スポンサーリンク

いちごの苗の増やし方|ランナーの何番目を苗採りすれば良いかご紹介します

strawberry,ichigo,naetori

いちごの苗の増やし方をご紹介いたします。

いちごは ほかの野菜と異なり、「ランナー」と呼ばれる茎を伸ばして繁殖してゆきます。

伸びたランナーを土を入れたポットにのせておきますと、自然に根を出して活着し、秋にはその苗を植え付けることが出来ます。

今回は農学博士の木嶋利男先生がご紹介されています「いちごの苗の増やし方(苗採り)」をご案内いたしますので、ご参考になさってください。

スポンサーリンク

いちごの苗の増やすポイント

Strawberry

健康ないちごの株で苗採りしましょう

いちごの苗採りは、病気にかかっていない株を使います。

三番目以降の株が最適です

strawberry,ichigo,naetori-1

1番目(太郎株)、2番目(次郎株)は親株の病気を受け継いでいる可能性がありますので、3番目(三郎株)以降の株を採苗して育てましょう。

いちごの苗の採り方

準備するもの

🍓 ポリポット
🍓 赤玉土または、育苗土
🍓 Uピン、洗濯ばさみがあると便利です

いちごの苗の採り方

strawberry,ichigo,naetori-3

ポリポットに土を入れ、葉が付いた三番目のランナーをポットの上にのせておきます。すると自然に根を出して活着します。

strawberry,ichigo,naetori-2

ランナーのしなりが良いと、株がポットから飛び出てしまいますので、洗濯ばさみやUピンでランナーを留めますと安定します。

ランナーを切り離していちご苗を育てます

根が活着して株が育ってきましたら、ランナーを切り離して秋まで管理します。

採苗中・育苗中も、いちごの病気(炭疽病、立枯病など)が出ますので、泥はねや過湿に気を付けましょう。

いちごの苗採りで気を付けたいこと

🍓清潔なハサミでランナーをカット

ランナーをカットする際は、必ず清潔なハサミを使いましょう。

🍓病気の株で採苗しないで

ランナーや葉っぱに黒っぽい斑点があるいちごの株は、炭疽病におかされている可能性がありますので、使わないようにしましょう。

まとめ

strawberry,ichigo,naetori-5

いちごの苗の増やし方をご紹介いたしました。

病気にかかっていない健康ないちごの茎(ランナー)の3番目以降の株をポリポットに植えて育てますと、次の植え付けに使うことが出来ます。

ランナーを切るときは、清潔なハサミを使い、泥はねや過湿に気を付けながら、秋まで育ててゆきましょう。

今回ご紹介しました いちごの苗の増やし方は、農学博士の木嶋利男先生がご紹介されている方法ですので、ご参考になさってください。

[参考文献]

[関連記事]

イチゴのコンパニオンプランツ|害虫忌避・病気予防・生長促進する野菜をご紹介します

「いちご栽培日記」初めてコンパニオンプランツで挑戦します!

[参考アイテム]

created by Rinker
所沢植木鉢センター
¥851 (2020/08/14 21:10:47時点 Amazon調べ-詳細)
B004OPJA6C
created by Rinker
刀川平和農園
¥1,365 (2020/08/14 21:10:48時点 Amazon調べ-詳細)
B00BTR0UKI

コメント