スポンサーリンク

雑草をコンパニオンプランツに!草生栽培で病害虫を駆除しましょう。

weed-companionplants

家庭菜園で悩ましい雑草ですが、実は生やしておくと良い草もあることをご存知でしょうか?

雑草は積極的に取らなければならないと思いがちですが、病害虫の予防に効果的な雑草もあるのです。

野菜と雑草を一緒に栽培する方法を「草生栽培(そうせいさいばい)」といいます。

この栽培は、農学博士の木嶋利男先生がご紹介されている方法ですのでご参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

コンパニオンプラツを雑草で活用

雑草が連作障害の対策に

weed-companionplants

雑草を取らないと野菜や花に必要な栄養が取られてしまい、害虫が寄ってくると考えていた私は、夏の暑い日でも頑張って草取りに励んでいました。

農学博士の木嶋利男先生の著書で読んでいくうちに、雑草によっては残しておいて良いものがあることが分かってきました。

例えば、キャベツを同じ土地で長年育ててゆきますと、しだいにハコベやヨメナという雑草が増え、なぜかキャベツは安定して育つようになってゆくのだそうです。

同じ土地で同じ野菜をずっと栽培しつづけますと、根っこから分泌される成分が増え続け、生長が悪くなる「連作障害」が出やすくなります。

ところが、野菜のそばに生えている雑草を抜き取らずに一緒に育ててゆきますと、不思議なことに連作障害が起こらなくなるというのです。

雑草で害虫を退治するバンカープランツ

weed-companionplants

木嶋先生によりますと、雑草と野菜にむらがる害虫は限られているのだそうです。

雑草にも もちろん害虫が付きます。すると、その害虫が天敵(益虫)を呼び寄せてすみかとなり、おのずと野菜を守ってくれるように(害虫を食べてくれる)なります。

つまり、雑草はバンカープランツ(おとり作物)の役割を果たしてくれるのです。

雑草が身代わりになって野菜の病気をカバー

雑草の驚異的なところは、自分が病気になって野菜をカバーしてくれるところです。

野菜と雑草を共生(一緒に育てる)させておきます。そして雑草が うどんこ病という病気にかかった時、それが野菜に感染することはありません。

なぜなら、うどんこ病の菌は種や品種よって種類が異なるため、野菜には感染しないのです。

うどんこ病は、キュウリなどのウリ科に出やすい病気です。水に弱く、乾燥したときに発症しやすい病気です。

草生栽培に有効な雑草一覧

この章では、生やしておくとよい雑草ご紹介いたします。

生やしておくとよい雑草

下記の表は、生やしておくとよい雑草の一覧です。

雑草の名前
 シロツメグサ
 ナズナ
 スズメノテッポウ
 アカザ、シロザ
 ハコベ
 ヨモギ
 ホトケノザ
 スベリヒユ
 カタバミ
 オオバコ

参考文献 木嶋利男著「コンパニオンプランツの野菜づくり」家の光協会

ウリ科と共存「シロツメクサ(マメ科)」

(別称:ツメクサ,オランゲンゲ,クローバー)

Repens,weed-companionplants-3

マメ科のシロツメクサは、土を少しずつ肥沃にしてくれます。

シロツメサ自体がうどんこ病になりやすく、菌寄生菌のすみかとなりますので、ウリ科のキュウリ・スイカなどが うどんこ病になるのを防いでくれます。

また、ヨトウムシの天敵を増やす役割も果たしてくれます。

土の働きが良くなる「ナズナ(アブラナ科)」

(別称:ペンペングザ)

Capsella, Bursa,weed-companionplants

秋の七草でも知られるナズナは、アブラナ科です。

田んぼなど、いろいろな場所に生えていますが、弱酸性の比較的肥えた土地(畑)でよく育ちます。

根の周り(根圏=こんけん)に生息する微生物の働きで、有機物の分解が促進されます。

田んぼでよく見る「スズメノテッポウ(イネ科)」

(別称:スズメノマクラ,ヤリクサ)

weed-companionplants, Paddy

イネ科の雑草、スズメノテッポウは、田んぼに生えていますね。

この草は酸性の土に生えやすいのが特長です。

メロンとの草生栽培に向いていて、つるを絡ませながら育てる方法があります。

マルチのようなカバー力「アカザとシロザ(アカザ科)」

akazaアカザ

shirozaシロザ

昔は食用にもされていたアカザ・シロザです。

コマツナなどのアブラナ科は、コナガやアオムシの幼虫、ヨトウムシ、アブラムシなどの害虫が付きやすい野菜ですが、そばにシロザ(アカザ)が生えていますと、虫よけになります。

アカザ・シロザともに根が深く、群生するためカバープランツになりますが、一年生植物のため長い期間生えることはありません。

 

