スポンサーリンク

野菜の連作障害の対策は『連作です』ニンジン・タマネギ・ナス・エンドウの品質が上がる理由

carrot,ninjin,onion,tamanegi-2

毎年、同じ場所に同じ作物(同じ科の野菜)を栽培することを「連作」といいます。

連作を続けてゆきますと、土の中の病原菌や害虫が増え、野菜の生長が悪くなったり枯れてしまったりします。

私たちは この症状「連作障害」を避けるために、毎年 同じ場所に異なる科の野菜を育てています。

ところが、連作を(同じ場所に 同じ野菜を栽培)続けてゆきますと、野菜の品質が上がってゆくと言われています。

今回は、農学博士の木嶋利男先生がご紹介されています、連作障害の対策は『連作』である理由をニンジン・タマネギ・ナス・エンドウを例にご案内いたします。

スポンサーリンク

伝承農法で連作を可能に

家庭菜園で「同じ野菜を連作するのはよくないよ」と言われていますね。

なぜなら同じ野菜を同じ場所で栽培しつづけますと、土壌病原菌や害虫が増え、野菜がよく育たなくなるからです。

農学博士の木嶋先生は、野菜に適した土であれば、連作が可能になり品質が上がります。と、おっしゃっています。

伝承農法は連作が可能

野菜の特産物は日本の各地にありますが、木嶋先生によりますと、ナスならナス、スイカならスイカと、連作が当たり前のように行われているのだそうです。

これは伝承農法の技術によるもので、農家さんは「連作障害対策」をなさっていると捉えることが出来ます。

一度整った畑を維持するほうが合理的ですので、農家さんは ある作物の栽培に特化して畑を整備し、野菜が育ちやすい土と環境を作られています。

野菜の連作障害の対策は「連作」である理由

carrot,ninjin,onion,tamanegi

ニンジンとタマネギを例に、連作障害の対策は「連作」である理由をご紹介いたします。

この2つは連作障害の出にくい野菜ですが、同じウネで育ててゆきますと、より品質が上がると言われています。

ニンジンを連作すると品質が上がる理由

carrot-7

ニンジンは収穫した後に残った細根などの残渣(ざんさ)が分解しやすいのが特徴です。

毎年できるだけ同じ場所に連作することにより、分解が得意な微生物が増え、分解がだんだん早くなります。

ニンジンの連作で品質が上がる理由は、畑の内部での物質循環が良くなるためで、次第にお肌がきれいなニンジンになってゆきます。

ニンジンの輪作はどうなるの?

シーズンごとに同じ場所にいくつかの野菜を栽培する「輪作」は、ほかの野菜の残渣などを分解する微生物が繁殖しませんので、未熟な有機物がたまりやすくなります。

その結果、連作を続けているニンジンよりお肌の質は下がります。

タマネギを連作すると品質が上がる理由

sharebatake (onion)

タマネギを連作し続けますと、年々 根っこが深くまで伸びるようになります。

長く伸びた根は、養分と水分をよく吸収するようになりますので旺盛に育ち、その結果、玉が大きくなります。

タマネギの輪作はどうなるの?

onion-5

タマネギは、同じウネで別の野菜を育てたり土を耕したりしても、土の深い部分に昨年育てたタマネギの根の効果が残っていますので、翌年以降の品質が上がってゆきます。

onion-4

タマネギを収穫したあとの土づくりで、根っこを土に鋤き込みますとより効果が高まります。

ナスとエンドウの交互連作

eggplants,nasu,endo,beans

ニンジンとタマネギは連作障害が起こりにくい野菜のため、翌年に同じウネで育てても問題はなさそうと思われた方が多いかもしれません。

一方で、ナス科やマメ科は連作障害が起こりやすいと言われていますね。

木嶋先生は、ナスとエンドウを交互に連作し続けますと、高品質なものを収穫できようになりますとおっしゃっています。

マメ科が土壌病原菌の密度を下げます

マメ科のエンドウは、根から生長抑制物質を分泌するため、連作しますと生育が悪くなりますが、後作にナスを栽培することにより土壌病原菌の密度が下がってくるのだそうです。

なぜこの現象が起こるのかは、科学的に解明されていないようですが、ナスとエンドウの交互連作は、昔から農家さんが行われてきた栽培です。

ナスとエンドウの交互連作の詳細につきましては、別記事にてご紹介しておりますので、本ページの最後をご参考になさってください。

まとめ

carrot-10

野菜の連作障害の対策は『連作です』と、幾分ショッキングな内容をご紹介をいたしましたがいかがでしたでしょうか。

農学博士の木嶋利男先生は、野菜の特性を活かして連作を続けますと、次第に品質の高い野菜を収穫できるようになりますとおっしゃっています。

私は木嶋先生の著書を教科書に家庭菜園で野菜を育てておりますが、エンドウとナスの交互連作を今年から始めてみようと思っています。

その効果につきましては何年もかかりますが、追ってご報告したいと考えております。

[関連記事]

交互連作|ナスの後作にエンドウ、エンドウの後作にナスがおすすめの理由

小さい玉ねぎの苗でもたくさん収穫できる裏技|木嶋先生のキツキツ植えで収量アップ!

[参考文献]

created by Rinker
家の光協会
¥1,760 (2020/09/26 14:18:43時点 Amazon調べ-詳細)
425956644X

コメント