スポンサーリンク

トマトの後作は種まき葉物野菜がおすすめ!害虫忌避と生育促進効果があるリレー栽培

lettuce,radish,tomato

収穫が終わったトマトの後作におすすめの野菜は、「種まきする葉物野菜」がおすすめです。

今回ご紹介します栽培は、農学博士の木嶋利男先生がご紹介されている方法で、前作のトマトの特性を活かしています。

後作野菜の害虫忌避、生育促進の効果が期待できますのでご参考になさってください。

スポンサーリンク

トマトの後作におすすめの「種まき葉物野菜」

bok choy5

トマトの後作に適している野菜は、種まきをして育てる アブラナ科・キク科・ヒユ科です。

分類 トマトの後作に適した野菜例
アブラナ科  チンゲンサイ
 コマツナ
 ミズナ
 カブ、ラディッシュ
 ルッコラ
 ダイコン
 カリフラワー
 ブロッコリー
キク科  シュンギク
 パクチー(コリアンダー)
 レタス
ヒユ科  ホウレンソウ

トマトの特性が活かされる害虫忌避効果

チンゲンサイは、ネキリムシ(カブラヤガの幼虫)の被害にあいやすい野菜です。

ネキリムシは昼間 土の中に潜っていますが、夜に地面の上を食害し、野菜を丸ごとダメにしてしまうやっかいな害虫です。

農学博士の木嶋利男先生によりますと、カブラヤガ(ネキリムシの親)は、野菜や雑草の地際に産卵しますが、どういうわけかトマトにはあまり卵を産み付けることはないとおっしゃっています。

またトマトは、ほかの植物を排除する「アレロパシー(多感作用)」が強い性質があり、株元の周辺にほかの雑草が生えにくいため、カブラヤガは産卵することが出来ません。

その結果、トマトを栽培したあとのウネは、ネキリムシの被害が少なくなります。

トマトの後作野菜の栽培ポイント

bok choy3

今回は、特にネキリムシの被害にあいやすいチンゲンサイの栽培ポイントについてご紹介いたします。

品種選び

チンゲンサイ
品種は何でも構いません。

トマト
後作野菜のために、秋まで育てないことが多い大玉トマトが適しています。

リレー栽培の土づくり(例:ウネ幅70cm 高さ10cm)

地域によって前後しますが、8月上旬~中旬頃にトマトの株の整理をします。

トマトの大きな根っこを取り除いて耕し、ウネを立てます。

前作のトマトの育ちがあまり良くなかった場合は、完熟たい肥とぼかし肥(または牛ふんと鶏ふん)を施しても構いません。

チンゲンサイの種まき

bok choy4

土づくりから3週間以上たった9月上旬~下旬に種をまきます。(地域によって前後します)

1か所に3~4粒の点まきか、条まきして間引きをします。

チンゲンサイの栽培を早く始めてしまいますと、モンシロチョウやコナガの幼虫の被害にあいやすいので気を付けましょう。

間引きと追肥

点まきの場合
チンゲンサイの本葉が1~2枚になったら間引いて1本立ちにします。

条まきの場合
・本葉1~2枚で株間を5~6cm
・本葉3~4枚で株間10~12cm この時に油かすかぼかし肥を追肥します。

収穫

チンゲンサイの株元が膨らんで厚みが出てきましたら収穫します。種まきしてから55~65日が目安です。

他の葉物野菜と一緒に栽培してもGOOD!

lettuce,radish,shungiku

スペースが余るようでしたらウネを小分けして、コマツナ、ミズナ、カブ、シュンギク、ホウレンソウなどの種をまいても構いません。

アブラナ科(コマツナ、ミズナ、カブ)とキク科(シュンギク)、ヒユ科(ホウレソウ)の混植も、お互いがコンパニオンプランツになりますので、害虫を寄せ付けない効果が期待できます。

まとめ

bok choy

トマトの後作に適した野菜をご紹介いたしました。

トマトはアレロパシー(多感作用)が強い野菜で、株元や周りに雑草が生えにくい特性があります。

作物が生えにくいことにより、ネキリムシなどの害虫は卵を産み付けることが出来なくなりますので、後作の葉物野菜の生育が促進されます。

この方法は、農学博士の木嶋利男先生がご紹介されているトマトと・害虫の特性を活かしたリレー栽培ですので、ご参考にしていただければ幸いです。

[関連記事]

トマトの脇芽を挿し芽にする方法|1本の苗から次々つくれる脇芽植え

[参考文献]

コメント