スポンサーリンク

塩レモンの作り方|長期間保存できる万能調味料です

DSC_0001 (2)

自宅で育てたレモンを収穫して、塩レモンを作りました。

塩レモンは、塩とカットしたレモンを交互に詰めて瓶に入れて保存する「レモンの漬け物」です。

もともと塩レモンは モロッコやフランスなどで使われている調味料で、日本のお味噌、醤油、料理酒のような位置づけなのだそうです。

長期間保存できる万能調味料「塩レモン」のわが家の作り方をご紹介いたしますので、参考になさってください。

スポンサーリンク

塩レモンの作り方

用意するもの

🍋  レモン(ワックスが付いていない国産の無農薬のもの)
🍋  塩(レモンの重さに対して20%の量)
🍋 煮沸消毒したフタ付きの瓶、琺瑯容器など

lemon,solty lemon (3)

瓶のフタが鉄製のものは、塩により腐食する場合がありますので、サビにくいものをお使いになってくださいね。

下準備

保存容器を煮沸消毒します

lemon,solty lemon (2)

長期間保存しますので、容器を煮沸消毒し 乾かしておきます。

塩の分量を量ります

レモンの重さに対して20%の塩を使います。

レモンを洗います

lemon-5

ヘタを取ったレモンを水に15分ほど浸け、しっかり洗って水分を拭き取ります。

水に浸ける理由は、レモンに付いているホコリや小さな虫などを取り除くためです。

作り方

1.レモンを切ります

lemon,solty lemon (5)

レモンを容器に詰めやすい大きさにカットします。輪切り、くし切りなどお好きな切り方で構いません。

わが家は、調理しやすいように みじん切りにしました。

2.塩➡レモン➡塩➡レモンの順に詰めます

lemon,solty lemon (7)

まず容器の底に塩を入れ、その上にカットしたレモンを詰め、その上に塩を入れる作業を繰り返します。

3.フタを閉めて完成です

lemon,solty lemon (8)

最後にレモンの上に塩をかぶせて、容器のフタを閉めれば完成です。

なお、熟成させるために冷蔵庫には入れずに、冷暗所(直射日光が当たらない場所)に置き、1日1回程度 容器を振って、なじませてくださいね。

塩レモンの食べ頃と保存方法

塩レモンの食べ頃

lemon,solty lemon (11)

1日1回程度容器を振り、レモン汁にとろみが付いてきましたら食べ頃です。

日にちが経つごとに熟成されて、美味しくなってゆきます。

保存方法

lemon,solty lemon (13)

熟成させてゆきますので、冷蔵庫に入れずに直射日光が当たらない涼しい場所で保存します。

長期間保存できる万能調味料

レモンの漬け物「塩レモン」

ご紹介した塩レモンのレシピは、果実の重さに対して20%分の量の塩を使っていますので、いわば「レモンの漬け物」です。

そのため1年以上 長期にわたって保存することが出来ます。

なお減塩されたい場合は、10%~15%の塩でも構いません。レモン汁にとろみが付いてきましたら、お早めにお目しがりください。

まとめ

lemon,solty lemon (14)

万能調味料「塩レモン」の作り方をご紹介いたしました。

わが家のレシピは塩分を多めに使っておりますので、長期間保存されたい方にオススメです。

マヨネーズに混ぜてフライのソースに、肉料理、魚料理、サラダなど幅広く使える調味料ですので、おためしになってみてくださいね。

[関連記事]

簡単!幅広く使える「レモンのはちみつ漬け」の作り方をご紹介いたします

スポンサーリンク
調味料のレシピ食のこと
この記事を書いた人
カジトラ

関東在住の専業主婦です。
夫と二人暮らし。

家族の介護、某シンクタンクで馬車馬のように働き詰めだった日々に一区切りして、現在はコンパニオンプランツ栽培で野菜を育てています。

文明の利器を取り入れつつ、古き良きモノ・慣習を大事にしながら丁寧に暮らしてゆくことを目指しています。

スポンサーリンク
カジトラ