スポンサーリンク

IKEAの「使える」まな板2枚|オススメはファシネーラ&オストビット

ikea-cuttingboard

IKEAのまな板「FASCINERA(ファシネーラ・写真左)」と「OSTBIT(オストビット・写真右)」は、まな板としてはもちろん、料理をのせるお洒落なボードとして、ものすごく活躍しています。

IKEAの良いところは、お洒落なキッチングッズをリーズナブルな価格で買えることですね。

きょうは、わが家の愛用品、IKEAのまな板「FASCINERA」と「OSTBIT」の仕事ぶりを、ご紹介いたします。

スポンサーリンク

木目が楽しい!IKEA「FASCINERA」

IKEA_cutting board_FASCINERA(2)

まずはじめに、FASCINERAのレビューです。

FASCINERAのまな板は、同じのものがなく、唯一無二のデザインです。

木目がお洒落ですね。購入するとき、どれにしようか迷い、写真の2枚選びました。

1枚あたり、約1kgと結構な重量があります。

テーブルを豊かに!IKEA「FASCINERA」は、まな板とお皿が同時進行

IKEA_cutting board(roast beef)

木目選びを迷いにまよって購入したFASCINERAですが、これが思いのほか、大活躍しています。

「木の製品」って、マジックですね。

デザインがおしゃれなので、料理をのせただけで素敵になってしまうのです。

わが家は大いに、FASCINERAに助けられています(笑)

ちなみに、FASCINERAの大きさは、長さ: 52 cm、幅: 22 cm、厚さ: 1.8 cmで、横長タイプなので、たくさん盛り付けるときに便利です。

テーブルに置くと、いい感じに映えます。

焼いた肉をバンっとのせて、お客様にそのまま出しても、なんだか美味しそうに見えるのは、FACINERAのおかげです。

FACINERAの厚みは1.8 cmあるので安定しています。したがって、大きな肉もまな板としてガッツリ切れるのも嬉しいところ。

テーブルの上で肉を切るのって、いわゆるショータイムですよね。お客さまが喜んでくれる(ような気がします)。

テーブルで作業することは、来客のとき、ほんとに助かります。(親しい友人だったら、切ってもらえますし)。

まな板と、お皿が兼ねているFACINERAは、おもてなしをする側にとって、最強の助っ人になってくれますよ。

IKEA「FASCINERA」を初めて使うときにおこなうこと

初めて使うとき、FASINERAに食用油をうすく塗って、24時間なじませるよう説明書に書いてあります。

使いはじめに油塗りをやるのと、やらないのでは、のちのちの「もち」が、全然違うようです。

最初の1回だけの作業ですから、油をぬりましょうね。

IKEA「FASCINERA」の難点

IKEA_cutting board and stand2

長いので保管に気をつかうこと

FASCINERAの大きさは、長さ: 52 cm、幅: 22 cm、厚さ: 1.8 cm。重さは約1kgです。

長さがあるので、立てかけてるときに気を付けないと倒れてしまいます。

料理をのせる場合は、横長なので使い勝手が良いのですが、立てかける場合は、不安定になることがあるので注意が必要です。

本格的なまな板としては使っていない

IKEA_cutting board_FASCINERA2

FASCINERAは、端っこ(はしっこ)にゆくにつれて、細くなっている作りです。

わたしが不器用だからかもしれませんが、野菜などを、たくさん切る場合は、まな板からはみ出してしまいます。

したがってわが家は、お皿がわりとして、料理の盛りつけをメインとして使っています。

ビザや、サラダ、フルーツなどの盛り付けに、向いているいるかなと思います。

IKEA_cutting board(party2)

IKEA「OSTBIT」はちょこっと切りで活躍

IKEA_Cutting board_OSTBIT and okura

つづいて、OSTBITのレビューです。

取っ手が可愛いOSTBITの長さは42センチ。野菜をちょこっと切るのに重宝しています。

どちらかというと、わたしは、OSTBITのほうがよく使っています。ふだん使いにピッタリだからです。

立てかけているOSTBITの「取っ手」の部分を、パッと握って取り出すができますので、他のまな板より、使うひん度が高い理由はここにあります。

取っ手があるまな板は、使いやすいです。

また、野菜を切るほかに、パンを切ったり、時にはお刺身をこの上で切って、そのまま食卓へ運ぶことも。使い道はいろいろです。

IKEA_cutting board OSTBIT(radish)

お皿のかわりに使えてしまうのが、ほんとーに楽ちんです!そして、美味しそうに見えるのが、グッド。

大きすぎないので持ちやすく、ちょっと盛り付けるときに便利なOSTBIT。

表面がツルツルしているので、食べものが木目に入りこみにくいが特徴です。

お手入れは、亀の子たわしでゴシゴシこするだけなので、簡単です。

IKEA_cutting board(party)

IKEA「OSTBIT」の難点

IKEA_Cutting board_OSTBIT

表面がツルっとしていて木の色が白いので、包丁のキズが目立つことが難点です。

わが家は、まな板としてひんぱんに使うので、けっこうキズが入ってしまいました。

最初の頃はキズを気にして、サービングボードとしては不向きかなあと思っていました。

でも最近は、使い込んで味のあるOSTBITの「キズも味」に見えてきましたので、盛り付けを工夫してサービングボードとまな板の両方に使っています。

お手入れ楽ラク。IKEA「FASCINERA」と「OSTBIT」

IKEA_cutting board_FASCINERA3

普段のお手入れは、亀の子だわしでゴシゴシ洗っています。

肉などをのせて、油で汚れた場合は、洗剤を軽く付けて洗います。

まな板に限らずですが、キッチングッズは使ったら早めに洗わないとこびり付いたものが落ちづらくなってしまいますね。

食べものが落ちにくい場合は、「お湯」で洗うと、よく落ちます。

まとめ:IKEA「FASCINERA」&「OSTBIT」

IKEA_cutting board(yakiniku)

IKEAのキッチン用品は、お洒落でリーズナブル、そして、使いやすいのが良いですね。

「FASCINERA」と「OSTBIT」は、まな板と、サービングボードに使える二刀流です。

・お料理をのせる「サービングボード」
・まな板として使う

用途によって使い分ければ、この2種類はとても「使えるまな板」になります。

どちらも、想像以上に「いい仕事」をしてくれますので、使えるキッチングッズと太鼓判を押しています。

どうぞ、おためしください。

【紹介商品】
IKEA イケア FASCINERA:まな板52×22 cm マンゴー材

IKEA イケア OSTBIT サービングプレート42x16cm 竹材

コメント