スポンサーリンク

いま注目!小布施のブラムリーアップルをご紹介。料理にジャムに最高です。

Bramleyapple (26)

ブラムリーアップルをご存知でしょうか?

長野県の小布施町で栽培されている料理用の青りんごで、料理研究家さんや、レストランのシェフさんなど、多くの愛好家から注目されている、「イチオシのりんご」です。

ブライムリーアップルのとりこになった人は、シーズンになると必ず購入するというリピート率が高いりんごでもあるのです。

わたしはブラムリーアップルの美味しさを知って以来、季節になるとソワソワしてしまうほど、楽しみにしています。

きょうは、ブラムリーアップルについて、その歴史、特徴(姿かたち)、美味しい食べ方(ジャムのレシピ)をご紹介いたします。

爽やかな酸味が効いていますので、ジャムにするときはレモン汁やクエン酸は要りません。

どうぞ、お試しください。

スポンサーリンク

歴史あるブラムリーアップル

Bramleyapple (27)

発祥はイギリス

ブラムリーアップルの歴史は長く、約200年前(1808年)にイギリスのノッティンガム州のあるコテージで誕生しました。

当時コテージに住んでいた少女がまいたリンゴの種が偶然芽を出した、まさに「奇跡のりんご」なのです。

時は経ち、コテージの持ち主がかわります。その新しいオーナーの名前はマシュー・ブラムリー氏と言いました。

ブラムリー氏は、コテージに成っているリンゴを気に入り、村の人々に分けたところ、リンゴをもらった当時17歳のヘンリー・メリーウェザー氏が、このユニークなリンゴに着目しました。

コテージのオーナー、ブラムリー氏は、自分の名前を付けることを条件に、ヘンリー・メリーウェザー氏に枝を分けあたえます。

メリーウェザー氏は、分けてもらったブラムリーを数々の品評会に出品し、ついに1883年に、英国王立園芸協会から最高賞を受賞。

ブラムシーリンゴの名前は一気に広まり、今ではイギリスで生産されるりんごのうち、約45%がブラムリーになるほど発展をとげました。

このりんごは、イギリスで「クッキングアップルの王様」として今でも不動の人気と地位を確立しています。

日本では信州小布施町から出発

obuse

イギリスで不動の人気を誇るブラムリーアップルですが、日本にいつ渡ってきたのでしょうか。

今から約40年前、1980年代に、長野県小布施町出身の荒井豊(あらいみのる)さんが、りんごの販売量が減ったことに心を痛めていました。

りんご農家から、梨やぶどうに切り替える農家さんが増えてきたからです。

何とか町おこしになるものはないかと模索していた荒井さんは、イギリスのリンゴ生産量の45%を占めているというブラムリーアップルの存在を耳にします。

イギリスでは日本のように、生で食べるリンゴのことを「デザートアップル」と呼び、料理して食べるリンゴのことを「クッキングアップル」と区別していることを知りました。

小布施町にブラムリーアップルを導入することを、当時の小布施町長が賛同し、小布施町はブラムリーをふくむ5種類の料理用のりんごの苗を英国王立園芸協会から譲り受け、横浜で一年間の検疫を経て、ついに1991年に商業販売をはじめ、今に至っています。

ブラムリーアップルは、長野の一人の農家さんの働きで発展した、まさに「希望のりんご」なのです。

※ 小布施屋ホームページを参考 https://www.obuse-ya.jp/c/bramley.html

「ブラムリーアップル」の使い道と特徴

Bramleyapple (29)

料理用のりんご

料理用のりんごというと、日本では紅玉など酸味の強いりんごを使いますよね。「料理用」と位置づけされているのりんごって、すぐにはピンときませんね。

ブラムリーは、「料理用のりんご」として、栽培されています。

様々な食材と一緒に料理することによって、デザートやお料理の幅がグーンと広がる、今注目されている料理用のりんごなんですよ。

ブラムリーアップルの使い道

Bramleyapple,applepie2

料理用に栽培されているだけあって、使い道がたくさんありますが、主な用途として、お肉料理とバツグンに合います。

もちろんデザートに使っても大変美味しく、パイ、クランブル、焼きりんご、ソースなど非常にバラエティーに富んでいます。

ブラムリーアップルの特徴

ブラムリーアップルの特徴です。

・料理用であること
・たいへん酸味が強い
・肉との相性がバツグンに良い
・熱を少し加えるだけで、すぐに煮溶ける
・食材を組み合わせると、他の食材を最高に引き立てる
・加熱した後も、とてもよい香りが持続する

ブラムリーアップルの姿かたちは?

Bramleyapple (2)

それではブラムリーアップルの気になる姿かたち、風味をご紹介いたします。

大きさ

ブラムリーアップルは平べったく大きい形が特徴です。

きょうご紹介するブラムリーは、1個あたり300グラムもあります。ヘタは短く、中の実が白いのが特徴です。

とても甘そうに見えません

Bramleyapple (4)

青々したリンゴですね。持った感じは弾力があります。果物というより、野菜のようです。

「ブラムリーアップル」どこで買える?いつから買える?

