スポンサーリンク

サツマイモのツルを苗に!刈り取ったツルを来年の苗にする方法

sweetpoteto,naedori(20201014)

サツマイモを収穫するために一週間ほど前にカットする「ツル」は、カサが大きく処分するのに苦労しますね。

今回は 刈り取ったツルを来年の苗にする方法をご紹介いたします。

この栽培は、大阪府在住でいらっしゃる「でぐちよしとし」さんの興味深い苗づくりです。

わが家は今年初めてこのサツマイモの苗づくりに挑戦します。果たして成功するか否かドキドキではありますが、ご参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

サツマイモの収穫前にツルを刈り取る理由

sweetpotato,companionplants (20201014)ツルの刈り取り前

sweetpotato,companionplants (20201014)-7ツルの刈り取り後(収穫前)

サツマイモを収穫する一週間ほど前に 地上部のツルを刈り取る理由は、でんぷんを流転させてイモを甘くさせるために行います。

この時、大量に出るサツマイモのツルを使って、来年用の苗に育てます。

この方法を編み出されたデグチさんは次のようにおっしゃっています。

サツマイモは、原産地の熱帯アメリカでは一年中育つそうですね。基本的に丈夫なので、秋のうちにしっかり発根させて、ある程度温度のある所で管理すれば、ちゃんと冬越しできます。

引用  やさい畑  2019冬号 108号 施肥を極める 

今年刈り取ったサツマイモのツルを来年の苗にする方法

サツマイモの収穫前に、元気のよいツルを選んで植木鉢に刈り植えして越冬させます。

この方法であれば、少しのスペースでいろいろな品種の苗をつくることが出来ます。

種イモの越冬は、温度や湿度の管理が難しいようですので、私のような初心者はこちらの方法が取り掛かりやすそうです。

手順

1.サツマイモのツルを採取します。
2.水に漬けてアブラムシなどの害虫を取り除きます。
3.植木鉢に仮植えします。
4.乾燥気味に冬越しさせます。
5.来年、苗採りします。

用意するもの

・ハサミ
・麻ひもなど
・水を入れたバケツ
・素焼きの5号鉢(口径15cm)
・大粒でない赤玉土・鹿沼土(養分が少ない土)
・プラスチックの板(植木鉢1個につき8~10cm四方 1枚)
・支柱

プラスチックの板はありあわせのもので構いません

手順(詳細)

1.サツマイモのツルを採取します。

sweetpoteto,naedori(20201014)-0

サツマイモの収穫1週間前~収穫するタイミングでツルを刈り取ります。

時期が早すぎますと越冬前にツルが伸びてしまい寒さに弱くなり、害虫の被害や霜で傷み、活着しづらくなるそうです。

出来るだけ元気の良い節間(葉と葉の間)が詰まったツルを選びましょう。

sweetpoteto,naedori(20201014)-2

先端から数えて7~8節の部分でカットします。

株元側の2節は、後ほど植木鉢に仮植えするときにじゃまになりますので、葉を切り落としておきます。

sweetpoteto,naedori(20201014)-3

2.水に漬けてアブラムシなどの害虫を取り除きます。

sweetpoteto,naedori(20201014)-4

サツマイモの葉や茎にアブラムシなどの害虫が付いていることが多く、越冬している間に増殖することがあるそうです。

そのため、ツル全体を丸ごと水に4~5分程度漬けてから、ゆすいで洗い落とします。

 

