スポンサーリンク

簡単で美味しい!「壺ニラ」作り方|無駄なしまかない道場さんのレシピ

tsubo-nira (12)

ラーメン、焼肉、餃子のタレ、ごはんのお供にぴったりの「壺ニラ」の作り方をご紹介いたします。

こちらは料理担当の夫が参考にしています youtube「無駄なしまかない道場」さんのレシピです。

作り方は、合わせた調味料にニラを入れて、3時間以上漬けるだけ。

とても簡単ですが、大変おいしい壺ニラですので おためしになってみてください。

スポンサーリンク

無駄なしまかない道場さんレシピ「壺ニラ」の作り方

tsubo-nira (1)

材料

ニラ 1把 (わ)

[合わせタレ]

・豆板醤 大さじ1
・一味唐辛子 適量
・ごま油 大さじ1
・しょうゆ 大さじ1
・白ごま 適量
・みりん 少々
・お酢 少々
・ニンニク 2かけ(すりおろし)
・鶏がらスープの素 少々

・塩 1つまみ(ニラを袋に入れる時に入れます)

引用 youtube 「無駄なしまかない道場」

おもに使う道具

・ボウル
・ジップ式の袋

作り方

合わせ調味料を混ぜます。

ボウルに塩以外の調味料を入れ混ぜます。

tsubo-nira (2)

ニラを切り、ジップ式の袋に入れます

ニラを3cm幅に切り、ジップ式の袋に入れます。

tsubo-nira (3)

合わせ調味料を袋に入れます

ニラを入れたジップ式の袋に、合わせ調味料を注ぎます。

tsubo-nira (4)

最後に塩を一つまみ

最後に塩を一つまみ振りかけ、合わせ調味料とニラを軽くなじませて、袋の口を開けたままクルクル巻いてゆきます。

下の写真の塩の量は少し多すぎです。

tsubo-nira (5)

tsubo-nira (6) tsubo-nira (7)

空気を抜いて冷蔵庫で3時間

空気を抜きながら袋を巻き終わりましたらチャックを閉め、冷蔵庫で3時間以上漬けて完成です。

無駄なしまかない道場さんでは1日後にラーメンと召し上がっていました。

tsubo-nira (8)

壺ニラを美味しく作るポイント

tsubo-nira (10)

壺ニラを美味しく作る2つのポイントです。

塩は最後に

tsubo-nira (5)

無駄なしまかない道場さんでは、塩を合わせ調味料に加えず 直接ニラに振りかけて作られていました。

これは漬物を作る時に、野菜を塩もみするイメージですね。

先にニラに塩もみしておいても良いのでしょうが、このあたりが、無駄なしまかない道場さんらしい作り方で手間ひまをかけません。

塩もみの下準備を見事に割愛されていますが(笑)、大事なポイントはしっかり抑えておられます。

空気を抜いて漬け込みます

tsubo-nira (7)

空気を抜いてニラを漬けこむ理由は、合わせ調味料を早くしみ込ませるためです。

ほぼ真空状態になった袋の中の空気は、外の大気の圧力よりも小さくなります(減圧されます)。

この状態になったニラは合わせ調味料が短時間で しみわたります。

まとめ

tsubo-nira (11)

簡単で美味しい「壺ニラ」の作り方レシピをご紹介いたしました。

わが家は夫が料理をよく作ってくれますが、彼は「無駄なしまかない道場」さんを観て料理を学んでいるようです。

夫の勉強中に(youtube視聴中に)私も時々 観ますが、大変ユニークな語り口調で思わずフフフと笑ってしまいますが、いかに自分の頭がガチガチで杓子定規であることを感じます(笑)。

簡単で美味しい「壺ニラ」は、ラーメン、焼肉、餃子のタレ、ごはんのお供におすすですので、おためしになってみてくださいね。

[参考サイト]
一般社団法人日本植物生理学会「キュウリからでる空気」

[引用 youtube 無駄なしまかない道場]

「ニラが進む君」(壺ニラ)作り方

 

コメント