スポンサーリンク

自宅の庭で家庭菜園はじめます

20230304_kitchen Garden Mobara-1kj-fl

2023年春、転居することになりました。

猫の額ほどの庭がある家を契約し、鋭意開墾中です。

このページにて、畝立てからレポートしてゆきたいと思いますので、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

2023年 kitchen Garden

2023年2月

2023年2月18日

20230301_kitchen Garden-1kjfl

前のオーナーさんが木を剪定してくださいましたが、残渣はわが家で片付けます。

はじめこそ、少しずつ束ねて処分しておりましたが、だんだん嫌気がさし、「農学博士の木嶋利男先生の落ち葉床」を思い出しました。

20230227_kitchengarden-5kjfl

穴を掘ります。

20230218_kitchen garden-mobara-1kj

カナブンらしき幼虫が数匹と、ミミズが2~3匹ほどいました。

20230218_kitchen garden-mobara-2kj

何とか掘り上げました。深さは30cmほどです。

‎20230‎2‎‎22_‎kitchengarden-2kjfl

庭の木々をどんどん放り込み、歩いて長い枝を折ります。

そしてこの上に、落ち葉をたっぷり敷いて、土と生ゴミコンポストを混ぜました。

畝が完成しました。

庭の様子

20230227_kitchengarden-3kjfl

庭には水仙が咲いています。

‎20230‎2‎‎27_‎kitchengarden-1kj

カラスのエンドウが生えていますので、庭の土を肥沃にしてくれることを、期待しています。

2023年3月

2023年3月22日

20230322_kitchen Garden Mobara-1kj

引越し先に行く度に、少しずつ畝を立てています。

木々の残渣を入れるために深い穴を掘っておりますが、これが思いのほか重労働です。

20230322_kitchen Garden Mobara-2kj

謎の宿根。

20230322_kitchen Garden Mobara-4kj

巨大な石。

20230322_kitchen Garden Mobara-3kj

コガネムシらしき幼虫も。

20230322_kitchen Garden Mobara-5kj

今日は4つ目の畝で、穴の中の土を掘り上げてリタイヤしました。

土をかき上げる作業がキツイこと!

体を動かしますので、お腹が空きます。

20230322_kitchen Garden Mobara-6kj

気を取り直して、キュウリを育てる予定の畝に、ネギの種をまきました。

上の写真の左側にあるピンクの種は、お隣の方からいただいたエンドウ豆の種です。

20230322_kitchen Garden Mobara-7kjfl

穴を掘ってクタクタなのですが、別の作業は意外に平気に行うことができます。

トライアスロンの選手もこのような感じなのでしょうか。

3月29日

20230329_kitchen Garden Mobara-1kjfl

今日も、木の残渣を穴に埋める作業です。

ようやく残渣の山が低くなってきました。

4月の中旬には、すべての畝を完成させたいところですがどうでしょう。。。

20230329_kitchen Garden Mobara-2kj

残渣の下のほうは、腐葉土と化してきました。ミミズもいます。

20230329_kitchen Garden Mobara-3kj

新居へは、2月から無料になった道路を往復しています。

14kmほどの短い距離ですが、元有料道路ですので信号がありません。

千葉県の大渋滞を少しでも回避できるので有難く利用しています。

2023年4月

20230401_kitchen Garden Mobara-1kj

変更に変更を重ね、畝の並びを決めました。

残すはあと2畝。

穴掘りがんばります。

4月に入りましたので、枝豆やトウモロコシ等の種まきをしなければと、焦る気持ちを抑えております。

20230408_mobara-1kj

今日は畑仕事を離脱し、部屋の塗装をしております。

築50年近い昭和時代の家を、YouTubeを見て勉強し、無い知恵を絞りながらリフォームしております。

この部屋は、元和室。

畳を取り除いて、カフェ板という安価な板を敷いてフローリングにし、砂壁に漆喰を塗っております。

畳1畳がとても重い!漆喰塗りがとても大変!

様々な壁にぶち当たりながら、がんばっております。

2022年4月16日

20230416_cucumber_1kj

今年は桜の開花が早かったですね。

ウリ科野菜の播種時期は、葉桜の頃と言われていますので、大急ぎで種をまきました。

撒いた種は、キュウリ、メロン、小玉スイカ、ヘチマです。

一番早く発芽したのは、キュウリでした。

2023年5月

20230506_satsumaimo-1kj

道の駅でサツマイモのツルを購入して植え付けました。

20230428_nasu,endo,rensaku-1kj

ナスの苗を植え付けました。

別のページで、ナスとエンドウの交互連作についてご紹介しておりますが、新しい畑でゼロからスタートいたします。

20230514_ingen,okra-1kj

つるありインゲンとオクラのコンパニオンプランツ栽培を始めました。

20230520_soramame-1kj

引越する前の畑のソラマメを収穫しました。

20230500_daiso2023-1kj

ダイソーで購入した種をまきました。

20230525_lemon-1kj

レモンの鉢を、地植えにしました。

駆け足ですが、5月の栽培状況でした。

2023年6月

jagaimo-1kj

昨年、畑で収穫した秋ジャガイモの出来の悪いものを放任していたところ、ニョキニョキ芽がでてきたので、庭の隅に放り投げて転がしておきました。

すると、ご覧のように芽がでてきたので、土寄せ(正確には株元に土をかけた)しました。

養老孟司さんが、不耕起栽培について述べられている動画がありますが、本当なのです。

この栽培は、木嶋利男先生が紹介されているゴロゴロ植えですね。

2023年7月

ingen_kj (24kj)

今年も、とても暑いですね。

ふと思い付いて、庭の木の株元に種をまいた つるありインゲンがすくすく育ち、実を付けています。

連作障害などあまり気にせず、毎年この方法で育ててみようかなと思いました。

20230707_satoimo-1kj

里芋は、別の場所で 畝を立てて真面目に育てていますが、余った種芋を庭の空きスペースに植えてみました。

なかなか元気に育っています。

20230707_suika-1kj

スイカは支柱を立てて育てる予定でしたが、なぜか絡まらず、地這いで育てることにしました。

20230713_mint-kj

生ゴミの箱を、庭の一角に設けました。

米ぬかと土を混ぜますと、暑い夏でも臭いは気になりませんが、分解されるまではハエがたかります。

そこで、ハエを忌避するために、生ゴミの箱の周りに、前の畑から抜いてきたミントを植えてみました。

定植時はとても小さい苗でしたが、その繁殖力の高さに驚いています。

20230713_togarashi-kj

ミントのほかに、唐辛子の種もまいてみました。

毎年、唐辛子はここで(コンポストの周り)育ててみようと思います。

来年は、こぼれ種で発芽することを狙っています。

— 引き続き、更新いたします —

まとめ

自宅の庭で、家庭菜園はじめることになりました。

このページは、随時更新いたしますので、今後ともよろしくお願いいたします

[関連記事]畑に落ち葉を埋める「落ち葉床」の作り方|畑にもたらす3つのメリットをご紹介いたします

スポンサーリンク
キッチンガーデンのこと野菜づくり
この記事を書いた人
カジトラ

関東在住の専業主婦です。
夫と二人暮らし。
2023年春、海に近い地域に移住しました。

家族の介護、某シンクタンクで馬車馬のように働き詰めだった日々に区切りをつけ、現在は農学博士 木嶋利男氏が提案するコンパニオンプランツ栽培で野菜を育てています。

文明の利器を取り入れつつも、古き良きモノ・慣習を大事にしながら暮らしてゆくことを目指しています。

スポンサーリンク
カジトラ