スポンサーリンク

すごい効果!コマツナ(小松菜)のコンパニオンプラツで害虫を寄せ付けない!

komatsuna-companionplants

コマツナ(小松菜)のコンパニオンプランツをご紹介いたします。

お浸しや炒めて頂くと とても美味しいコマツナは、アオムシやアブラムシが付きやすい野菜ですね。

そこである野菜をコマツナと一緒に育てますと、害虫を寄せ付けなくなったり、病気予防の効果があると言われています。

今回は農学博士の木嶋利男先生がご紹介されているコンパニオンプランツを使ったコマツナの栽培ポイントについてご案内いたしますので、ご参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

コマツナ(小松菜)のコンパニオンプランツ「リーフレタス」

salad-2376777_1280

キク科の野菜をコンパニオンプランツに

コマツナとリーフレタスを同じウネで栽培しますと、害虫が寄り付かなくなる効果があると言われています。

アオムシ類を忌避

アオムシやコナガの幼虫は、コマツナをはじめとするアブラナ科の野菜が大好物で、親のモンシロチョウとコナガが葉っぱに卵を産み落とします。

そこでリーフレタスをコマツナのそばに植えますと、モンシロチョウやコナガはリーフレタス独特の香りを嫌い寄り付かなくなります。

アブラムシも忌避

コマツナはアブラムシも付きやすい野菜ですが、防御するにはやはりリーフレタスが有効です。

相乗効果のメリットも!

コマツナとリーフレタスを混植しますと、お互いに付く害虫を忌避する相乗効果が期待できます。

コマツナのコンパニオンプランツ「リーフレタス」は、アブラムシが付きやすい野菜ですが、コマツナをそばに植えることにより、コマツナの香りを嫌うアブラムシが寄り付かなくなります。

応用栽培できるアブラナ科野菜とキク科野菜

komatsuna-companionplants

コマツナに限らず、リーフレタスを他のアブラナ科野菜のコンパニオンプランツとして応用させることが出来ます。

アブラナ科の野菜

・チンゲンサイ
・カブ
・ミズナ

これらの野菜もアブラナ科ですが、そばにリーフレタスを植えますと、コマツナと同様に モンシロチョウやコナガが寄りつかなく効果があります。

キク科の野菜

shungiku

リーフレタスの代わりにキク科のシュンギクをコンパニオンプランツにすることも出来ます。

シュンギクを栽培されたことがある方は、そういえば虫の被害があまりないと思われたことはないでしょうか。

モンシロチョウやコナガは、シュンギクの独特な香りも嫌いますので寄り付かなくなります。

コマツナのコンパニオンプランツ「リーフレタス」を植えるポイント

列ごとに栽培すると効果的!

mix-leafy vegetables(3)

コマツナのコンパニオンプランツ「リーフレタス・シュンギク」の栽培ポイントは、ウネの1列目にコマツナ、2列目にリーフレタスのように、列ごとに植え替えで害虫忌避の効果がアップさせます

1~3列目はコマツナ、4~6列目をリーフレタスとまとめて植えるより、分散して栽培しますと害虫忌避効果が高まります。

赤いサニーレタスで害虫忌避!

sunnylettuce

モンシロチョウやコナガは赤い色を嫌う性質がありますので、赤い葉のサニーレタスを混ぜて植えますと、より効果が高まります。

秋の栽培はレタスを先に!

気温が高い季節は害虫の被害が甚大ですね。

秋にコマツナを栽培する場合、先にレタスを植えて大きく育てておきますと、害虫を寄せ付けない効果が高くなりますのでオススメです。

コマツナ(小松菜)のコンパニオンプランツ「ニラ」

nira,komatsuna-companionplants

コマツナのそばに「ニラ」を植えますと、害虫忌避と病気予防に効果的です。

ダイコンサルハムシからコマツナをガード!

秋にコマツナを栽培されたことがある方は、葉っぱのいたるところに小さな穴が空いてしまったというご経験はないでしょうか?

