スポンサーリンク

ピーマン栽培の後作に良い野菜は?空間を利用して生長促進!

pimento4

農学博士の木嶋利男先生が紹介されている、ピーマン栽培の後作に良い野菜をご案内いたします。

木嶋先生がおすすめされている栽培は、ピーマンの株元にできる空間を有効に利用し、比較的寒さに強いピーマンの特性を活かして育てます。

ピーマンの収穫量が落ちてきても苗を抜かずにそのまま翌年の1月頃まで植えておきますと、後作の野菜の生長促進になりますので参考になさってください。

スポンサーリンク

ピーマンの後作に良い野菜

wasabi breens

ピーマン栽培の後に植えると良い野菜

農学博士の木嶋利男は、ピーマンの後作野菜は、ダイコンやキャベツのような大きい野菜より、小ぶりのホウレンソウや玉レタスなどの葉物野菜が向いていますと述べられています。

分類 野菜
ヒユ科  ホウレンソウ
キク科  玉レタス
アブラナ科  ターツァイ
 タカナ
 ワサビナ

これらの野菜は寒さに強く、ピーマンの株元の空間スペースを使って育てます。

どの野菜も「深根タイプ」ですので、浅根タイプのピーマンと混植しても、競合を抑えることができます。

前作のピーマンがもたらすメリット

kanokoshi(3)

木嶋先生によりますと、ピーマンは同じナス科のナスより寒さに強く、強い霜にあたらなければ、翌年の1月まで葉が落ちることはなく、ピーマンの収穫も可能なのだそうです。

そこで、比較的寒さに強いホウレンソウや玉レタスを秋にまいて栽培します。

するとピーマンが冬の寒い風や霜よけになり、真冬にホウレソウや玉レタスを収穫することができます。

ホウレンソウ・玉レタスの栽培ポイント

Spinach,mix-leafy vegetables
ホウレンソウ

Jade lettuce
玉レタス

比較的寒さに強いピーマンは、翌年の1月頃まで葉っぱが付いています。

ピーマンの株元のスペースを利用してホウレンソウを栽培しますと、ピーマンの葉が、寒風よけや霜よけになります。

またホウレンソウは、12月頃になると葉がロゼット形(葉が放射状に地中から直接出ること)に広がりますので、ピーマンの株元の保温になります。

🌱 晩秋になってピーマンの収穫量が落ちてきても、葉を取り除かずに残しておくのがコツです。

🌱 寒い年は、ピーマンに寒冷紗や不織布をかけておきますと、ホウレンソウや玉レタスの防寒にもなります。

品種選び

ピーマン、ホウレンソウ、玉レタスの品種は何でもOKです。

ホウレンソウの栽培

sowing seeds (2)

1cm間隔の条まき
地域によって前後しますが、8月下旬~10月上旬までにピーマンの株元から25~30cmほど離して、1cm間隔の条まきします。

間引き
・本葉1枚で、株間3~4cmに間引き、
・草丈が5~6cmで株間6~8cmに間引きます。

玉レタスの苗の植え付け

地域によって前後しますが、8月下旬~10月上旬までにピーマンの株間などに25~30cmほど離して植え付けます。

追肥

ピーマン
11月までに2~3週間に1回ほど追肥します。ぼかし肥・鶏ふんなどを1握り株元施します。

ホウレンソウと玉レタス
ピーマンに与えた肥料でまかなえますので、個別の追肥は要りません。

収穫

ピーマン
1月頃になると枯れてきますが、それまで収穫することができます。

ホウレンソウ
2月上旬まで収穫することができます。

玉レタス
2月上旬まで収穫することができます。強い霜にあたると葉っぱが傷みますので、天候をみて寒冷紗などをベタがけしておくと良いでしょう。

ピーマンの代わりになる野菜

pepper2

ピーマンの代わりに、タイプが似ているシシトウ・トウガラシなどを使っても同様の効果があります。

まとめ

salad

農学博士の木嶋利男先生が紹介されている、ピーマンの後作に良い野菜「ホウレンソウ」「玉レタス」の栽培ポイントについてご案内いたしました。

当方は、木嶋先生が紹介されている栽培法で野菜を育てておりますが、いずれの方法も野菜それぞれの特性を活かし、無駄が少なく効率的であると感心しております。

比較的寒さに強いピーマンを、次の野菜に活かすことができる「リレー栽培」ですので、参考になさってください。

[参考文献]

スポンサーリンク
キッチンガーデンのこと野菜づくり
この記事を書いた人
カジトラ

関東在住の専業主婦です。
夫と二人暮らし。

家族の介護、某シンクタンクで馬車馬のように働き詰めだった日々に一区切りして、現在はコンパニオンプランツ栽培で野菜を育てています。

文明の利器を取り入れつつ、古き良きモノ・慣習を大事にしながら丁寧に暮らしてゆくことを目指しています。

スポンサーリンク
カジトラ