スポンサーリンク

エダマメの種まきのコツ|芽が出なくて困った時は多粒まきで解決!オクラ・トウモロコシにも応用できます。

edamame_20200521

エダマメの種まきのコツをご紹介いたします。

この方法は、トウモロコシ・オクラの種にも応用することができ、発芽率が上がって生長が促進すると言われています。

一般的にエダマメの種まきは、育てたい場所やポリポットに2~3粒まいて、芽が出たら間引きをし、元気の良い苗を残して育ててゆきますね。

今回ご案内します方法は、1つの穴に多めに種をまく「多粒まき」です。

これを行いますと 発芽率が上がって生育が旺盛になり、花付き・サヤの付きが良くなると言われています。

この方法は、昔から農家さんが行われている伝承農法の1つで、農学博士の木嶋利男先生の著書にてご紹介されています。

ためしにエダマメの「多粒まき」を行ってみたところ、傷みのないきれいな芽が出たので驚いているところです。

エダマメ・オクラ・トウモロコシの種をまいてみたけれど、なかなか芽が出ないとお困りの方は「多粒まき」で解決するかもしれませんのでご参考になさってください。

スポンサーリンク

いつもよりたくさん種まきする「多粒まき」

いつもよりたくさんの種をまいて株を育てることを「多粒まき」といいます。

普段 私たちは育てたい苗の数より多めに種をまきますね。

種がすべて発芽するとは限りませんし、元気のよい苗を残すために間引きする目的で種を多めにまいています。

今回ご紹介します「多粒まき」は、芽が出た後 1株に残して育てず、何本かの株を一緒に育ててゆく目的で種を多くまきます。

株の競合と助け合い

okra-7

多粒まきにしますと、株どうしが競合して助け合いながら生長してゆきます。

生育初期の苗は、根っこがかたい土を押しのけて伸びやすくなっています。

しだいに生長しますと、株はお互いに競い合ってより深く、より広く根っこが張ってゆきます。

根がよく張った株は生育が促進して健康に育ちますので、高品質の美味しい野菜を収穫することが出来ます。

多粒まきに適した野菜

農学博士の木嶋利男先生によりますと、多粒まきは直根タイプの野菜がおすすめとのことです。

多粒まきは、野菜本来がもっている能力を十分に発揮させ、根を競わせるため「サヤの付き」が良くなります。

多粒まきに適した野菜
🌱 エダマメ(マメ科)
🌱 オクラ(アオイ科)
🌱 トウモロコシ(イネ科)

発芽率が上がるエダマメの種まきのコツ

エダマメ多粒まきの効果

🌱 発芽率が上がります
🌱 生育が促進します
🌱 花付き、さや付きがよくなります(たくさん収穫できます)

多粒まきのポイント

土づくり

種まきの2週間前にウネを立てます。

野菜がよく育つ肥沃な土であれば、元肥はほどこさなくても大丈夫。

痩せた土の場合は、完熟たい肥やぼかし肥をほどこして、よく混ぜておきます。

多粒まきの方法

edamame_20200521

ウネに穴をあけて、エダマメの種を3粒まいて土で覆います。

このとき、水やりは行いません。

種がこぼれ落ちるイメージでパラパラと穴にまくのがポイントです。

2本立ちで育てます

芽が3本出ましたら、1本を間引きして2本立ちにし、収穫するまで育てます。

発芽した直後は、根が土を押しのけて伸びるのに3本が協力しあいます。

地上に出た芽が伸びてきますと、残した2本の根っこが競い合って深く伸びて生育が促進します。

土寄せをしましょう

edamame_thinning (5)

子葉(双葉)のあとに初生葉が出て、次に本葉が伸びてきますので、このタイミングで株元に軽く土寄せをします。

さらに15~20日後に、もう一度 土寄せをしましょう。子葉(双葉)が埋まるくらい寄せても構いません。

つるぼけを防ぐ摘心で収量アップ!