一年生植物(いちねんせいしょくぶつ)は、種子から発芽して一年以内に生長して開花・結実して、種子を残して枯死する植物です。

マルチ代わり・アブラナ科と相性がよい「ハコベ(ナデシコ科)」

(別称:ハコベラ,アサシラゲ)

weed-companionplants,Stellaria, Media

ハコベは道ばたや田んぼに普通に生えますが、肥えた畑によく見られ、アブラナ科の野菜(キャベツ、白菜など)と相性が良いのが特長です。

ハコベは弱酸性の土によく生え 地面を這うように育ちますので、キャベツなど「マルチの代わり」になり、保湿・保温の役に立ちます。

キャベツを長年連作しますと「極相」の状態になります。

極相(きょくそう)とは、生物群集の遷移の最終段階で見られる平衡状態のことです。

天敵を増やす「ヨモギ(キク科)」

(別名:モチグサ)

yomogi

草餅などでもお馴染みのヨモギは、他の雑草を抑える働きと、害虫よけの効果があります。

トマトのそばにヨモギが生えていますと、アブラムシ、ハダニ、スリップスの天敵を増やしてくれるバンカープランツになります。

越冬野菜と一緒に「ホトケノザ(シソ科)」

(別称:サンガイグサ,ホトケノツヅレ,カスミソウ)

Amplexicaule,weed-companionplants

ホトケノザは、畑のあぜ道や道ばたに生えている1~2年生の雑草です。

キャベツ、ハクサイなどの越冬野菜との植生栽培に活躍します。

土へのメリットが多い「スベリヒユ(スベリヒユ科)」

(別称:イハイズル)

Portulaca, Oleracea,weed-companionplants

スベリヒユが地表を覆って生えているのを見かけたたことはないでしょうか。

この草は土の保湿の効果があり根っこが地面深くに伸びますので、空気や水分の通りを良くしてくれます。

スイカのウネにスベリヒユを生やしておきますと、みずみずしい実が育ちます。

ハダニの天敵を増やす「カタバミ(カタバミ科)」

(別称:スイモノグサ)

Oxalis, Corniculata,weed-companionplants

クローバーのような葉っぱが特長のカタバミは、庭園や道ばたに生えている多年生草本です。

茎や葉っぱにシュウ酸を含んでいますので酸味があります。

花が咲いた後は実がなり、熟すとたくさんのタネをはじき出して遠くへ飛ばして増えてゆきます。

カタバミはハダニの天敵を増やします。

沖縄ではゴーヤーの草生栽培に近縁のムラサキカタバミや、ヤンバルハコベが使われています。

ブドウのうどんこ病を抑える「オオバコ(オオバコ科)」

weed-companionplants,Plantain

東アジア各地の高地から平地まで、普通に生えている多年草の雑草です。

(子供の頃、友人とオオバコの茎を引っ張り合ってよく遊んでいました。)

オオバコは踏みつけられても丈夫で、再生しやすいのが特長です。

この草は自身がうどんこ病にかかりやすく菌寄生菌が増えます。ブドウ棚の下に生やしておきますと、ブドウのうどんこ病を抑えることができます。

草生栽培に有効な雑草で気づいたこと

生やしておくとよい雑草の一つ一つを調べていたところ、あることに気が付きました。

雑草の名前 食用の有無
 シロツメグサ
 ナズナ
 スズメノテッポウ
 アカザ、シロザ
 ハコベ
 ヨモギ
 ホトケノザ
 スベリヒユ
 カタバミ
 オオバコ

それは、ほとんどの雑草が「食用」だったのです。(なんだか雑草と呼ぶのがかわいそうになってきました。)

今回ご紹介した中に、「春の七草」のハコベとナズナがあるのが、おわかりになりましたでしょうか。

(春の七草のホトケノザはキク科の「タビラコ」ですので、一覧にあるホトケノザ(シソ科)と異なります。)

それ以外の雑草も、昔は食用とされていたものや、国によっては今でも食べられているものもあります。

野菜と一緒に生やしておくとよい雑草は、実は「食べられる草」が多いことが分かりました。

今回ご紹介した雑草について、似ている植物との誤食による中毒の恐れがありますので、あくまでもご参考としていただき、食用にされたい方は、必ず専門家にご相談のうえ、お召し上がりください。

まとめ

weed-companionplants-2

畑は、雑草が一本も生えていないほうが良いというイメージがありましたが、雑草をコンパニオンプランツにする「草生栽培」をご紹介いたしました。

・作物の生長を促進させる働き
・害虫を寄せ付けず、天敵を増やす

実は雑草は、野菜にとって頼もしい相棒なのですね。

今回ご紹介した雑草が、畑やプランターなどに生えてきましたら、すぐに抜き取らずに生長過程を観察してみると面白いかもしれませんね。

[参考文献]

木嶋利男著「コンパニオンプランツの野菜づくり

牧野富太郎「牧野新日本植物図鑑

[関連記事]

雑草マルチングの作り方|江戸時代から続く伝統農法で草をたい肥にしましょう

メリットたくさん!スイカ栽培はコンパニオンプランツとの混植がおすすめです

畑の雑草は2つの対策で解決!抜かずに刈って野菜と共生させましょう

[雑草の種類がよくわかるサイトです]

雑草ポケットブックオンライン版

[関連記事]

お役立ち!「コンパニオンプランツ一覧表」効果・組み合わせ方法をご紹介します

コメント