スポンサーリンク

超簡単で臭くない「へちまたわし」の作り方。煮なくてもあっという間に完成です

hechima (3)

わが家の「へちまたわし」の作り方は、とても簡単です。

一般的にへちまたわしの作り方は、「水に漬けて、煮て、皮をむいて・・・」と、時間がかかりますが、わが家のレシピは「乾燥させて、皮をむくだけ」です。

このやり方は 種を来年も使うことが出来ますのでとってもお得です。

この方法が世の中に浸透して、天然のスポンジ「へちまたわし」を使う方が多くなるといいナと願っております。

それでは、カジトラ流の超簡単「へちまたわしの作り方」をご紹介いたします。

スポンサーリンク

超簡単!「へちまたわし」の作り方

へちまの収穫時期

へちまの実が茶色くなって枯れてきたかな?という状態になってきましたら、収穫しましょう。

成長途中の青々したへちまを収穫しますと、繊維の形成が未熟で 皮も厚く、水分を大量に含んでいるため 皮を剥くのが困難です。

へちまたわしの作り方

茶色く枯れたへちまを収穫して、数日間、乾燥(放置)させます。

hechima (0)

わが家は、雨に濡れるのを避けるため、収穫してから室内で乾燥させています。

日が経つごとに、へちまの皮がどんどん茶色になって、カサカサしてくるのを待ちます。

へちまの軸をちぎって、種を取り出します。

hechima (1)

このあと皮をベリベリ剥いてゆきますが、その時に種が出てきますので、この段階で無理に取り出さなくても大丈夫です。

大きい紙の上で、へちまの皮を剥きます。

hechima (4)

へちまが乾燥していますので、手で簡単に皮を向くことが出来ます。

ちぎった軸の口をトントン叩くと種が出てきます。

種を無理に取り出そうとしますと、へちまの繊維が破れてしまいますので、取り出せない種は・・・。いつか出てくるまで待ちましょう(笑)。

皮を剥いて完成です!

hechima (5)

色が気になる場合は漂白する方法もありますが、この程度であれば十分ではないでしょうか。

薬品などを使わず、出来るだけナチュラルに使いたいですね。

「へちまたわし」を簡単に作る最大のポイント

hechima

へちまたわしを簡単に作るポイントは「収穫時期」です。

十分に育ったへちまは 自ら水分を吸収しなくなり、終わりをむかえます。すると自然に皮が乾燥しはじめ、茶色になってきます。

このタイミングに収穫しましょう。

上の写真のように青々しているへちまは、成長途中のため、皮も厚く水分がたっぷり含まれていますので、たわし作りの時期に適しません。

気になるヘチマのニオイは?

この方法で作りますと、まったく臭くなりません。無臭です。

その理由は、枯れて乾燥させたことにより「果実部分」がないためです。へちまたわしが臭いと言われているのは、「果実の腐敗臭」なのです。

来年用の種も収穫できます

hechima (3)

ご紹介している方法でへちまたわしを作りますと、種も乾燥した状態で取り出すことができますで、来年用のストックになります。

へちまを煮出して皮をむく方法は種も煮ることになりますので、種をまいても芽が出ないでしょう。

来年のご参考に:ヘチマは長ネギと一緒に栽培すると病気の予防になります

hechima (7)

ヘチマと長ネギを一緒に栽培しますと、ヘチマの病気を予防することが出来ます。

プランターでも地植えでも効果がありますので、おためしになってみてください。

混植した長ネギはもちろん収穫して食べることが出来ますので、オススメの栽培法です。

余談になりますが、ヘチマと同じ科のキュウリ、ゴーヤなどを長ネギと一緒に育てますと、同様に病害虫の予防になります。

まとめ

hechima (5)

いかがでしたでしょうか。「へちまたわし」の作り方は、実はとても簡単であることをおわかりいただけたかと思います。

へちまが枯れてきたら収穫して、完全に乾燥するまで放置しておくだけで、簡単に皮をはがすことが出来ます。

収穫のタイミングさえ間違えなければ、超簡単に「へちまたわし」を作ることが出来ますので、おためしになってみてくださいね。

[へちま栽培 関連記事]

ヘチマをネギと一緒に栽培しましょう!コンパニオンプランツで病気予防効果!

スポンサーリンク
暮らしのこと
この記事を書いた人
カジトラ

良いモノを長く大事に使ってゆく生活を目指しています。

スポンサーリンク
カジトラ

コメント