スポンサーリンク

使い勝手抜群!ブラウンマルチクイック7「MQ738」ハンドブレンダー

braun1

ブラウンのハンドブレンダー、マルチクイック7(MQ738)を購入いたしました。

「1台で7役」の機能がある、使い勝手が抜群と口コミでも高い評価を誇るハンドミキサーです。

わが家はコーヒー豆を挽くためにオンボロミキサーを長年使っていましたが、とうとうフタ(プラスチック製のフタ)がメリメリと裂けて使えなくなってしまい、泣く泣く廃棄しました。

機械(メカ)に弱い私でも使える高性能なミキサーかハンドブレンダーはないかしらと探していたところ、機械メーカー(本品とは関係ありません)に勤める夫に、精密機器で定評のあるドイツの老舗メーカー「ブラウン」が良いよとアドバイスされました。(夫はブラウン愛好家です)

ブラウンのハンドブレンダーマルチクイック7(MQ738)は、7つの機能があります。

1.スムージー、離乳食、ポタージュなど
2.泡立て(生クリーム、卵白の泡立て)
3.挽く(コーヒー豆、スパイスなど)
4.みじん切り(肉、チーズ、玉ねぎ、ハーブ、ナッツ類など)
5.こねる(ひき肉、魚のすり身、野菜のみじん切り、パン粉など)
6.スライス(野菜などのスライスや、せん切り)
7.生地を混ぜる(パンケーキの生地、ケーキの生地)

オンボロミキサーを処分してから数日間、兎にも角にも豆を挽いて一刻も早くコーヒーを飲みたかった私は、まずは「挽く機能」を使ってみましたのでご参考になさってください。

本記事がレバレジーズ株式会社さんが運営されているサイト「読めば介護士さんも取り入れたくなる!キッチン家電の実機レビューまとめ」に掲載されました。
きらッコノート|介護をもっと好きになる情報サイト
「きらッコノート」は現在介護の仕事をして...
スポンサーリンク

挽く機能「スパイスグラインダー:ブラウンマルチクイック7(MQ738)」

braun1

ブラウンマルチクイック7(MQ738)の本体パッケージです。

わたしが一番使いたい「挽く」写真が載っています。どれだけ使い勝手が抜群なのか期待が膨らみます。

この章ではスパイスグラインダーの組み立て方、コーヒー豆を挽いた感想をご紹介いたします。

スパイスグラインダーを使ってコーヒー豆を挽いてみました

coffee (1)

コーヒー豆を挽くのに使用する部品は、写真の4つです。

1.本体
2.スパイスボウル(写真右上のカップ)
3.ふた
4.カッター

簡単!部品の取り付け方法

機械(メカ)に弱い私でも、部品を簡単に取り付けることが出来ました。

1.スパイスボウルにカッターを差し込んで取り付けます。

coffee (5)

カッターをスパイスボウルの中央のピン部分に差し込み、奥までしっかりと回しながら押し込みます。

けがのもとになりますので、刃に直接触れないようにしましょう

2.コーヒー豆を入れます。

coffee (6)

coffee (8)

スパイスボウルにコーヒー豆を入れます。豆の量は 最大60グラムです。

コーヒー豆は一杯あたり10グラムですので、1回で挽ける量は 約6杯分ですね。

3.フタを載せます

coffee (9)

スパイスボウルとフタの両方に平らな面がありますので、両方を合わせてフタをします。

coffee (10)

平らな面があるとは知らずに、ふたをするのに苦戦しました(苦笑)。

スパイスボウルの内側のmaxマーク以上に、豆を入れないようにしましょう。

4.本体を取り付けて、コンセントに差し込みます

coffee (12)

4-1. まず本体を、本体接続部にカチっとロックされるまで差し込みます。

4-2. そのあとに、電源プラグをコンセントに差し込みます。

本体をひねったり、引っ張ったりして、本体接続部から外れないことを確認しましょう。

5.スイッチロックを解除します

coffee (13)

5-1. 電源プラグをコンセントに差し込むと、パイロットランプが赤く点滅します。

5-2. スイッチ解除ボタンを押し続けると、パイロットランプが緑に点灯(5秒以内)しますので、その間にスマートスピードスイッチを押すと、刃が回転します。(6.でもご説明します)

初めて使うときは、輸送用保護材を取り外してからスイッチ解除ボタンを押します。
braun0

6.スマートスピードスイッチを押すと作動します

coffee (15)

スイッチ解除ボタンを押し続けると、パイロットランプが緑に点灯(5秒以内)しますので、その間にスマートスピードスイッチを押すと、刃が回転します。

coffee (14)

