スポンサーリンク

簡単!煎り大豆の作り方|鉄のフライパンを使うと1時間で作れます。

iri-daizu-hard8

鉄のフライパンを使った「煎り大豆の作り方」をご紹介いたします。

煎り大豆は、歯ごたえのあるハードなタイプ、サクっとしたソフトタイプなどがありますが、今回はポリポリと食べ応えがあって、大豆の味が一番感じられるハードタイプの作り方です。

鉄のフライパンを使うと、1時間で作ることができます。乾燥大豆に熱湯をかけて浸し、フライパンで煎るだけですので、おためしになってみてくださいね。

スポンサーリンク

鉄のフライパンで作る煎り大豆レシピ

iri-daizu-hard

材料

・乾燥大豆 適量
・熱湯 適量
・水 適量

おもに使う道具

・鉄のフライパン
・ふきん、手ぬぐいなど
・ボウル
・ザル

煎り大豆の作り方

1.乾燥大豆を水洗いします。

iri-daizu-hard2

乾燥大豆を水洗いして、ザルにふきんを敷き、大豆を入れます。

2.大豆に熱湯をかけます。

iri-daizu-hard3

ふきんで大豆を包み込み、熱湯をたっぷり回しかけます。

3.ふきんで包んだまま30分おきます。

iri-daizu-hard4

ふきんで包んだまま、30分おきます。これで大豆を蒸します。

4.大豆を鉄のフライパンで煎ります。

iri-daizu-hard5

大豆を鉄のフライパンに入れて、強火にかけてゆすり続けます。フライパンが重い場合は、菜ばしでカラカラと大豆を回します。

5.パチパチと音がし始めたら、火を弱めて15分

iri-daizu-hard6

大豆がパチパチと音がし始めたら弱火にして、10~15分ほど煎ります。最後に火を強めて、30秒~1分ほど深煎りします。

鉄のフライパンで煎る大豆は火の通りが良いので、5分ほど煎ったら味見をしてみてください。まだかたいようでしたら煎り続けます。

6.お皿に移して完成です!

iri-daizu-hard8

冷めると大豆は若干かたくなりますが、10~15分煎れば十分火が通っています。

煎り大豆を美味しく作るポイント

熱湯で蒸しおき

ハードタイプの煎り大豆を作る場合、水でひたすより、ふきんで包み熱湯で蒸しおきするのがオススメです。

30分ほど蒸せば、大豆を煎ってもガチガチにかたくなることはありません。

最初は強火から

鉄のフライパンの性質上、火にかけた当初はすぐに熱が伝わらないため、強火でスタートさせましょう。

温まった鉄のフライパンは本領を発揮し、焼きムラなく短時間で大豆を煎ることが出来ます。

乾燥大豆の賞味期限は?

農家の親戚に聞いたところ、乾燥大豆の賞味期限は、2年程度だそうです。

大豆は温度によってカビや虫が発生しやすくなりますので、光を遮断して涼しい場所で保管するのがオススメです。

ご家庭では、冷蔵庫の野菜室に入れておくと安心です。

まとめ

iri-daizu-hard7

鉄のフライパンを使った大豆の煎り方をご紹介いたしました。

乾燥した大豆を煎るのは時間がかかると思われがちですが、熱湯をかけたふきんで30分蒸して、鉄のフライパンを使えば1時間程度で完成します。

節分や、おやつ、お酒のおつまみにとても合いますので、おためしになってみてくださいね。

[フライパンの関連記事]

アカオ鉄フライパン10年使った感想。お手入れ簡単!一生モノ!

鉄のフライパン簡単お手入れ法「油ならし、焦付かない使い方・サビ対策」

ササラで楽ちん洗剤いらず!鉄フライパンのこびりつきのお手入れ方法

コメント