スポンサーリンク

キャベツのコンパニオンプランツは?キク科の野菜が害虫忌避に効果的!

cabbage

キャベツのコンパニオンプランツをご紹介いたします。

キャベツを栽培して、アオムシがたくさん付いて困ったご経験はないでしょうか。

私もキャベツを育てていますが、畑に行くたびにアオムシやナメクジなどの害虫を発見するたびにウンザリしています。

そこで、農学博士の木嶋利男先生の本でキャベツのコンパニオンプランツを調べてみたところ、害虫忌避に効果的な野菜や植物があることが分かりましたのでご紹介いたします。

スポンサーリンク

キャベツのコンパニオンプランツ「キク科」

butterfly

キャベツ栽培は、モンシロチョウの幼虫アオムシや、コナガの幼虫に悩まされますね。

私はネットをかけて害虫の防御をしていますが、モンシロチョウも非常に賢くて、ネットの網目に器用に卵を産み落とします。

畑に行くたびに、ネットをはがして害虫のチェックをするのがすっかり日課になってしまったことに、いかんせん辟易しています。

モンシロチョウは、キャベツなどの「アブラナ科の野菜」に寄ってきてますが、近寄らせなくする方法は「キク科」の野菜や植物を一緒に植えると効果的です。

農学博士の木嶋利男先生によりますと、アブラナ科の野菜とキク科の野菜を混植は、ほとんどの場合、害虫を寄せ付けない効果があるのだそうです!

コンパニオンプランツになる「キク科」の野菜

salad-2376777_1280

キャベツと一緒に植えると害虫が寄り付かなくなる「キク科」の代表的な野菜は、「サニーレタス」です。

サニーレタスをキャベツのそばで育てますと、モンシロチョウやコナガはレタス独特の香りを嫌い、寄りつかなくなるのだそうです。

なおリーフレタスは赤い葉と青い葉など種類が豊富にありますが、モンシロチョウやコナガは赤色を嫌うため、赤い葉のサニーレタスがより効果を発揮します。

キャベツとレタスの相乗効果

cabbage,lettuce

キク科のレタスが、アブラナ科のキャベツのコンパニオンプランツに効果的と申し上げましたが、メリットはこれだけではありません。

それぞれのアブラムシを寄せ付けない

アブラナ科とキク科では、付くアブラムシの種類が異なります。

別種の害虫はお互いを避け合う性質があるため、異なる科のレタスとキャベツを一緒に栽培しますと、野菜全体の害虫被害が減ります。

つまりキャベツとレタスは共に助け合いながら、害虫から身を守るのですね。

ともによく育ちます

キャベツとレタスを一緒に植えますと、どちらもよく育ちます。

キャベツは共栄型の野菜で、近くの野菜を排除せず共存する特長があるためです。

「共栄」とは、二つ以上のものが互いに敵対することなく助け合って生存し、ともに栄えること。
引用 goo辞書

キャベツとレタス栽培のポイント

キャベツとレタスを一緒に植えるポイントをご紹介いたします。

季節によってコツがありますので、ご参考になさってください。

春植え

春は、キャベツとサニーレタスを同時に植え付けます。

サニーレタスを収穫するとき、外の葉っぱをかき取り なるべく長い期間 キャベツと一緒に植えておきますと、害虫忌避の効果を維持することができます。

秋植え

秋に植える場合のコツは、サニーレタスを先に植えて大きく育てておくことです。

なぜならキャベツのアオムシによる被害は、9~10月頃に多いからです(地域によって前後します)。

その時期にサニーレタスをしっかり大きく生長させておきますと、モンシロチョウなどは寄ってこなくなります。

赤い葉のサニーレタスが効果的

sunnylettuce

先にも述べましたが、モンシロチョウやコナガは、レタス独特の香りを嫌い 寄り付かなくなります。

また「赤色」を避ける傾向があるため、玉レタスより 赤い葉のサニーレタスを植えるとより害虫忌避の効果がアップします。

被害が多い場合はレタスを増やすのがコツです

salad-2376777_1280

モンシロチョウやコナガの被害が多い畑は、サニーレタスやサンチュの株数を増やして植えますとより効果が高まります。

キャベツのコンパニオンプランツ一覧

broccoli,lettuce

キャベツとサニーレタスを一緒に植えて害虫を寄せ付けなくする方法は、ほかの野菜でも応用することが出来ます。

キャベツのコンパニオンプランツ一覧表

cabbage,soramame2

アブラナ科のキャベツと、キク科の野菜を一緒に栽培すると害虫忌避の効果がありますが、そのほかの野菜もコンパニオンプランツになります。

キャベツのコンパニオンプランツ

キャベツ 野菜
キク科 レタス類・春菊・パクチーなど
マメ科 ソラマメ・エンドウ・シロツメクサ(クローバー)
セリ科 ニンジン
ナデシコ科 ハコベ
シソ科 サルビア(サルビア・スプレンデンス)

出典 木嶋利男著「育ちがよくなる! 病害虫に強くなる! 植え合わせワザ88 決定版 コンパニオンプランツの野菜づくり (一部筆者加筆)

サルビアの赤い花が効果的!

sage

お花のサルビア・スプレンデンスも害虫忌避に効果的です。

サルビアの赤い花をモンシロチョウやコナガが嫌い、寄り付かなくなります。

またサルビアは夏の暑さに強い花で、害虫がたくさん発生する時期によく育ってくれますので、重宝します。

 

まとめ

cabbage

アオムシに食べられたキャベツです

私は畑で野菜を作り始めてまだ2年目の初心者ですが、アドバイザーさんが勤務している貸農園「シェア畑」で学びながら野菜の栽培をしています。

シェア畑で、異なる野菜を一緒に育てて害虫や病気から守る「コンパニオンプランツ」を教わり、その存在に大変興味をもっています。

今年は、キャベツのコンパニオンプランツの存在を知らずに、キャベツのみで栽培してしまったため、アオムシなどの被害がひどく、畑に行くたびに害虫退治に追われていました。

次回キャベツを栽培するときは、サニーレタスなどのキク科野菜を一緒に植えて、その効果を確かめたいと考えております。

[参考文献]

[関連記事]

お役立ち!「コンパニオンプランツ一覧表」効果・組み合わせ方法をご紹介します

レタスだけじゃない!キャベツのコンパニオンプランツ3つをご紹介します

キャベツの残渣処理の方法|収穫した後は土に鋤き込んで病害虫を予防しましょう

コメント