スポンサーリンク

ふわふわ食感!つくねの作り方レシピ|照り焼きのタレも絶品です

tsukune (46)

つくねの作り方レシピをご紹介いたします。

わが家のつくねは分厚くてふわふわ食感です。

料理担当はわが夫。鶏肉と豚肉をミックスしてうま味とコクを出すのがポイントです。

照り焼きのタレも絶品ですので、わが家の「男の料理」をおためしになってみてください。

スポンサーリンク

ふわふわ食感!つくねの作り方レシピ

tsukune (13)

つくねの材料(10cm 5~6個分)

わが家は肉をフードプロセッサーでひき肉にしていますので、上の写真は普通の肉でご紹介しております。

・鶏ひき肉 200g
・豚ひき肉 200g
[肉に入れる材料]
・長ネギ 1本
・塩 少々
・塩コショウ 少々
・しょうが(すりおろし)1かけ分
・にんにく 1片
・鶏ガラスープの素 少々
・卵の白身 1個分(黄身はつくねに付けます)
・マヨネーズ 一回し分

照り焼きのたれの材料

tsukune (32)
[照り焼きのたれ]
・みりん 大さじ6杯
・しょうゆ 大さじ3杯
・鶏ガラスープの素 少々
※すべて小皿に入れて合わせておきます。
照り焼きのたれの調味料は、つくね5~6個分の量ですので、焼く数量に合わせて調整してくださいね。

作り方

長ネギをみじん切りにします

tsukune (17)

鶏肉+豚肉+塩少々 よくこねます

ボウルに鶏肉と豚肉と塩を少々入れて、肉が白っぽくなるまで手でよくこねます。

塩を入れてこねますと、肉のタンパク質が溶けて粘りをが出ます。

tsukune (1)

長ネギ+調味料を加えてさらにこねます

長ネギ、調味料(塩コショウ・しょうが・にんにく・卵の白身・鶏がらスープの素・マヨネーズ)を加えてさらによくこねます。

tsukune (27)

卵の白身のみ入れます。黄身はつくねに付けていただきます。

tsukune (29)

マヨネーズをひと回し。これを入れますと一味違います。

tsukune (30)

tsukune (35)

粘りが出て白っぽくなるまでしっかりこねます。

ハンバーグのように成形します

具材をハンバーグのように成形します。

野球のボールをグローブに投げるようにパチンパチンと空気を抜くのがポイントです。

tsukune (31)

BRAWN_MULTIQUICK_MQ738 (22)

フライパンで片面7分ずつ焼きます

フライパンに油を大さじ1杯(分量外)入れてフタをし、超とろ火で表7分、裏7分ずつ焼きます。

tsukune (39)

tsukune (40)

下の写真は表の面を7分焼いたもので、手前のつくねはひっくり返しています。超とろ火で焼きますので焦げる心配はありません。

tsukune (41)

ひっくり返したらフタをして、さらに7分超とろ火で焼きます。

両面を焼いたら、照り焼きのたれを入れてからめます

合わせておいたタレ(しょうゆ、みりん、鶏がらスープの素)をフライパンに入れて沸騰させます。

火が強すぎますとタレが焦げ付きますので、弱火でからめましょう。

tsukune (42)

tsukune (43)

タレをつくねの両面にからめましたら、出来上がりです。

卵の黄身を付けてお召し上がりください。お好みで七味唐辛子を振りかけますと美味しくなります。

tsukune (46)

つくねを美味しく作るポイント

tsukune (44)

豚肉を入れてコクとうま味をUP!

鶏肉だけで作るつくねは、あっさりした味わいになります。

豚肉をプラスすることによって、コクとうま味がアップしますのでおためしになってみてください。

今回のレシピは、鶏肉と豚肉を1対1にてご案内いたしましたが、豚肉を少なめにして作っていただいてももちろん構いません。

塩でよくこねて肉汁をとじめてジューシーふわふわ食感に

鶏肉と豚肉こねる時に塩を少々入れますと、肉のタンパク質が溶けて強い粘りが出ます。

これにより肉汁が閉じ込められて、ジューシーでふわふわな焼き上がりになります。

他の調味料を入れる前に、まずは塩だけで肉が白っぽくなるまでこねてくださいね。

マヨネーズの役割がポイント

マヨネーズをひと回し入れますと「つなぎ」の役目になり、より美味しくなります。

まとめ

 

tsukune (45)

鶏肉と豚肉でつくる「つくねのレシピ」をご紹介いたしました。

豚肉を入れることにより、コクとうま味が増し、塩でしっかりこねて粘りを出しますと、ふわふわ食感の美味しいつくねになりますので、おためしになってみてください。

[照り焼きの関連記事]

使う油は0|鉄フライパンで照り焼きチキンを皮パリパリに焼く秘訣

コメント