スマートスピードスイッチを押すと、刃が回転します。

運転時間はたったの20秒です! あっという間に挽くことができました。

スイッチを押す強さ(加減)で、回転速度を3段階に調整することができます。コーヒー豆のスイッチは「強」です。

7.電源プラグをコンセントから抜きます

作業が終わったら、まずは電源プラグをコンセントから抜きます。電源プラグを入れたまま本体を取り外さない様に気を付けましょう。

8.本体のリリースボタンを押しながら、本体を取り外します

coffee (16)

本体リリースボタンは、本体の両サイド(2か所)に付いています。

9.ふたを外して、カッターを取り出します。

coffee (17)

coffee (18)

カッターを取り付けたまま、挽いた豆を容器に移さないようにしましょう。

10.容器に移して、出来上がりです

coffee (21)

実を言いますと、使ってみるまでブラウンマルチクイック7の威力を疑っていたので、5秒ほど長めに挽いたところ、少し粉っぽくなってしまいました。

コーヒー豆は取扱説明書どおり「20秒で充分」ということが分かりました。上の写真は20秒挽いたものです。

みじん切り機能「チョッパー:ブラウンマルチクイック7(MQ738)」

ブラウンマルチクイックMQ738は、みじん切りの機能も付いています。

肉、チーズ、玉ねぎ、にんにく、ハーブ、にんじん、ナッツ類などを細かくすることが出来ます。

今回はドレッシング用に玉ねぎとニンニクをみじん切り(すりおろし)にしてみました。

チョッパーの組み立て方も簡単です

brown-MQ738 (1)

食材をすりおろす部品は本体とチョッパーです。シンプルな仕様ですので、簡単に組み立てることが出来ました。

輸送用カバーを外します

輸送用の透明カバーを取り外します。カッターの刃が鋭いので取り扱いに気を付けましょう。

brown-MQ738 (2)

カッターをボウルの中央に差し込みます

カッターをチョッパーボウルの中央のピンの部分に差し込んで、奥までしっかりと回しながら押し込みます。

brown-MQ738 (3)

タマネギを入れます

タマネギを8等分に切ってボウルに入れます。今回はニンニクも一緒に入れました。ニンニクは切らずに1片のままですりおろすことが出来ます。

brown-MQ738 (4)

フタと取り付けます

ボウルにフタをのせて、2㎝ほど回してしめます。

brown-MQ738 (6-1)

本体をチョッパーの本体接続部に差し込みます

カチっとロックされるまで差し込みます。

brown-MQ738 (9)

電源プラグをコンセントに差し込んでスイッチオン

まずスイッチ解除ボタンを押して、

brown-MQ738 (10)

スイッチを押します。

brown-MQ738 (11)

タマネギのすりおろしが15秒で完了しました!

15秒であっという間にタマネギをすりおろすことが出来ました。驚異的な粉砕力です。

brown-MQ738 (12)

brown-MQ738 (15)

取り外しも簡単です

電源プラグをコンセントから抜いて、本体のリリースボタンを押しながら取り外します。

brown-MQ738 (13)

brown-MQ738 (14)

挽き肉も30秒で完成です

鶏肉を1cm角に切ってボウルに入れてスイッチオン。

30秒でひき肉にすることが出来ました。今後ひき肉を買う必要はなさそうです。

BRAWN_MULTIQUICK_MQ738 (9)

BRAWN_MULTIQUICK_MQ738 (22)

つくねにしました。

泡立て機能「ブラウンマルチクイック7(MQ738)」

BRAUN-MULTIQUICK MQ738 (1)

MQ738は泡立て器ワイヤーも付いていますので、生クリーム、卵白の泡立て、ケーキの材料を混ぜることが出来ます。

組み立て方

泡立て器ワイヤー部を泡立て器接続部に差し込みます

BRAUN-MULTIQUICK MQ738 (2)

本体を泡立て器接続部に差し込みます

本体を泡立て器接続部にカチっとロックするまで差し込んで、取り付け終了です。

BRAUN-MULTIQUICK MQ738 (4)

スイッチで強さを調整できます

緑のスイッチで、強さを調整することが出来るためとても便利です。

BRAUN-MULTIQUICK MQ738 (6)

BRAUN-MULTIQUICK MQ738 (5)

チーズケーキの材料もクリーミーに混ぜることが出来ました。

気になるお手入れは?「ブラウンマルチクイック7(MQ738)」

コーヒー豆

coffee (19)

コーヒー豆を容器に移したあとの状態です。

5秒ぐらい長く挽いてしまったので、パウダー状のコーヒー豆が付着しています。ちょっと洗うのが面倒くさいな・・・と思いながら、水洗いをしました。

coffee (20)

あっさり水洗いが出来ました。

部品を分解することができますので、汚れ部分を残さずにキレイにお手入れ出来ました

タマネギのすりおろし

brown-MQ738 (16)

