スポンサーリンク

実験!パイナップルジャムの作り方|砂糖だけでトロトロになるか試してみました

pineapple-jam (1)

パイナップルジャムの作り方をご紹介いたします。

パイナップルは、ペクチンの含有量が少ないため、トロトロしたジャムになりにくいと言われています。

そこで今回は、砂糖(グラニュー糖)だけでジャム特有のトロミが出るかどうか実験を兼ねた作り方をご紹介いたします。

個人的には、果実がコロコロしているトロミのないジャムも好きなので、結果がどちらになってもOKとします(笑)。

スポンサーリンク

砂糖だけで作るパイナップルジャムのレシピ

材料

・パイナップル 1個
・グラニュー糖 皮と芯を除いたパイナップルの重さに対して50%の量

🍍 仕上げにレモン汁を入れると、発色が良くなりますのでお好みでどうぞ。

おもに使う道具

・土鍋または琺瑯鍋
・木べら
・ジャムを入れる容器(琺瑯、ガラス瓶など)

パイナップルジャムを作るにあたっての条件

・パイナップルの量に対して、グラニュー糖を50%の量にしました。
・パイナップルをグラニュー糖に漬ける時間を60分にしました。
・煮詰める時間を20分にしました。

作り方

1.パイナップルを切ります。

pineapple-jam

パイナップルの皮と芯を取り除き、適当な大きさに切ります。お好みで小さめに切っても構いません。

2.パイナップルの重さを測ります

pineapple-jam (3)

パイナップルの重さを測ります。今回は、435グラムでした。

3.グラニュー糖の量を測ります

pineapple-jam (4)

ジャムに使う砂糖の量は、果実の重さに対して40%以上です。パイナップルの酸味が強かったので、今回は50%の200グラムを使います。

4.果汁が出るまで60分おきます

pineapple-jam (5)

グラニュー糖をまぶし、60分おいて、ジュース(果汁)が出るのを待ちます。

pineapple-jam (6)

60分後には、果汁がたっぷりです。

5.中火で20分ほど煮詰めます

pineapple-jam (7)

鍋に火をかけて、中火で20分ほど煮詰めます。焦がさないように木べらで時々かきまぜます。アクが気になる場合は取り除きましょう。

写真は、火にかけて10分ほど経った様子です。まだトロミは付いていません。

🍍 火を止める直前にレモン汁を入れると、クエン酸の効果で発色が良くなります。

6.汁気がなくなる前に火を止めて容器に移します

pineapple-jam (9)

鍋の汁気がなくなる前に火を止めます。

琺瑯、煮沸消毒したガラス瓶などに移し、粗熱がとれたら、冷蔵庫(冷凍庫)で保存します。

実験結果:パイナップルジャムはトロミが付いた?

pineapple-jam (10)

粗熱がとれたジャムを味見してみました。

パイナップル特有の苦みもなく、美味しいジャムに仕上がりました。

pineapple-jam (9-1)

気になるトロミですが、まずまず付いていました。

しかしながら、「ザ・ジャム」のようなトロトロ感からは少しだけ離れていますね。

ジャムは、15~20分程度の短時間で煮詰めると、果実の香りを損なうことなく美味しく仕上がりますので、これ以上煮詰めないほうが良いかも。

このくらいの出来栄えでしたら、合格といったところでしょうか。

まとめ

pineapple-jam (8)

パイナップルジャムとグラニュー糖だけで作ったジャムの作り方を、実験を兼ねてご紹介いたしました。

🍍 パイナップルの重さに対してグラニュー糖を50%の分量
🍍 1時間おいて、果汁を出す
🍍 20分ほど中火で煮詰める

上記の条件で作ったところ、まずまずのトロミが付くことが判りました。

グラニュー糖は、お好みの量で調整されると良いかと思いますが、少ない量で作るとトロミ感がもっと無くなるかもしれません。

しかしながら、天然のフルーツと砂糖だけで作った手作りジャムの美味しさは格別ですので、お試しになってみてください。

[関連記事]

本格英国式!林望リンボウ先生のスコーンレシピ|外はサクサク中はシットリする美味しい作り方

コメント