スポンサーリンク

玉ねぎのコンパニオンプランツ|病気予防と害虫忌避に効果的な3つの作物

Onion

玉ねぎのコンパニオンプランツをご紹介いたします。

今回ご紹介する作物は、「ソラマメ」「クリムソンクローバー」「カモミール」の3つです。

この栽培は農学博士の木嶋利男先生がご紹介されている方法で、同じウネで空間を利用しながら複数の野菜を栽培できるメリットがあります。

また、土を肥沃にして玉ねぎの生育を促進させ、病気の予防や害虫を寄せ付けない効果があると言われていますので、ご参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

玉ねぎのコンパニオンプランツ「ソラマメ」

soramame20

玉ねぎのコンパニオンプランツは、「ソラマメ」が効果的と言われています。

期待できる効果

玉ねぎとソラマメは、植え付け時期(11月頃)と収穫のタイミング(5~6月頃)が ほぼ同じですので、おなじ空間を有効的に使って、2つの野菜を栽培することが出来ます。

玉ねぎとソラマメの混植は、次のような効果があると言われています。

🌱 生育が促進します
💊 病気を予防します
🐞 害虫を忌避します

生育が促進します

玉ねぎは、マメ科の植物と相性が良いと言われています。

冬の間、玉ねぎとソラマメはどちらも土の下に根を張りますので、霜柱が立ちづらくなり寒さのダメージを受けにくくなります。

春になり温暖な気候になりますと、ソラマメの根っこが広がり、新しい根っこに付く根粒菌が活発に窒素固定を行いますので、周りの土を肥沃にしてくれる効果があります。

玉ねぎは肥えた土から養分を吸収し、玉が大きくなります。

病気を予防します

玉ねぎはネギ属で、根っこに共生する菌が抗生物質を出しますので、ソラマメがかかりやすい「立枯病」などの病気を予防することが出来ます。

害虫を忌避します

soramame31

春が近づき気温が高くなってきますと、ソラマメの先端にアブラムシが大量に付きます。

玉ねぎを混植しておきますと、アブラムシの天敵 テントウムシやアブラバチ、ヒラタアブなどが増え、アブラムシを食べてくれます。

同時に、玉ねぎに付く害虫も少なくなると言われています。

エンドウマメにも応用できます

onion-companions

ソラマメのほかに栽培期間が近いスナップエンドウなどを栽培しますと、同じような効果があります。

玉ねぎがエンドウのツルで隠れないように育てましょう。

玉ねぎのコンパニオンプランツ「クリムソンクローバー」

RedClover,bunkerplants

クリムソンクローバーは、マメ科の緑肥(りょくひ)作物です。

真っ赤な花が咲きますので、「ストロベリーキャンドル」とも呼ばれます。

玉ねぎを植え付けたあと、その周囲にタネをばらまきしておきますと、1週間ほどで発芽し地面を覆うように伸びます。

マルチ代わりになります

クリムソンクローバーは、マルチの代わりになってくれる頼もしい植物です。

ウネに霜柱が立ちますと、玉ねぎの株はその力で浮き上がってきてしまいますが、クリムソンクローバーが防いでくれる効果があります。

雑草予防と天敵のすみかに

onion-companions

クリムソンクローバーは、3月になると急激に生長してきます。繁茂したクローバーは、他の雑草が生えるのを防いでくれる働きがあります。

なおクリムソンクローバーのやわらかい葉に、アブラムシなどの害虫が寄ってきますが、益虫であるテントウムシを呼び寄せることになりますので、野菜全体の害虫被害が少なくなります。

土を肥沃にする効果

クリムソンクローバーの根っこに根粒菌が付きます。この菌が空気中の窒素を固定することにより、土が肥沃になります。

玉ねぎはその養分を吸って、玉が大きくふくらみます。

クリムソンクローバーの種

clover (2)

クリムソンクローバーは、緑肥用のタネ、草花用のタネとして販売されています。

clover (3)

玉ねぎの苗が15cmほどの大きさの時が、種まきのタイミングです。

ウネにばらまきし、軽く土を混ぜますと発芽します。

soramame24

クリムソンクローバーの栽培ポイント

soramamecompanionplants,clover 41

クリムソンクローバーは4月の下旬に、真っ赤な花が咲き始めます。

5月の中旬になりますとタネを付け、こぼれたタネから雑草化することがありますので、その前に刈り取ってしまって構いません。

刈り取った地上部は 肥料分が豊富に含まれていますので、そのままウネに敷いておきますと「草肥」になります。

クリムソンクローバーは処分することなく最後まで有効に利用することが出来る優秀なコンパニオンプランツです。

玉ねぎのコンパニオンプランツ「カモミール」

Chamomile,onion-companions

キク科のカモミールも玉ねぎと相性の良い植物です。

カモミールの発する香りで、玉ねぎの葉っぱに付く害虫を寄せ付けない効果があります。

スリップスの被害を防ぐ

玉ねぎを栽培していますと、葉っぱのところどころが かすれたように白くなっていることがあります。

これは、スリップス(ネギアザミウマ)という体長1mmほどの害虫による被害の可能性があります。

被害が広がりますと、白い部分が広範囲にわたり光合成が十分におこなえず、玉ねぎの生育が悪くなってしまいます。

そこでカモミールをコンパニオンプランツとして栽培しますと、独特の香りでスリップスが寄り付かなくなります。

chamomile (1)

なお、カモミールにもアブラムシが寄ってきますが、同時に天敵も増えてすみかになりますので、玉ねぎに付くアブラムシなどの害虫を駆除してくる効果が期待できます。

カモミールの栽培ポイント

Chamomile,onion-companions

カモミールの品種

カモミールの種は、一年草で小型の「ジャーマンカモミール」と多年草の「ローマンカモミール」がありますが、家庭菜園ではジャーマンカモミールが扱いやすいでしょう。

多年草のローマンカモミールは草丈が低く、こんもりと育ち、花だけでなく茎や葉っぱの株全体から強い香りを発しますので、これを利用する場合は、風上や畑の周りに植え付けるとよいでしょう。

カモミールと玉ねぎの間隔

玉ねぎとカモミールとの配置は、玉ねぎ4~5株ごとにカモミールが1株の間隔で植え付け(タネをばらまき)ます。

カモミールは、1m近く離して植えても、香りの効果は十分周囲にいきわたります。

カモミールの花をたくさん咲かせるコツ

3月中旬から下旬にカモミールの芽の先端をカットしますと、わき芽が増えてたくさん花が咲きます。

まとめ

Onion,onion-companions

玉ねぎのコンパニオンプランツを3つご紹介いたしました。

🌱ソラマメ・エンドウ
玉ねぎともう1品種育てられるメリットがあります。病気や害虫を防ぐ効果があります。

🍀クリムソンクローバー
土が肥沃になり、玉ねぎが大きく生長します。

🌼カモミール
害虫を寄せ付けない効果があります。

この栽培は、農学博士の木嶋利男先生がご紹介されている方法ですので、ご参考になさってください。

[関連記事]

お役立ち!「コンパニオンプランツ一覧表」効果・組み合わせ方法をご紹介します

小さい玉ねぎの苗でもたくさん収穫できる裏技|木嶋先生のキツキツ植えで収量アップ!

[参考文献]

コメント