本葉が5~6枚になりましたら主枝を摘心し、わき芽を増やしますと勢いが分散され それぞれにサヤを付けることが出来ます。

エダマメは花が咲く頃に水分を多く必要としますが、摘心しておくことにより乾燥に強くなり、花が落ちず、よくサヤが付いて収穫量を増やすことが出来ます。

発芽率が上がるオクラの種まきのコツ

オクラの多粒まきは生長がゆっくりで、1株あたりの収穫量は減りますが、株の数が多いのでトータルの収量がアップするメリットがあります。

オクラ多粒まきの効果

🌱 収穫期間が長くなります
🌱 サヤがやわらかくなります
🌱 台風や強風で株が傷みにくくなります
🌱 収穫量が増えます

多粒まきのポイント

土づくり

種まきの2週間前にウネを立てます。

完熟たい肥・ぼかし肥を施してよく混ぜておきます。肥料は少なめにして、オクラ自身の力で根を深く張らせるのがコツです。

根がしっかり張りますと、養分と水分を安定的に吸収することが出来ますので、長い期間 収穫することが出来るようになります。

多粒まきの方法

1か所に5~6粒まきます。

2~3粒ずつを少しだけ離してまきますと、株が開きぎみに立ち上がり、お世話がしやすくなります。

市販のポット苗を植えられる場合は、4~5本ごと売られていることが多いので、間引きしないでそのまま植えましょう。

追肥は多めに施します

オクラの葉が伸びてきましたら、ぼかし肥や油粕などを20日に1回ずつ、株の周囲に追肥して軽く土を混ぜます。

収穫

okra-4

多粒まきは、花が咲いてから採りごろのサヤになるまでに5~7日かかり、長くかたくなりにくくなりますので、あまり畑へ行かれない場合でも美味しいサヤを収穫することが出来ます。

台風や強風で株が傷みにくくなる理由

多粒まきは、草丈が低めに生長し、株どうしがやや開きぎみに互いが支え合うように生長します。

そのため1本立ちのオクラより 台風や強風で倒れる被害が少なくなります。

トウモロコシにも応用できる多粒まき

多粒まきはトウモロコシにも使うことが出来ます。

まず、1穴に3粒まきます。

発芽して本葉が2~3枚に生長しましたら、間引いて1株にして育てましょう。

エダマメの多粒まき「応用編」

エダマメの多粒まきの応用編「混ぜまき」をご紹介いたします。

この種まきは、エダマメとキュウリの種を一緒にまく方法です。

今回この「混ぜまき」を行ってみたところ、傷みのない きれいな芽が出たので驚いています。

混ぜまきの効果

🌱 古いエダマメの種も利用することができます
🌱 発芽率が良くなり、生育が促進します

エダマメは前の年の余った種など、発芽率が落ちたものを利用することが出来ます。

種どうしが刺激し合います

木嶋先生によりますと、エダマメは種を採ってから時間が経ちますと、急速に発芽率が下がるのだそうです。

しかしながらキュウリの種と混ぜてまきますと、それが刺激となって発芽しやすくなります。

ウリ科の野菜の種を使えます

キュウリの種のほかに、ウリ科野菜の種を混ぜまきに使うことが出来ます。

🌱 マクワウリ
🌱 メロン
🌱 ヘチマ
🌱 ゴーヤなど

混ぜまきのポイント

混ぜまきの方法

キュウリの種 1~2粒と、エダマメの種3粒を混ぜて、一か所に点まきをします。

edamame_20200521-1

キュウリの芽を株元でカットします

先にキュウリが発芽し、適度に水分を吸い集め、エダマメの湿り気が保たれます。

そのあとエダマメが発芽しましたら、キュウリの株は株元でカットします。

(下の写真はまだキュウリの株を切っていないものです)

edamame_20200601

エダマメは2本で育てます

エダマメの本葉が2枚のときに間引いて2本で育ててゆきます。

 

まとめ

edamame_20200521-2

エダマメの発芽がよくなる種まきのコツをご紹介いたしました。

私は種まきがどうしても苦手で、いつも芽が出なくて困っていました。

農学博士の木嶋利男先生がご紹介されている昔ながらの農家さんが行われている「多粒まき(混ぜまき)」をためしてみたところ、傷みのないきれいな芽が出たので、とても驚いています。

エダマメ・オクラ・トウモロコシの種をまいてみたけれど、なかなか芽が出ないとお困りでしたら「多粒まき」で解決するかもしれませんのでご参考になさってください。

[参考文献]

created by Rinker
家の光協会
¥1,760 (2020/11/28 07:35:13時点 Amazon調べ-詳細)
425956644X