが容易になります。

じゃがいもの品種や大きさによりますが、「キタアカリ(写真)」という品種を半分に切った蒸し時間は、約10~15分程度です。

蒸したじゃがいもは、料理のバリエーションが豊富

potatosalad (1)

せいろで蒸したじゃがいもの料理は、無限に広がります。

蒸したじゃがいもを潰して、ポテトサラダ、マッシュポテト、コロッケ、ポテトグラタン等など、それはもう無数の料理の「もと」になります。

まとめ

sharebatake-potato

せいろで蒸したじゃがいもがが、茹でるよりオススメの4つの理由について、ご紹介いたしました。

せいろでじゃがいもを蒸しますと、栄養を逃がさずに、美味しくいただくことが出来ます。

うま味が凝縮したせいろ蒸しのじゃがいもを、おためしになってみてくださいね。。

[関連記事]

「せいろ」の8つのメリット「す」が入らない理由・使い方・お手入れ方法をご紹介します

スポンサーリンク
野菜食のこと
この記事を書いた人
カジトラ

関東在住の専業主婦です。
夫と二人暮らし。

家族の介護、某シンクタンクで馬車馬のように働き詰めだった日々に区切りをつけ、現在は農学博士 木嶋利男氏が提案するコンパニオンプランツ栽培で野菜を育てています。

文明の利器を取り入れつつも、古き良きモノ・慣習を大事にしながら丁寧に暮らしてゆくことを目指しています。

スポンサーリンク
カジトラ