これは害虫「ダイコンサルハムシ」の浸食によるためかもしれません。ダイコンサルハムシはアブラナ科の野菜に付きやすい害虫です。

コマツナの葉っぱの上に、4~5ミリほどの小さな黒い虫を見つけたら、それがダイコンサルハムシの可能性があります。

退治しようと手を近づけると葉っぱから落ちて逃げてしまい、駆除するにも面倒な悩ましい害虫です。

ニラの香りで害虫をシャットアウト

ダイコンサルハムシは「ニラの香り」を嫌いますので、コマツナとニラの混植でダイコンサルハムシが寄り付かなくなります。

応用栽培できるアブラナ科野菜とニラの組み合わせ

ニラをコンパニオンプランツにしますと、コマツナに限らず ほかのアブラナ科の野菜も応用して栽培することが出来ます。

アブラナ科の野菜例

・キャベツ
・ブロッコリー
・ハクサイ
・チンゲンサイ
・ミズナ
・カブ
・ダイコン

上記のアブラナ科野菜を育てるときに ニラをコンパニオンプランツにしますと、害虫が寄り付かなくなる効果が高まります。

コンパニオンプランツ「ニラ」を植えるポイント

1か所に3株まとめて植えます!

ニラを1か所に3株まとめて植えますと、ニラどうしが助け合ってよく育ちます。

ニラがのびたら刈り取ります!

ニラが伸びてきましたら、株元から3センチあたりのところで刈り取るようにします。

ニラは切り口から液体が出ますね?このにおいをダイコンサルハムシが嫌がります。

刈ったニラは食用にしてもちろん構いませんが、傷んだニラは処分せず、コマツナのウネの上に敷いておくだけでも害虫忌避の効果を発揮します。

夏のニラを刈りとると美味しくなります

夏の暑い時期に育っているニラは、葉がかたくてあまり食べたくないですね。

それを刈り取ってコマツナのウネに敷いておきますと、コマツナの生育初期の害虫対策になります。

また固い葉っぱを捨て刈りすることにより、やわらかくて香りの高い葉を収穫することが出来ます。

コマツナ(小松菜)のコンパニオンプランツ「ニンジン」

carrot

ニンジンも、コマツナにとって強い味方のコンパニオンプランツです。

コマツナとニンジンを同じウネで混植しますと、ニンジンに付きやすいキアゲハの飛来を防ぐことができます。

さらに、コマツナに付きやすいモンシロチョウやコナガの幼虫、アブラムシによる被害を抑えることができますので野菜全体の害虫による被害が少なくなります

混植で害虫が寄り付かなくなる理由

コマツナはアブラナ科、ニンジンはセリ科と、科と科が異なります。

異なる科の野菜は寄ってくる害虫が違います。

別種の害虫は互いを嫌い合う性質があるため、それぞれの害虫が野菜全体に近寄らなくなり、野菜全体が守られます。

コンパニオンプランツ「ニンジン」を植えるポイント

ニンジンの栽培期間が重なるように種まきしましょう

ニンジンの栽培期間は、種まきから収穫まで100~120日程度です。

一方でコマツナは40~60日と栽培期間が短いため、ニンジンの栽培期間と重なるように時期をずらしながら種まきするのがオススメです。

葉が触れ合う距離で育てます

コマツナ(アブラナ科)とニンジン(セリ科)は、科が異なりますのでお互いの害虫を避けることができますとご説明いたしましたが、双方の葉っぱが触れ合う距離で育てますと、より効果が高まります。

ニンジンの葉っぱは細かいため、コマツナの成長の妨げにならないのも大きなメリットです。

コマツナ(小松菜)のコンパニオンプランツ「アカザ・シロザ」


アカザ

shirozaシロザ

害虫予防とマルチの役目

畑に生える草「アカザ・シロザ」もコンパニオンプランツとして効果があります。

アカザ科のアカザとシロザはホウレンソウに近い仲間で、アブラナ科の害虫忌避に役立ちます。

これらは地表を覆うように生えますので、マルチの代わりとして保湿やほかの雑草の防除にもなります。

ただ放任しておきますと草丈が高くなりますので、コマツナが日陰になるようでしたら株元で切り詰めると良いでしょう。

アカザ・シロザは一年草のため、秋の終わりに枯れます。

まとめ

carrot-8

コマツナのコンパニオンプランツをご紹介いたしました。

コマツナと「リーフレタス」「ニラ」「ニンジン」の混色は、害虫が寄り付かなく効果があり、畑に生える雑草「アカザ・シロザ」は、ホウレンソウに近い仲間のため、害虫予防やマルチの代わりに役立ちます。

農学博士の木嶋利男先生がご紹介されている「コンパニオンプランツ栽培」は、1つのウネで多品目の野菜を育てられる大きなメリットもありますので、ご参考になさってくださいね。

【おすすめ書籍】

【関連記事】

害虫と雑草を防ぐ小松菜のコンパニオンプランツ|アブラムシ・ヨトウムシ・コナガを寄せ付けない栽培法です

【関連サイト】

サポート付 貸農園 シェア畑

コメント