小布施町の直売所「農産物直売所ろくさん」

ブラムリーアップルは、小布施の直売所で購入することが出来ます。毎年9月の下旬ころ、ブライムリーフェアが開催されます。

住所 長野県上高井郡小布施町大字中松496-1
グーグルマップで見る
電話 026-242-6600
営業時間 9:00~17:00(冬の時期は9:30~16:30)
定休日 冬の期間は木曜日、年末年始

ブラムリーアップルの販売店

ブラムリーアップルは、楽天や、小布施屋オンラインショップでもお取り寄せをすることが出来ますので、小布施に行くことが出来ない方は嬉しいですね。

残りわずかですが、楽天で今でも購入することが出来ます。

詳細はこちらです → https://item.rakuten.co.jp

気になる「ブライムリアップル」を食べてみました

身がぎっしり詰まっています

Bramleyapple (21)

それではカットしてみましょう。ちょっと力が要りました。

実が詰まっているようで、包丁を入れるとギシギシいいます。

Bramleyapple (5)

断面は、みずみずしいですね。硬さの割りに水気があります。

酸味が強い!香りが高い!

Bramleyapple (6)

驚きの酸味です!

ものすごーく酸っぱいです。渋みもあります。でも、とっても良い香りで味が濃く、コクがあります。

皮はかためですね。実より皮のほうに酸味があります。

でも、すっぱいだけで終わりません。深いコクがあるので、うーん、これは確かにお料理を引き立てる役割を果たしてくれそうです。

また、ブラムリーアップルの大きな特徴は、熱を加えても「香りが持続」することです。このかぐわしい香りが食欲を増進させて、アクセントとなるのですね。

実は簡単!「ブライムリーアップル」ジャムの作り方

ブライムリーアップルのジャムの作り方は、とっても簡単なんですよ。

切って、お砂糖をふりかけて、レンジでチンするだけなんです。

ジャムやコンフィチュールは一般的に小鍋でコトコト煮るのが一般的ですよね。ですから私も最初は「そんなバカな」と思っていました。

ブライムリーアップルは生のままですと実が引き締まって硬いですが、火を入れるとたちまちホロリと崩れる性質を持っています。

きょうは、ブライムリーアップルを電子レンジでチンするだけの簡単レシピをご紹介いたします。

「ブライムリーアップルジャム」の作り方レシピ

ブライムリーアップル1個に対して、グラニュー糖を大さじ4~5杯でご紹介いたします。

ブライムリーアップルは、酸味が強いりんごです。たくさん砂糖を入れても酸味は残りますので、過度に入れず、大さじ4~5杯で爽やかさを楽しみましょう。

ブライムリーアップルのジャムの作り方

1.皮のまま、ブライムリーアップルを八等分して、芯を取り除きます。

2.グラニュー糖を振りかけて、ふんわりとラップして、電子レンジ(500ワット)で4分間加熱します。

3.電子レンジから取り出し、スプーンでなじませます。

4.もう一度ラップをかけて、電子レンジで2分間チンして出来上がりです!

作り方(写真付き)

1.皮のまま、ブライムリーアップルを八等分して、芯を取り除きます。

Bramleyapple (7)

2.グラニュー糖を振りかけて、ふんわりとラップして、電子レンジ(500ワット)で4分間加熱します。

Bramleyapple (8)

3.電子レンジから取り出し、スプーンでなじませます。4分チンしただけですが、果肉はとてもやわらかくほぐれます。

Bramleyapple (10)

4.もう一度ラップをかけて、電子レンジで2分間チンして出来上がりです!

Bramleyapple (11)

作り方のポイント

Bramleyapple (13)

ブライムリーアップルの皮は、加熱しても少し硬さがありますので、チンする前・チンした後に千切りにしてジャムに加えると良いですよ。

両方ためしてみましたが、「チンする前に皮を千切り」するほうがオススメです。なぜなら、チンした後に皮を取り出して千切りにすると、「とっても熱くて、千切りにしづらい」からです。

Bramleyapple (14)

皮の硬さが気になる方は、チンして取り除いてしまっても良いと思いますが、皮の香りが素晴らしいので、皮ごとジャムにしちゃいましょう。

Bramleyapple (18)

気になるジャムのお味は?

Bramleyapple (20)

ものすごく香りが高くて、お砂糖を入れただけとは思えない上品な味わいです。爽やかな酸味が、口いっぱいに広がります。

まさにヘブンリーで高級感にあふれる食味です。

これは毎年買わなければ!と、思わせる素晴らしいリンゴです。

ブラムリーアップルジャムの保存方法は?

お砂糖の量が少なめですので、長期間の保存が出来ません。冷蔵保存で1~2週間で食べ切りましょう。

鮮度と味は落ちるかもしれませんが、ゆっくり楽しみたいので、わが家は冷凍保存しています。

ブラムリーアップルジャムの美味しい食べ方

ヨーグルト

Bramleyapple (24)

爽やかな酸味のきいたブラムリーアップルジャムは、レモンやクエン酸を入れなくても美味しく作ることができます。

王道のヨーグルトと合わせると、たまらなく美味しいです。

アップルパイ

Bramleyapple,applepie

パイシートにジャムを載せて焼くだけで、極上のアップルパイの完成です。

まとめ

Bramleyapple (19)

日本初、長野県は小布施町から誕生した「ブライムリーアップル」をご紹介いたしました。

イギリスの生産率45%を誇る、まさにKing of appleの「ブライムリーアップル」を一度食べてみれば、その豊潤な香りと、爽やかな食味に魅了されること間違いありません。

販売時期が短いのが残念ですが、だからこそ価値がある素晴らしいりんごですね。お試しください。

ブライムリーアップルは楽天で購入することが出来ます。

詳細はこちらです → https://item.rakuten.co.jp

最後に、2019年10月に発生した台風19号における、長野県をはじめとする農家さんの甚大なる被害について、深くお見舞い申し上げます。

故郷の長野県をはじめとする災害に見舞われた地域が立ち直ることを、陰ながら支援し続けたいと思います。

[酸味の効いたリンゴの関連記事]

パンチが効いた酸味!ニュージーランドのりんご「コル」をご紹介します

コメント