スポンサーリンク

絶品!「じゃがいものせいろ蒸し」茹でるよりオススメの4つの理由

potato (2)

じゃがいもが美味しい季節ですね。どのように加熱していますか?

お家の食器棚に「せいろ」が眠っているという方は、茹でるより美味しくなるので、おためしください。

また、お家に「せいろ」がない方も、これを使うとメリットがたくさんあるので、どうぞ参考になさってください。

きょうは、じゃがいもを「せいろで蒸す」のが、「茹でる」よりオススメな4つの理由について、お話いたします。

スポンサーリンク

理由1「せいろが”うま味”を逃がさないから」

potato (3)

せいろでじゃがいもを蒸すと、じゃがいも特有のホクホクした食感が生きて、大変美味しくなります。

また、味がギュっと濃くなるので「うま味」が増します。

理由2「栄養も逃がさないから」

potato (4)

お鍋に水を入れて、じゃがいもを茹でると栄養(おもにビタミンC)が流れ出てしまいます。

その点、せいろ蒸しは、じゃがいものでんぷん質が壁になって、ビタミンCが壊れにくいそうです。

じゃがいもはとても栄養価の高い野菜で、とくにビタミンCが豊富に含まれています。熱に弱いビタミンCも、せいろで蒸せば効率的に摂取することが出来ます。

理由3「簡単・時短だから」

じゃがいもを「せいろ」で蒸すと、手間がかかりません。

なぜなら、「短い時間で火が通って」「皮がスルっとはがれる」からです。

じゃがいもの大きさで、蒸し時間は若干前後しますが、私の経験ではおおよそ10〜15分程度で火が通ります。

お鍋に水を張って、じゃがいもを茹で過ぎてしまうと、じゃがいもが煮崩れてしまいますよね。

その点、せいろで少し長く蒸してしまっても、かたちが崩壊することはありません。

理由4「水気を切るザルが必要ないから」

茹で上がったじゃがいもをザルに上げると、目詰まりしてしまうことがありますね。

せいろで蒸したじゃがいもは、じゃがいもに水分があまり付かないので、水気を切る「ザル」が要りません。

つまり、調理道具を1つ使わずに済むのです。

せいろの底にはすきまがあり、そこから水滴が落ちますので、自然に水切りをしてくれます。

時短・簡単にじゃがいもを蒸すコツ

potato (6)

時間を短く、簡単にじゃがいもを蒸すには、じゃがいもを半分に切ってせいろに入れるのがコツです。

じゃがいもの体積を小さくすることで、蒸し時間が短くなりますし、蒸したあと、皮をむくのが簡単になります。

じゃがいもの品種や大きさにもよりますが、「キタアカリ(写真)」という品種を半分に切った蒸し時間は、約10分です。

蒸したじゃがいもは、料理のバリエーションが豊富

せいろで蒸したじゃがいもの料理は、無限に広がります。

一番簡単で美味しい料理は、「じゃがバター」ですね。

また、蒸したじゃがいもをつぶせば、ポテトサラダ、マッシュポテト、コロッケ、ポテトグラタン等など、それはもう無数の料理の「もと」になりますね。

まとめ

sharebatake-potato

せいろでじゃがいもを蒸すと、栄養を逃がさずに、美味しくいただくことが出来ます。

沸騰したお鍋にかけると、10分程度で蒸しあがるので、時短料理に最適です。

うま味が凝縮したせいろ蒸しのじゃがいもを、おためしください。

[関連記事]

「せいろ」の8つのメリット「す」が入らない理由・使い方・お手入れ方法をご紹介します
...

 

コメント