スポンサーリンク

ニンニクの後作に良い野菜|生育が促進するリレー栽培です

garlic-10

ニンニクの後作に植えると良いと言われている野菜をご紹介いたします。

ニンニクを収穫したあと、ウネを耕さずに後作の野菜をすぐに植え付けることが出来るオススメのリレー栽培です。

この栽培は、農学博士の木嶋利男先生がご紹介されている方法で、ニンニクの特性が活かされ、後作野菜の生育が促進する効果がありますので、ご参考になさってください。

スポンサーリンク

ニンニクの後作に良い野菜一覧

ニンニクの後作に良い野菜

分類  作物
アオイ科  オクラ
ウリ科  カボチャ
 地這いキュウリ
 ゴーヤ
ナス科  秋ナス
ヒユ科  ホウレンソウ
※ オクラ以外の栽培ポイントにつきましては、玉ねぎの後作記事にてご紹介しており、本ページ最後にリンクを貼っています。

ニンニクの後作に良い野菜「オクラ」

sharebatake,oukra

病気の発生が抑えられよく育ちます

ニンニクはネギ属の中でも根が深い野菜です。

後作にオクラを栽培しますと、ニンニクの根の跡を利用して、オクラは根を深く伸ばすことが出来ます。

オクラは直根タイプの野菜で、生育初期に深くしっかり根を伸ばすことで、あとあとの生育が良くなります。

またニンニクの収穫後の土は、有機物や肥料が利用されずに多く残りますので、オクラ用に元肥を入れずにすぐに種をまいてもよく育ちます。

ニンニクを掘り上げて収穫しますと、ニンニクの球から根が切れて根っこのほとんどが土の中に残りますが、オクラの肥料分になりますので土の中に残しておきましょう。

オクラの栽培ポイント

ニンニクの収穫前に、オクラを種まきしてもOK

ニンニクを収穫する前に、オクラの種をまいてしまっても構いません。

地域によって前後しますが、オクラの種まきの時期は、5月上旬~6月上旬です。

ニンニクの条間などを利用して種をまき、オクラの本葉2~3枚で間引きするまでにニンニクを収穫しましょう。

オクラの品種選び

品種は何でもOKです。

ニンニク収穫後の土づくり

ニンニクを収穫したあと、ウネを耕さずにそのまま利用することが出来ます。

たい肥や元肥を入れなくてもオクラはよく育ちます。

オクラの種まき

オクラは1株で育てるより、一か所に種を4~5粒まいて3~4本立ちにしますと、苗が競争し合って(助け合って)地面の中へ深く根が伸び、良く育ちます。

オクラは、あっという間に莢(さや)が大きくなりますが、3~4本立ちで育てることにより生長がゆっくりになって、伸びすぎたりかたくなったりすることなく収穫することが出来ます。

追肥

茎がグングン伸び始めたら、3週間に1回ほど、ぼかし肥や鶏ふんなどを与えます。

収穫

オクラは、莢(さや)が大きくなりすぎる前に、こまめに収穫します。

まとめ

okra-4

ニンニクの後作に良いと言われている野菜をご紹介いたしました。

この栽培は、農学博士の木嶋利男先生がご紹介されている方法で、ニンニクを収穫したあと、ウネを耕さずに後作の野菜をすぐに植え付けることが出来るオススメのリレー栽培です。

今回はオクラの栽培ポイントをご案内いたしましたが、同じネギ属の「玉ねぎ」も同様の効果が得られます。

別の記事にて 他の野菜の栽培ポイントをご案内いたしておりますので、ご参考になさってください。

[関連記事]

玉ねぎの後作に最適な6つの野菜!リレー栽培で生育促進と病気の予防!

[参考文献]

[参考サイト]

サポート付 貸農園 シェア畑