スポンサーリンク

畑の雑草は2つの対策で解決!抜かずに刈って野菜と共生させましょう

grass,weed-3

家庭菜園での悩みの1つ、「畑の雑草対策」についてご紹介いたします。

私は畑に生える雑草は、全部抜いてキレイにしておくものと思っていましたが、昔ながらの伝承農法は草を敵とせず、共生しながら野菜の生長に役立てている方法があることを知りました。

今回ご案内いたします2つの雑草対策は、農学博士の木嶋先生がご紹介されているものですので、ご参考にして頂けましたら幸いです。

スポンサーリンク

畑の雑草を生やしておくと良い理由

grass,weed-2

防寒・保湿で畑を守る雑草い

畑に生える雑草を抜かずにそのまま生やしておきますと、表面を覆うように広がり、防寒・保湿をしてくれるものがあります。

雑草の中には土を肥沃にするものもあり、春に丸ごと鋤き込んで「緑肥」に使うことも出来ます。

畑の雑草対策1「野菜と共生させる方法」

ウリ科野菜と共生させ、生育をサポートする雑草

1つ目は雑草を生やしたまま野菜と一緒に育てる方法です。

ウリ科のカボチャやスイカを栽培する場合、そばの雑草をあえて残しておきますと、ヒゲが草に絡んでツルが安定して生育が促進し、実の付きが良くなります。

雑草との共生でもたらされる効果

🍉 生育がよくなります。
🍉 実の付きがよくなります。
🍉 スイカがみずみずしくなります。

生やしておくとよい雑草

🌱 イヌビユ・メヒシバ

grass,weed,inubiyu,イヌビユ-2イヌビユ

grass,weed,mehishiba,メヒシバメシヒバ

カボチャの畑にイヌビユ、メシヒバなどの草丈の高い雑草を生やしておきますと、カボチャが安定して育ちます。

その結果、花が咲きやすく授粉しやすいくなりますので、実の付きがよくなります。

🌱 スベリヒユ

purslane,suberihiyu

スベリヒユの根は直根性で、スイカの近くに生やしておきますと、土の中深くまで根穴ができ、酸素が供給されやすくなります。

その結果 スイカの根が強くなり、水を吸い上げやすくなりますので、みずみずしい美味しいスイカが育ちます。

畑の雑草対策2「雑草を抜かずに刈ってマルチにする方法」

刈り取りで雑草の発芽を抑制します

木嶋先生は、雑草は根っこごと引き抜かず、刈って残すのが正解です。と、おっしゃっています。

なぜなら、刈って残しますと 新たな雑草が発芽しにくくなるからです。

反対に雑草を根こそぎ引き抜いてしまいますと土が耕され、土の中で眠っていた草の種が表面近くに出て発芽し、ふたたび草だらけになってしまいます。

雑草を刈り取るメリット

🌱 新たな雑草の発芽を抑制することが出来ます。
🌱 草の伸びを調整することが出来ます。
🌱 刈った草をマルチとして利用することが出来ます。

雑草の刈り方

grass,weed-6-1

雑草の刈り方は、「高刈り」と「低刈り」という2つの方法があります。

高刈り

高刈りは雑草の株元から5cm程度で刈る方法です。これを行いますと、あとの生長がゆるやかになります。

低刈り

grass,weed-4

株元から1~2cmで刈りますと、あとの生育が旺盛になります。

刈った草をマルチとして利用する方法

高刈りに適した野菜

キュウリの根は浅く乾燥しやすいため、マルチングをして栽培するのがおすすめですが、高刈りした雑草をマルチの代わりにすることが出来ます。

草の間から少し土が見える程度に敷きますと、ウネの保湿と保温になります。

キュウリは根が生の有機物に弱いため、分解が緩やなイネ科の草がマルチに向いています。

低刈りに適した野菜

ナスは根が深く伸びますが、キュウリと同じように水分を好みますので、マルチングして育てるのがおすすめです。

またナスは養分も好みますので、次々と伸びてくる雑草を低刈りにしてウネに敷きます。

短いうちに刈った草はやわらかく分解も早いので、養分となって野菜の生育がよくなります。

マルチに適した雑草

grass,weed,mehishiba,メヒシバ

マルチにする草は、養分の高い「イネ科」がおすすめです。

高刈りしてキュウリ、若い葉を低刈りしてナスなどへ利用することが出来ます。

なお木嶋先生は、春の草や野菜の残渣(葉、茎、根)も養分が多く分解も早いので、積極的に利用するとよいでしょうとおっしゃっています。

畑で生やしておくとよい雑草

Capsella, Bursa,weed-companionplants

木嶋先生が紹介されている「畑で生やしておくとよい雑草」をご案内いたします。

木嶋先生は、草が1本もない状態で畑を管理するより、ある程度生やしておいたほうが土の状態が良くなり、野菜は害虫から守られます。と、おっしゃっています。

生やしておくとよい雑草

雑草の名前
 シロツメグサ
 ナズナ
 スズメノテッポウ
 アカザ、シロザ
 ハコベ
 ヨモギ
 ホトケノザ
 スベリヒユ
 カタバミ
 オオバコ

これらの雑草の特長、野菜にもたらす効果などにつきましては 別の記事にてご紹介しておりますので、本ページ最後の「関連記事」をご参考になさってください。

まとめ

家庭菜園での悩みの1つ、「畑の雑草対策」についてご紹介いたしました。

畑に生える雑草と共生しながら野菜を栽培してゆきますと、畑の管理がしやすくなりそうですね。

今回ご案内しました2つの雑草対策は、農学博士の木嶋先生の著書にて紹介されているものですので、ご参考にして頂けましたら幸いです。

私も今後は雑草を抜かずに刈り取って対策してゆこうと考えております。

[参考文献]

created by Rinker
家の光協会
¥1,760 (2020/07/11 06:06:05時点 Amazon調べ-詳細)
425956644X

[関連記事]

雑草をコンパニオンプランツに!草生栽培で病害虫を駆除したい!

雑草マルチングの作り方|江戸時代から続く伝統農法で草をたい肥にしましょう

メリットたくさん!スイカ栽培はコンパニオンプランツとの混植がおすすめです

[雑草の種類がよくわかるサイトです]

雑草ポケットブックオンライン版

コメント