スポンサーリンク

小さいイモでも栽培できる!切らずに植える「ジャガイモの丸ごと植え」

potato-107 (★)

農学博士の木嶋利男先生が紹介されている、小さな種イモを切らずに植える「ジャガイモの丸ごと植え」ついてご案内いたします。

この栽培は、小さいイモならではのメリットを活かした方法ですので、参考になさってください。

スポンサーリンク

小さいイモでも栽培できる!切らずに植える「ジャガイモの丸ごと植え」

種芋に適したジャガイモの重さ

potatoes (5)

農学博士の木嶋利男先生によりますと、ジャガイモの種芋は、1個あたり50~60gほどの重さのものが栽培に適しています。

木嶋先生は、1個あたり100g以上もある種芋の場合は、半分にカットして植え付ける方法も紹介されていますが、小さい種芋の場合は、丸ごと植え付けることをおすすめされています。

ジャガイモを丸ごと植えるのに適した条件

potatoes (4)

🥔 1個あたり50~60グラムの小さなイモ

🥔 秋植えする場合(一般地で9月上旬植え、11月~12月に収穫)

ジャガイモを丸ごと植えるメリット

メリット1「芽かきを省略することが出来ます」

ジャガイモの丸ごと植えは、種芋をカットして植え付ける場合と比べますと、子孫を残すリスクが少なくなりますので、すべての芽は萌芽せず、必要な芽だけが伸びてきます。

そのため、芽の数が少なくなりますので、芽かきをする必要がほとんどなくなります。

メリット2「病害虫のリスクが少なくなります」

ジャガイモの種芋をカットして植え付けますと、切り口から病気が発生する場合があります。

その点、丸ごと植えはそのリスクが少なくなりますので、軟腐病や乾腐病など、病害虫に侵されるリスクが少なくなります。

ジャガイモの丸ごと植えの方法

ジャガイモの種芋について

potatoes (4)

ジャガイモの種芋は、50~60グラムの小ぶりのものを準備します。

下準備

jagaimo,marugotoue,potato★

ジャガイモのヘソの部分を切り落とし、浴光催芽させます。

浴光催芽とは、日光に当ててジャガイモの芽を出すことです。

種芋の植え付け

potato-106 (★)

畑のウネに、深さ10cmの植え溝をつくり、30cm間隔で種芋を植え付けます。

萌芽しましたら、普通の栽培と同じように、2回に分けて土寄せを行います。

春ジャガイモの丸ごと植え

春にジャガイモの丸ごと植えを春に行う場合、種芋の準備と芽かき以外の管理は、普通栽培と同じです。

秋ジャガイモの丸ごと植え

秋に植える場合は、気温の高い時期に植えつけます。

木嶋先生によりますと、気温が高い畑は、微生物の活動が活発で、土の中の有機物は 養分となる無機物に分解されています。

そのため、畑をよく耕すだけでたい肥や肥料を施す必要はありません。

まとめ

20210528_potato,kitaakari-5,sakasaue

農学博士の木嶋利男先生が紹介されている、ジャガイモ栽培についてご案内いたしました。

食べるのには小さすぎるジャガイモも、種芋として利用することができますので、おためしになってみてください。

[参考文献]

伝承農法を活かす 野菜の植えつけと種まきの裏ワザ

[関連記事]

ジャガイモの「芽出し」方法|室内で行うポイント、種イモの緑化について

スポンサーリンク
キッチンガーデンのこと野菜づくり
この記事を書いた人
カジトラ

関東在住の専業主婦です。
夫と二人暮らし。

家族の介護、某シンクタンクで馬車馬のように働き詰めだった日々に区切りをつけ、現在は農学博士 木嶋利男氏が提案するコンパニオンプランツ栽培で野菜を育てています。

文明の利器を取り入れつつも、古き良きモノ・慣習を大事にしながら丁寧に暮らしてゆくことを目指しています。

スポンサーリンク
カジトラ