スポンサーリンク

簡単!いちごランナーピンの作り方|代用できる便利なアイテムをご紹介いたします

20210805_Strawberry,pin-8★

いちごのランナーをおさえるピンの作り方をご紹介いたします。

大型のホームセンターで、いちごのランナーピンが販売されていなかったため、自分で作ってみました。

今回は代用できる2つのアイテムをご紹介いたしますので、参考になさってください。

スポンサーリンク

簡単!いちごランナーピンの作り方

代用できる便利なアイテム1「針金」

20210805_Strawberry,pin★

ホームセンターでいちごのランナーピンが販売されていなかったので、樹脂コーティングされた針金を使って作ってみることにしました。

20210805_Strawberry,pin-2★

当方が求めたものは、太さが1.2mmのもので、価格は200円ほどでした。

20210805_Strawberry,pin-3★

いちごランナーのピンの作り方は簡単です。

針金を適当な長さででカットし、クネっと曲げるだけで完成です。

20210805_Strawberry,pin-4★

代用できる便利なアイテム2「クリップ」

20210805_Strawberry,pin-5★

書類をまとめるクリップで簡単に作ることが出来ました。

20210805_Strawberry,pin-6★

クリップを伸ばしてUの字にします。

指をケガされないよう、気を付けて伸ばしてくださいね。

20210805_Strawberry,pin-7★

真っすぐにすることは難しく、左右の長さも異なりますが、いちごのランナーピンとして十分使用することが出来ます。

手作りランナーピンの使い方

20210805_Strawberry,pin-10★

土を入れたポットにいちごのランナーを置き、手作りピンを挿し込みます。

ピンでランナーを留めることにより、しなりを押さえ、いちごの苗がポットから飛び出るのを防ぎます。

ピンは 根が生え、株が生長するまで留めておきます。

まとめ

20210805_Strawberry,pin-10★

いちごのランナーをおさえるピンの作り方をご紹介いたしました。

針金や書類を留めるクリップで簡単に作ることができますので、おためしになってみてください。

[関連記事]

いちごの苗の増やし方|丈夫な苗を取るポイントをご紹介いたします

[参考アイテム]

スポンサーリンク
キッチンガーデンの道具とファッション暮らしのこと野菜づくり
この記事を書いた人
カジトラ

関東在住の専業主婦です。
夫と二人暮らし。

家族の介護、某シンクタンクで馬車馬のように働き詰めだった日々に一区切りして、現在はコンパニオンプランツ栽培で野菜を育てています。

文明の利器を取り入れつつ、古き良きモノ・慣習を大事にしながら丁寧に暮らしてゆくことを目指しています。

スポンサーリンク
カジトラ