3-1.植木鉢に仮植えします。

サツマイモのツルを3~4本ずつ、切り口をそろえて2~3か所縛り 束ねます。

sweetpoteto,naedori(20201014)-5

sweetpoteto,naedori(20201014)-6

3-2.植木鉢にプラスチック板を差し込みます

植木鉢に土を入れて水で湿らせておき、プラスチックの板を中央に差し込みます。

板は写真上より小さめ(8~10cm四方)のもので構いません。

sweetpoteto,naedori(20201014)-8

3-3.束ねたツルを垂直に深く植え付けます。

sweetpoteto,naedori(20201014)-9

1鉢にサツマイモのツルを2束植え付けます。

プラスチック板の手前に束ねたサツマイモのツル1束を垂直に植え付けます。

ツルがぐらつかないように鉢底まで届く程度の深さ(10~15cm)に植えましょう。

そのあとプラスチック板の反対側に、もう1束を植え付けます。

3-4.支柱と麻ひもでツルが倒れないように固定します

鉢に2束植え付けましたら、鉢の中央に支柱を立てて麻ひもで束を縛り固定します。

sweetpoteto,naedori(20201014)-10

sweetpoteto,naedori(20201014)-12

4.乾燥気味に冬越しさせます。

根が活着しましたら日中は外に出し、夜は室内で管理します。真冬でも風のない晴れた日は外に出して育てます。

サツマイモのツルは、気温8℃程度が耐寒の限界で、夜はこれ以上低くならない場所で常に管理する必要がありますが、あまり室温が高すぎますと葉が育ちすぎて寒さに対する抵抗力が下がります。

越冬中は、葉よりも根っこの養生期間ですので 茎葉が伸びすぎないように水やりも外で日光浴をさせる時だけおこない、土が乾燥気味の状態で冬を越させましょう。

5.来年 苗採りします。

詳細は、後日 ご紹介いたします。

サツマイモのツルの越冬期間中のポイント

植木鉢を仕切る理由

とくに異なる品種のツルを1鉢で越冬させる場合は、仕切板が便利です。

仕切り板を植木鉢の間にさして、根の部分を区切っておきますと根が絡みませんので、来年の苗の植え付けをするときに作業がしやすくなります。

1鉢当たり6~8本のツルで

サツマイモのツルを3~4本1つに束ねてから植え付けますので、1鉢で6~8本仮植えすることが出来ます。

ツルがぐらつかないように、鉢底まで届く程度の深さ(10~15cm)に植えましょう。

土と鉢について

通気性のよい素焼きの5号ポット(口径15cm)がおすすめです。

土は、赤玉土や鹿沼土など、目が細かいもの(細粒)を入れましょう。

越冬期間中、肥料は施しません。

デグチさんの栽培のコツ

葉を広がらせない工夫

sweetpoteto,naedori(20201014)-11

デグチさんは、園芸用の支柱を真ん中に通してツルを立たせておくそうです。

そしてワイヤで上部を円形にした支柱をつくり、ツルが広がらないように工夫をされています。

わが家は麻ひもで葉の周りをゆるく縛っています。

越冬の管理場所について

デグチさんによりますと、サツマイモのツルはイモ本体より低温に強いようで、夜間と寒風の日だけは玄関内に取り込みんでいらっしゃるようですが、ツルがダメになることはなかったそうです。

なお、春までにはほとんどの葉が枯れ落ちて哀れな姿になるそうですが、しっかり生きているそうですので 諦めて処分しないようにしてみます。

ちなみに生長してツルが伸びすぎてしまいますと、冷害に遭いやすくなりますので、暖かすぎる室内での管理は避けたほうがよさそうです。

サツマイモのツルの観察レポート

10月

sweetpoteto,naedori(20201023)

サツマイモのツルを植木鉢に植え付けて、1週間になりました。

乾燥気味に育てると良いとのことですので、土が乾いてきたら軽く水やりをしています。

みるみる葉がしおれて(枯れて)きて、非常に不安であります(笑)。

しかしながら、茎の部分はまだ元気そうですので、このまま静観してゆきます。

まとめ

sweetpoteto,naedori(20201014)-13

大量に出るサツマイモのツルを来年の苗に育てる方法について、ご紹介いたしました。

わが家は今年初めての挑戦になりますので、果たして無事に苗を採ることが出来るか不安ではありますが、まずは無事に越冬できることを願っています。

植木鉢に植えたツルの様子につきましては、毎月1~2回程度 レポートいたしますので、ご参考になさってくださいね。

[参考文献]

やさい畑  2019冬号 108号 施肥を極める

created by Rinker
¥922 (2020/10/29 17:02:06時点 Amazon調べ-詳細)
B07XV71C2G

コメント