スポンサーリンク

極うま万能だれ!オザワエイコさんレシピ「焼肉のたれ」

ozawaeiko-yakinikunotare (3)

調味料研究家 オザワエイコさんの著書「だからつくる調味料」の、焼肉のたれレシピをご紹介いたします。

お家にある調味料で、こんなに美味しく作れるの!?という、極うまの万能だれです。

作り方は「混ぜるだけ」で、調理時間は10分と大変お手軽です。

どうぞおためしください。

スポンサーリンク

オザワエイコさんレシピ「焼肉のたれ」

材料(2~3人分)

・しょうゆ 大さじ2
・酒 大さじ1/2
・みりん 大さじ1/2
・砂糖 小さじ1
・りんご(すりおろし)大さじ1
・七味唐辛子 小さじ1/2
・コチュジャン 小さじ1
・にんにく(すりおろし)小さじ1
・しょうが(すりおろし)小さじ1
・タマネギ(すりおろし)小さじ1
・長ネギ(みじん切り)小さじ1
・白ゴマ 小さじ1
・ゴマ油 大さじ1
・レモン汁 小さじ1
※ オザワエイコ著「だからつくる調味料」P112より引用

つくり方

ozawaeiko-yakinikunotare (1)

すべての材料を鍋に入れて混ぜ、さっと煮ると、まろやかな味に仕上がります。そのまま混ぜ合わせるだけでもOKです。

「煮る」と「混ぜるだけ」どちらが美味しい?

ozawaeiko-yakinikunotare (2)

「煮る」と「混ぜるだけ」の両方を作ってみたところ、個人的には「混ぜるだけ」が好みでした。

オザワエイコさんのレシピ本に、さっと煮るとまろやかな味に仕上がると書いてありますが、確かにその通り!

加熱することによって、たまねぎやリンゴの甘さが増して、マイルドな味になりました。

わたしは、ニンニクのハード(ワイルド)さと、レモン汁のフレッシュさを直球で味わいたいので、「混ぜるだけのタレ」のほうが好みです。

オザワエイコさんの「焼肉のたれ」保存期間について

ozawaeiko-yakinikunotare (3)

保存期間は、冷蔵で1週間です。

わが家はタレが残ったら、冷凍保存しています。

余談になりますが、保存容器は「野田琺瑯 ホワイトシリーズ」がオススメです。これに入れて冷凍保存をしておくと、次に使う時に「直火で解凍」できるので、2回目の焼肉のタレは、おのずと加熱タイプになります。

野田琺瑯のホワイトシリーズは使い勝手の良い容器です。別の記事に詳しく書きましたので、ご参考になさってください。

オザワエイコさんレシピ「焼肉のたれ」はステーキにも合います

ozawaeiko-yakinikunotare (4)

オザワエイコさんのレシピ「焼肉のたれ」は、厚切りステーキも抜群の相性です。どうぞおためしください。

まとめ

ozawaeiko-yakinikunotare (5)

調味料研究家のオザワエイコさんのレシピ「焼肉のたれ」をご紹介いたしました。

「すべての材料を混ぜるだけ」ですので、とっても簡単ですが、極うまの焼肉のたれです。

このレシピさえあれば、もうスーパーマーケットの焼肉のたれは要りません。どうぞ、お試しください。

[紹介本] 

created by Rinker
¥1,650 (2020/10/21 13:21:38時点 Amazon調べ-詳細)
4893096141

 

コメント