シンプルな作りのため、タマネギが部品のすき間に入りこむこともなく、簡単な水洗いでお手入れが出来ました。

使ってみた感想「ブラウンマルチクイック7(MQ738)」

ブラウンマルチクイック7(MQ738)を使ってみた感想です。

コーヒー豆
・取り付けが作業が、思ったよりも簡単にできました。
・あっという間にコーヒー豆を挽くことが出来たので驚きました!
・お手入れがとってもラクでした。部品を分解できるので、汚れを残すことなく、すっきり水洗いができました。

タマネギのすりおろし
・カッターを付けてフタをしめるだけですので、取り付けの作業がとても簡単でした。
・15秒でタマネギを粉砕することが出来ました。
・部品のすき間にタマネギが入りこむことなく、きれいに水洗いできました。

ひき肉
・肉を1cm角に切る必要はありますが、30秒でひき肉にすることが出来ました。ひき肉を買う必要がなくなりそうです。

泡立て機能
・スイッチで強弱を付けることができるため便利です。
・パワーがあるので食材の飛び散りを防ぐため、大きめのボウルを使うと良いですね。
・食材を短時間でなめらかにすることが出来ますので、スイーツ作りにぴったりです。

スパイスグラインダーを使ったレシピ

スパイスグラインダーを使っていろいろ作っています。作り方につきましては、本ページの最後にリンクを貼っておきます。

柚子胡椒も簡単です

柚子の皮と唐辛子で「柚子胡椒」を作ってみたところ、30秒もかからないうちにあっという間にできました。

citron12 citron13 citron10 citron11

ピーナツバターも30秒で完成

バターを入れなくてもピーナツから出る油だけでクリーミーなピーナツバターを作ることが出来ました。その時間はなんと30秒です。

braun-peanutbutter 10 braun-peanutbutter 6 braun-peanutbutter

担々麺がわが家のメニューの仲間入り!

pasted-sesame-brawn (5)

スパイスグラインダーで、すりゴマが一番時間がかかりました。といっても2~3分ほどでしたが(笑)。

市販の練りごまは意外にお高いですね。グラインダーを使いますと、香ばしい練りごまも簡単です。

グラインダーの内側がスルスルしていますので、練りゴマが無駄なくきれいに取り除くことができ、お手入れも楽でした。

これで担々麺がわが家のメニューに加わりました。

pasted-sesame-brawn (4) pasted-sesame-brawn (3) TANTAN-noodle

泡立て機能を使ったレシピ

チーズケーキもなめらかに

材料を入れて泡立て器で混ぜるだけで、クリーミーなチーズケーキの完成です。

noda-enamel-bakedcheesecake (2)

noda-enamel-bakedcheesecake (4)

noda-enamel-bakedcheesecake (11)

アイスクリームも簡単です

strawberry-cheeseicecream-recipe (13)

食材を順番に入れて混ぜるだけで、なめらかなアイスクリームを作ることが出来ます。

プリンも材料を混ぜるだけ

enamel-caramel-pudding (29)

高性能の泡立てで、なめらかなプリンも簡単です。

ロールケーキもふわふわです

strawberry-rollcake (11) strawberry-rollcake (36)

手元のスイッチで高速の泡立てができますので、スポンジケーキもフワフワです。

まとめ

noda-enamel-bakedcheesecake (12)

ブラウンマルチクイック7(MQ738)は、想像以上に使い勝手が抜群で、大変重宝しています。

20秒であっという間にコーヒー豆を挽くことができ、タマネギのすりおろしは15秒で完了しました。

「1台で7役」の機能がある「ブラウンマルチクイック7(MQ738)について、随時レビューを更新いたしますので、ご参考にしていただければ幸いです。

[ご紹介商品]

ブラウン ハンドブレンダー ブラック/シルバーBRAUN マルチクイック7 MQ738
ブラウン(BRAUN)

[柚子胡椒の作り方レシピ]
ミルで混ぜるだけ!「完熟柚子胡椒の作り方」青唐辛子・赤唐辛子の両方美味しい!

[ピーナツバターの作り方レシピ]
砂糖なしで薄皮も使うピーナツバターの作り方|落花生だけでクリーミーになる秘訣

[チーズケーキの作り方レシピ]
野田琺瑯で作る「ベイクドチーズケーキ」作り方レシピ|レモンと生クリームなしでも美味しい!

[いちごのチーズアイスクリーム作り方レシピ]
混ぜるだけで簡単!いちごのチーズアイスクリーム|野田琺瑯で作る美味しいレシピ

[プリンの作り方レシピ]
琺瑯バットで作る焼きプリン|生クリームなしでも濃厚!中川たまさんレシピ

[苺のロールケーキレシピ]
琺瑯バットで作る「いちごのミニロールケーキ」|飯塚有紀子さんレシピ

コメント