スポンサーリンク

さらばショーケン。萩原健一さんのバラクータの着こなしは最高だった

hirosaki castleショーケンにはよく遊んでもらった。

優しくて運動神経が良く、面倒見の良いお兄さんだった。

幼少期、埼玉県の与野に住んでいたわ私は、近所の年上のいとこ、Kちゃんの家によく遊びにいっていた。

Kちゃんの家のすぐ先に、魚屋があった。

ショーケンの家だ。

いとこのKちゃんの家に行くと、「ケーちゃんち(ショーケンのこと)に行きたいよ」と、せがんだ記憶が今でもある。

わたしは、ケーちゃんが大好きだった。

スポンサーリンク

テレビに映ったショーケン

「よく遊んでくれた、ケーちゃんよ。」

母に言われてテレビをみると、お兄さんが映っていた。

ショーケンは、テンプターズというグループの歌手になっていたのだ。

しかし私は、「あ、そうなんだ。」と思っただけだった。

なぜなら当時の私は、シカゴ、カーペンターズ、サイモン&ガーファンクルに夢中であり、テンプターズの、ローリングストーンズのようなグループサウンズは、どうしても興味がわかなかったからだ。

わたしの中から、ショーケンの存在は消えていた。

テンプターズには何となく縁があった

興味がなかったテンスターズだが、何となく縁があったのは確かである、

ショーケンは与野出身であったが、テンプターズのメンバーは基本、実家が大宮だった。

与野から大宮に引っ越しをした私は、近所の電気屋さんに電球や電池を買いに行ったものだった。

その電気屋こそ、テンプターズのメンバー、田中俊夫氏の家だったのだ。

幼かった私が、初めてお使いに行った店が、テンプターズのメンバーの家。

縁というものは、不思議である。

「太陽にほえろ!」のショーケン

テレビドラマの「太陽にほえろ!」は面白かったが、ショーケンのファッションに、興味を持つことはなかった。

マカロニ(ショーケンの役名)のファッションは、私にとって、いまいちだったからである。

マカロニは、当時流行っていた「JUN」チックのスタイルだった。

「JUNスタイル」は、ヨーロッパ調のウエストがシェイプされたジャケット、パンタロンのような末広がりのスラックス、胸がはだけた襟(えり)が大きいシャツ、ハイヒールであった。

ショーケンのファッションは、私のスタイルと正反対だったのだ。

当時のファッションは、JUN派とVAN派があり、世の中は、JUN派が圧倒的であったが、わたしは「VANスタイル」を貫いていた。

VANスタイルは、スーツのかたちが「ずん胴」で、ボタンダウンシャツが定番である。

今の若者は理解できないだろうが、VANスタイルの人間が、JUNを認めることは決してありえない世の中だったのだ。

それだけ、お互いのファッションに誇りをもっていたからだ。

太陽にほえろ!の時代は、すでにVANスタイルは落ちぶれてきていたのだが、わたしはどうしても、JUNを「認める」ことは、できなかったのだ。

「傷だらけの天使」のショーケンはイケていた

しかし数年後、「傷だらけの天使」というテレビドラマで、私はようやくショーケンを好きになった。

傷だらけの天使は、ハードボイルドなドラマだった。

深作欣二の暴力ありありの世界で、今はきっと放送できない内容かもしれない。

型破りで、道徳観念を突き破るストーリーであったものの、「傷だらけの天使」は正義感があったのだ。

悪い奴しかぶん殴らない。そこが、好きだった。

私に、革ジャンを教えてくれたのは、「傷だらけの天使」と、スティーブマックイーンである。

傷だらけの天使は、スパイダーズ・井上堯之氏のオープニングシーンが最高だった。

ソーセージやコンビーフを食べながら、牛乳をのむショーケン。

当時の男子高校生達はみな、ショーケンに惚れ込んだ。

Type A-2 leather flight jacket

Type A-2 leather flight jacket

BIGI

傷だらけの天使は、ファッションブランドと、スクリーンが初めて融合したドラマであった。

当時の日本は、ヨーロッパファッションと、アメリカファッションが混在していて、どのような服を着たらよいか、分からない時代だった。

「傷だらけの天使」のデザイナー・タケオキクチは、当時の時代を実によく捉えて(とらえて)いたと思う。

ショーケン

ショーケンのスタイルは、ヨーロッパ調だった。

・白く長いマフラー
・革ジャン
・バギーパンツ

当時友人は、バギーパンツを履いているヤツだらけだった。

水谷豊

私の妻が、相棒なんとかというテレビドラマに興じているのを見ていると、頭が痛くなってくる。

水谷豊は、一体どうしてしまったのだろう。

傷だらけの天使に出ていた水谷は、リーゼントのヤンキーファッションで、実にいい役に徹していたというのに。

ドラマで水谷がリーゼントにしていたのは、アメリカファッションの回帰だったのだろうと思う。

ショーケンと水谷豊。2人のファッションは、対極にあった。

ショーケンは、ヨーロッパスタイルで、水谷豊は、アメリカスタイル。

タケオキクチは、ドラマの中で2つのスタイルを、実にうまくに融合させていた。

坂口良子

傷だらけの天使にゲスト出演した坂口良子をみたとき、いとこのKちゃんのことを思い出した。

坂口良子の役は、ショーケンと幼なじみの設定で、しかもKちゃんと同じ名前であったのは、もしかしたらショーケンの計らいだったのではなかろうか。

少年だったショーケンは、幼なじみのKちゃんに、淡い恋心を抱いていたのだろうと、私は幼いながらに感じていたのだ。

短髪のショーケンはいなせだった「前略おふくろ様」

BARACUTA__SIZE44_BEIGE_NAVY UP

ショーケンは襟(えり)を強調して着ていた

このドラマで、ショーケンはケンさん(高倉健さん)の影響を受けていると感じた。

バラクータのネイビーブルースイングトップ、グレーのスラックス、そして下駄。

この時のショーケンは、最高に格好がよかった。

わたしが45年前に買った写真のネイビーブルーのスイングトップは、ショーケンの影響だ。

お金を一生懸命貯めて、ようやく買ったものだ。

前略おふくろ様で、短髪になったショーケンは、いなせになった。

わたしは、今まで見てきた日本の俳優で、ケンさん(高倉健さん)が最も格好が良い服装をしていたと思っているが、ショーケンも、同等に引き継いでいたとおもう。

BARACUTA_C-OS402_SIZE44B_BEIGE.

まとめ:さらばショーケン

BARACUTA__SIZE44_BEIGE_NAVY3-2

ショーケンは名優だった。

亡くなってから、このようなことを書くことに気が引けるが、今朝の訃報で、わたしの幼少期のころのこと、テレビドラマでみた時の思いが、よみがえってきたのだ。

それで、どうしても筆を執りたくなった。

彼は、わたしのことなど覚えていないだろうが、与野でよく遊んでくれた面倒見の良いお兄さんだったことに、変わりはない。

ショーケンよ。バラクータの着こなしを教えてくれて、ありがとう。

合掌

【紹介商品】

【関連記事】

春はベージュのコットンスーツを着よう。ジャケットから靴までのビジネストラッドファッション
...
革靴とは違うぞ|雨靴になれるリーガル社製「サドルシューズ」の手入れ方法
...
映画「アンタッチャブル」は男のファッションの原点
...

 

スポンサーリンク
夫のコラム
この記事を書いた人
kumami

元みゆき族のIVY小僧です。

スポンサーリンク
カジトラ

コメント