スポンサーリンク

簡単!しそ(青じその葉)の種の取り方と保存方法をご紹介いたします

shiso-6

夏の間、薬味に活躍した”しそ”(青じその葉)の種を取りました。

毎年、しその種を購入してまいているのですが、なかなか発芽してくれず、1袋全滅ということもしばしばあるわが家は、昨年育てた”しそ”から種を取りました。

方法はとても簡単ですので、参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

簡単!しその種の取り方

わが家は青じそから種を取りましたが、赤じそでも方法は同じです。

用意するもの

shiso

・カラカラに枯らした”しそ”の茎
・ジップ式の小さい袋
・大きな紙(しそが大量にある場合。枯れた茎の飛び散りを防ぎます)

ジップ式の小さな袋は、100円ショップなどで販売されています。

しその種の取り方

カラカラに枯れたしその穂を指先ですりつぶします。

shiso-2

1つの穂に小さい丸い種が2~4粒ほど入っています。

shiso-3

つまんで取り上げ、ジップ式の袋に入れてゆきます。

shiso-7

しその種の保存方法

乾燥・涼しい場所で保存

shiso-5

ジップ式の袋に入れたしその種を乾燥・涼しい場所で保存します。

冷蔵庫に入れておく方法もあるようですが、わが家は使わなくなった曲げわっぱに入れて保存しています。

更にお手軽!しその種の取り方

同じ菜園のおじいさんは、毎年、枯れたしその茎を抜き取らずにユサユサ振って、種を落としているそうです。

すると高い確率で発芽するようで、もう何年も、種や苗は購入していないとのことです。

この方法は家庭菜園で毎年おなじ場所にしそを栽培するのにお手軽ですね。

まとめ

shiso-6

しその種の取り方をご紹介いたしました。

カラカラに枯らした”しそ”の茎から簡単に種を取ることが出来ます。

しその穂をもんで種を出す際、枯れているにもかかわらず しそのよい香りがして、次回育てるのが楽しみになりました。

わが家は、昨年と別のウネに栽培する予定のため、植木鉢でも育てたいため 種を取りましたが、畑の同じ場所で育てられる場合は、枯れた茎を引き抜かずにユサユサ揺すっておく方法も良いですね。

今年はなんとか発芽してくれるよう、種まきを頑張りたいと思います。

『農林水産省ホームページ』
今回の種苗法改正で、家庭菜園(販売、譲渡を行わない場合)での利用に影響はありますか。