スポンサーリンク

パセリをコンパニオンツにするとメリットがたくさんある野菜

parsley

家庭菜園で野菜を栽培する時 パセリをコンパニオンプランツに使うと、害虫が寄り付かなくなり、生育が促進する野菜をご紹介いたします。

この栽培は農学博士の木嶋利男先生がご紹介されている方法で、おなじウネの空間を有効に利用するメリットもありますので、ご参考にしていただきましたら幸いです。

スポンサーリンク

パセリをコンパニオンプランツにするとメリットがある野菜

ナス・ピーマン

egg-plant
ナス

pimento
ピーマン

ナスやピーマンの株の間にパセリを混植しますと、両方の生育が促進します。

パセリ、ナス・ピーマンはともに深い根を張る野菜ですが、不思議と競合せず、どちらもよく育ちます。

パセリがマルチになる効果

parsley3

パセリは夏の強い日差しが苦手ですが、ナスやピーマンの葉に隠れるとよく育ちます。

また、パセリの草丈は低く葉が放射状に広がりウネの上をおおいますので、マルチの代わりになってナスやピーマンの根を保湿します。

パセリの香りで害虫忌避の効果

パセリはセリ科の野菜で、その独特な香りが苦手な方もいらっしゃいますね。

この香りは、ナスやピーマンに付く害虫も嫌い、寄ってこなくなる効果があります。

ちなみにパセリとナス・ピーマンに付く害虫は異なります。

別種の害虫はお互いを避け合う性質がありますので、パセリに付きやすいキアゲハやアブラムシの飛来が少なくなり、野菜全体の害虫被害が少なくなります。

栽培のポイント

ナスを例に挙げて、ご紹介いたします。

品種選び

パセリ

parsley4

パセリの品種はなんでも構いません。イタリアンパセリでも同じ効果があります。

種まきする場合は、3月中旬からまいて苗を準備しましょう。

ナス

eggplant,ginger-2

ナスの品種も選びません。接ぎ木苗が強く育ちますのでおすすめです。

土づくり

植え付けの3週間前に、完熟たい肥とぼかし肥、または牛ふんと鶏ふんを施して耕し、ウネを立てます。

植え付け

地域によって前後しますが、4月下旬~5月下旬に、パセリとナスを同時に植え付けします。

パセリは浅めに植えると腐りにくくなります。

[植付例]
・ウネの幅 40~50cm
・ウネの高さ 20cm
・ナスとナスの間隔 60cm
・パセリ ナスの株間に植え付けます。

追肥

ナスの生育のために、半月に1度程度、ウネの表面にぼかし肥を1握り施します。

もしくは、鶏ふんをナスの株元に施し、追肥するごとに株元から離して追肥してゆきます。

ナスの根の張りに合わせて、鶏ふんを施す場所を株元から離してゆきます。

敷きわらがおすすめです

パセリが繁茂して地表を覆うようになりますと、マルチの代わりになります。

必要であれば、ウネの他の場所に敷きわらで覆います。

収穫

パセリ

大きく伸びてきましたら外葉からかき取って、順次摘み取ります。

葉を常に10枚以上残しておきますと、ナスの害虫を寄せ付けない効果が高まります。

繁茂しすぎたり、たくさん収穫してしまいますと、生育が悪くなるので気を付けましょう。

ナス

実った果実を順次収穫します。収穫が終わりましたら株元をスコップで切ります。

晩秋以降パセリに日光をよく当てますと、トウが立ってくる春まで栽培することが出来ます。

トマトの混植はNGです

tomato

木嶋利男先生によりますと、トマトと混植するとパセリが溶けるように枯れてしまうそうですので、一緒に育てるのは避けましょう。

まとめ

parsley

パセリをコンパニオンツにするとメリットがたくさんある野菜、「ナス・ピーマン」をご紹介いたしました。

この栽培は農学博士の木嶋利男先生がご紹介されている方法で、パセリがナスやピーマンに付く害虫を忌避する効果と、マルチの役目を果たしてくれますので、それぞれを単独で育てるより効率的ですね。

1つ注意したい点は、同じナス科でもトマトはパセリが溶けて枯れてしまいますので混植を避けましょう。

同じウネで野菜を多品目 栽培できるメリットもありますので、ご参考にしていただけましたら幸いです。

[参考文献]

[関連サイト]

サポート付 貸農園 シェア畑